余暇・トラベル

JR西日本ファーストキャビン、夜行列車の個室をイメージしたキャビンスタイルホテル「ファーストキャビンステーション」を大阪阿倍野と和歌山に開業

2017.05.11 10:14 更新

 JR西日本ファーストキャビンは、キャビンスタイルホテルの新ブランドとして、夜行列車の個室をイメージした「ファーストキャビンステーション」を展開し、2017年秋、大阪阿倍野と和歌山に開業する。「ファーストキャビンステーション」は新スタイルの宿泊施設ながら親しみやすい空間づくりでビジネスやレジャー、男女問わず幅広い消費者に利用してもらえる施設をめざす考え。

 「ファーストキャビンステーション」とは、ファーストキャビンのコンセプト、「コンパクト&ラグジュアリー」はそのままに、夜行列車の個室をイメージしたキャビンスタイルホテルとなっている。滞在空間として利用してもらう“キャビン”は、コンパクトながらも十分にくつろげる機能を完備したスタイリッシュな空間となっている。

 キャビンデザインは、寝台列車の個室をイメージし、キャビンを新ブランド仕様にリデザインした。コンパクトな空間ながら上質で心地よい滞在空間を追求したキャビンは、旅のワクワク感を感じる温かみのある空間となり、新たな宿泊体験を提供する。

 ラウンジスペース、大浴場、全館無料Wi-Fiも完備。女性目線で厳選されたアメニティも人気となっている。キャビン内に施錠可能なセーフティボックスを完備した。キャリーケース置場やフロントでも無料で荷物を預かるという。館内はセキュリティーゲートを設け男性専用・女性専用エリアに分かれているので異性の目を気にすることなくリラックスして過ごすことができる。

 オフィスビルや商業ビルなどあらゆるビルの空き床にキャビンユニットを並べるだけでファーストキャビンへのリノベーションが可能とのこと。ローコスト、短工期でホテル事業を開始することができるため、最小限の投資で土地・不動産の所有価値最大化に貢献する新しいビジネスモデルとなる。

[詳細概要]
ブランド名:ファーストキャビンステーション
コンセプト:夜行列車の個室をイメージしたキャビンスタイルホテル
今後の開業予定:
 ファーストキャビンステーションあべの荘
  所在地:大阪府大阪市阿倍野区
  キャビン数:約120キャビン(予定)
  最寄駅:天王寺駅
  開業予定:2017年秋
 ファーストキャビンステーション和歌山駅
  所在地:和歌山市
  キャビン数:約70キャビン(予定)
  最寄駅:和歌山駅
  開業予定:2017年秋

JR西日本=http://www.westjr.co.jp


このページの先頭へ