余暇・トラベル

JR西日本と近畿日本ツーリスト、エヴァンゲリオンプロジェクトで 「500 TYPE EVA」のツアー専用臨時列車運行

2017.02.17 13:55 更新

 JR西日本は、2015年11月7日の運行開始から実施している「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」の一環として、「500 TYPE EVA」車両を使用した、ツアー専用臨時列車を初めて運行する。また、同車両は通常は新大阪駅~博多駅間の運行だが、今回は特別に新大阪駅から博多総合車両所まで初の直通運行を実施する(往路のみ。復路は博多駅~新大阪駅間の運行)。また、通常は乗降ができない博多総合車両所で降車し、見学コースに参加できる。なお、ツアーに関しては、近畿日本ツーリスト個人旅行(以下、近畿日本ツーリスト)が企画・実施する。

 近畿日本ツーリストでは1号車の「500 TYPE EVA 展示・体験ルーム」にある「実物大コックピット搭乗体験」やオリジナルグッズなどが含まれる70名限定のプレミアムプランをはじめ、エヴァンゲリオンファンや鉄道ファンの人々はもちろん、ひとりや家族みんなで楽しめる多彩なプランを順次発売するという。

[運行概要]
運転日・運転区間・運転時刻
 下り:4月1日(土) 新大阪 8:11発 博多 11:40着 博多総合車両所 11:58着
 上り:4月2日(日) 博多 13:47発 新大阪 16:24着
※上記時刻は2月16日現在の予定時刻で、変更となる場合もある
使用車両:500系8両編成「500 TYPE EVA」(定員489名)
途中停車駅:新神戸・姫路・岡山・広島・小倉・博多

JR西日本=http://www.westjr.co.jp/
近畿日本ツーリスト=http://www.knt.co.jp/


このページの先頭へ