余暇・トラベル

北海道なかそらち地域は南仏プロヴァンスにそっくり!? なかそらちの移住促進PRムービー「ここは、フランスではありません。」をWEB上で公開

2017.02.20 17:25 更新

 北海道中空知(なかそらち)地域の5市5町(滝川市・砂川市・芦別市・赤平市・歌志内市・奈井江町・上砂川町・浦臼町・新十津川町・雨竜町)は連携して、移住定住促進プロジェクト「なかそらち会議」を発足。同プロジェクトの一環として、移住促進PRムービー「ここは、フランスではありません。」(Youtube動画ページ:https://www.youtube.com/watch?v=ZwfwqrX89EA&vl=ja)をWEB上に公開した。

 なかそらち地域は、かつて炭鉱で栄えたエリアで、北海道有数の農業地帯として知られている。雄大な自然、おいしい食べもの、独自の産業がある暮らしに魅せられる人は少なくないとのこと。新たに発足した移住定住促進プロジェクト「なかそらち会議」では、“住めばなかなかなかそらち”をコンセプトに、住めばきっとわかる、なかそらちの魅力を積極的に発信し、地域に移住者を呼び込んでいくという。

 そして今回、同プロジェクトの一環として、移住促進PRムービー「ここは、フランスではありません。」をWEB上で公開した。このムービーでは、札幌市と旭川市の中間地点に位置するなかそらちと、南仏プロヴァンス地方が実は同緯度であるなど、たくさんの共通点があることに着目。なかそらちの暮らしや風景を南仏プロヴァンス地方と比較しながら、なかそらちの魅力を発信することで、なかそらちの移住に興味を持ってもらうきっかけとなることを目指す。

 なかそらちが位置するのは北緯43度。南仏プロヴァンス地方とほぼ同じ(滝川市は北緯43度33分28.2、プロヴァンス地方は北緯43度31分41)なのだとか。それが関係しているからか、なかそらちと南仏プロヴァンスには雄大な自然、おいしい食べもの、のんびりとした暮らし、職人の技が生きる産業など、多くの共通点があるという。そこで、今回のムービーは、なかそらちエリアの各地を舞台に、撮影を実施。なかそらちの暮らしや風景を、南仏プロヴァンスと比較しながら見せることで、なかそらちの魅力を大きく拡散させるムービーに仕上げた。さらに、ムービーの撮影は、南仏プロヴァンスでも実施。現地の人々にインタビューを行い、実際になかそらちの風景を見てもらったという。ふたつの地域を結ぶ共通点に驚く現地の人々の反応を切り取り、改めてなかそらちの魅力を再発見する映像は必見とのこと。

 なお、「なかそらち会議」では、プロモーション展開として、移住検討者を首都圏などから迎えての「バスツアー」や「婚活イベント」を開催。さらに、2月18日~19日には、地元学生を対象にしたUJターンプログラムも実施している。同プログラムでは、なかそらちエリアの高校生、短大生と札幌に住む大学生メンバーで、「なかそらちの魅力を発見し、圏域外の人たちにその魅力を伝える」をテーマに地域新聞を制作。地域新聞の取材や編集を通じてなかそらちの魅力を再認識するとともに、地域の様々な世代の人との絆づくりを図った。この他にも、移住希望者の最大の関心事である「どんな 暮らしが待っているか」「どんな仕事があるか」に答える、なかそらち圏域内の企業で働き生活する「ヒト」にフォーカスした冊子を制作し配布しているという。

なかそらち会議WEBページ=http://kaigi.nakasorachi.com/
「ここは、フランスではありません。」キャンペーンサイト=http://kaigi.nakasorachi.com/movie/
「ここは、フランスではありません。」Youtube動画ページ=https://www.youtube.com/watch?v=ZwfwqrX89EA&vl=ja



このページの先頭へ