余暇・トラベル

羽田空港国際線旅客ターミナルで「新春はねだ江戸まつり2017」を開催、時代背景を江戸時代初期に変更し「EDO大名行列」など新たなショーやパフォーマンスを展開

2017.01.01 19:02 更新

 東京国際空港ターミナルは、1月1日~3日の3日間、羽田空港国際線旅客ターミナル(以下、羽田空港)で「新春はねだ江戸まつり2017」を開催する。「新春はねだ江戸まつり2017」は、江戸時代をテーマにしたイベントで、羽田空港内の「江戸小路」および「TOKYO POP TOWN」を中心に開催。2014年の夏から計7回実施してきた「はねだ江戸まつり」は、今回で8回目を迎えコンセプトを一新し、ロゴやテーマ曲も新たに、徳川家康が天下を治めた江戸時代初期の時代設定で、エンターテイメントショーやパフォーマンスなどを実施する。

   


 「はねだ江戸まつり」の目玉企画であった「花魁道中練り歩き」に変わる新たなパフォーマンスを「新春はねだ江戸まつり2017」では展開。戦国武将と大名行列を掛け合わせ、現代風にアレンジした「EDO大名行列」は、日本ならではのエンターテイメントショーとして、羽田空港を訪れる訪日外国人にもアピールしていく考えだ。

 また、江戸を舞台にしたお芝居や獅子舞、江戸太神楽といった江戸芸のパフォーマンスも行う他、定番コンテンツの「もちつき体験」など、これまで好評だったイベントも引き続き実施する。さらに、子ども連れの来場者に毎回好評を得ている「寺子屋わーくしょっぷ」では、武将が戦の際に使っていた采配と兜を作って武将になりきる「武将なりきり制作体験」や、正月気分を高めることのできる「だるま絵付け体験」、「書初め体験」といった全4種類の体験型コンテンツを用意している。

 


 江戸舞台では、「新春はねだ江戸まつり2017」の開催期間中に様々なステージイベントを実施する。毎日行われるのが、お芝居とEDO大名行列、そしてスーパーステージとなる。このほか、元日には、書画家の夏生さんによる水墨画パフォーマンスが行われ、来場者たちを魅了した。

 1月2日には、匹田大智さんによる三味線ライブを、1月3日にはず~まだんけによるけん玉パフォーマンスが行われる予定だ。そして、昨年も好評だった「もちつき大会」を今年も実施する。4階の江戸舞台前で行われるもちつきは、今までなかなか体験することができない杵と臼を使い、イベント開催期間中各日2回ずつ開催する予定となっている。

 


 5階E・DOホールでは、武将なりきり制作体験とだるま絵付け体験の「寺子屋わーくしょっぷ」を開催する。武将なりきり制作体験では、武将が戦の際に指示出しで使っていた采配と兜を作って戦国武将になりきることができる。はさみや両面テープを使って、子どもでも約20分程度で簡単に作ることができるという。だるま絵付け体験では、倒しても何度でも起き上がる様子から、「七転び八起き」の縁起物である「だるま」に絵付けをすることができるとのこと。オリジナルのだるまを家に飾って、新年を盛り上げてほしい考え。なお、所要時間は15分程度で完成するという。

 


 4階TIAT SKY HALL前では、書初め体験とフェイスペイント体験を実施。書初め体験では、その年の心構えや抱負を書き記す「書初め」の体験ができるとのこと。制作した作品を巻物風にして渡すという。フェイスペイント体験では、シューっとひと吹きで、チャーミングな「はねだ江戸フェイス」に変身することができるとのこと。手など、顔以外の個所へのペイントも可能となっている。昨年の「寺子屋わーくしょっぷ」では、1000名を超える人々が体験。簡単にできるので、小さな子どもを持つ両親に好評なのだと話していた。

 


 この他、日本橋たもと付近に、なりきり写真コーナーも設置する。衣装を羽織ってセットに座り「おぬしも悪じゃのう~」と悪代官になりきって撮影ができるセットなど、様々な小道具を使って写真撮影を楽しめるようになっているという。顔はめパネルやフォトプロップスなども使って、なりきり写真を撮影してみよう。会場内で撮影した写真をSNSから投稿し、写真が選ばれると素敵な商品がもらえるフォトコンテストも開催している。

 


 そして、会場では神出鬼没なイベントも展開。江戸芸パフォーマンスは、獅子舞や江戸太神楽、ちんどん屋などといった、昔ながらの大道芸が江戸小路のところどころで登場する。行き交う人々を盛り上げてくれるので、チェックしてみよう。また、日替わりで張り出される「尋ね人」を会場内から見つけ出す人気イベントを今回も開催する。見事に尋ね人を捕まえた人には、のぼり旗のデザインを施したストラップをプレゼントする(ストラップの色は選べない)。

  


 5階お祭り広場では、江戸縁日を開催。「射的」や「千本つり」など昔ながらの縁日が楽しめる。駄菓子や手裏剣・刀などの江戸風おもちゃが景品で手に入るとのこと。

   


 今回は、お正月らしい「羽子板ぽんぽん」や「えびすの鯛つり」も登場する。なお、縁日に参加するには、館内で500円利用ごとにプレゼントされる縁日参加券が必要となる。

 


 そしてイベント会場では、色々な食材のスタンプを集めて、美味しいおせちを完成させるおせちすたんぷらりーも行う。それぞれのおせち料理に込められた、おめでたい意味やいわれも合わせて紹介する。スタンプを全て集めた人には手ぬぐいを、日替わりスタンプを全てコンプリートした人には福袋をプレゼントする。また、館内飲食6店舗が参加するはねだグルメ無料振る舞いでは、おしるこなどお正月に相応しいメニューを数量限定で無料配布するという。【PR】

[新春はねだ江戸まつり2017 実施概要]
開催日程:1月1日(日)~1月3日(火)
開催日時:11:00~19:00
開催会場:羽田空港国際線旅客ターミナル
入場料:無料


新春はねだ江戸まつり2017=http://www.hanedaedomatsuri.jp/


このページの先頭へ