余暇・トラベル

JTB西日本、"自然の癒し"をテーマに「森林の中にある 森の宿」(関西発)を発売

2015.06.30 20:09 更新

 JTB国内旅行企画 西日本事業部は、“自然の癒し”をテーマに「森林の中にある 森の宿」(関西発)を、7月3日14:00から発売する。

 同商品は、日常の喧騒から離れ、心和む森の景色や澄んだ空気をゆったりと楽しめる、森の宿14施設をラインナップした。「歩くことに自信がなくても大丈夫。森の中に泊まれば良いのです。」を商品コンセプトとし、「宿から一歩出るとそこは、森の中」という新しい感覚を体験することができる。朝は小鳥のさえずりで目覚め、日中は森林の中でマイナスイオンをたっぷり浴び、夜は満天の星空を楽しめるとのこと、「森の宿」でゆったり過ごす旅を提案する。

 メインターゲットは、のんびり自然に親しみたいシニア世代や、心身リラックスできる「癒し」を求める女性とのこと。

 同商品のポイントは、「森の中に泊まる」ことで“自然が大好きだけれど、本格的な山歩きや長時間のウォーキングはできそうもない”という人々へも癒しを届けるべく、自然の森に抱かれた立地の宿を設定している。宿に居ながらにして、木々の絶景が鑑賞できるとのこと(一部除く)。施設の敷地内や近隣で、のんびり歩ける散歩路を楽しむことができる(一部除く)。例えば、敷地3万坪を誇る「シェラリゾート白馬」は、敷地内に広がる美しい広葉樹の森や湿原、小川などが遊歩道で結ばれている。

[商品概要]
設定期間:7月6日~10月31日
販売目標人数:400名

JTB西日本=http://www.jtb.co.jp/


このページの先頭へ