余暇・トラベル

バトルスピリッツ新シリーズが始動、宇宙を舞台にカードバトルを展開、新カード「アルティメット」も発表

2013.08.19 19:05 更新

 バンダイは、小学校中~高学年男児と親を中心に“バトスピ”の愛称で人気を博しているトレーディングカード「Battle Spirits(バトルスピリッツ)」の最大のイベント「バトスピMAX2013」を8月18日に幕張メッセで開催した。そのスペシャルステージとして、バトルスピリッツ新シリーズ「最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~」の発表会を行った。発表会では、渡辺正樹監督の他、主人公「レイ」の声優 中村悠一さんや、「キリガ」役の諏訪部順一さん、「ライラ」役の伊瀬茉莉也さんが登場し、作品の魅力について紹介した他、メインテーマを歌うバックドラフトスミスのボーカル 荒川優さんによるスペシャルライブも披露された。また、お笑い芸人のバッファロー吾郎、バッドボーイズ、あべこうじさん、綾部祐二さん(ピース)が応援団として会場を盛り上げた。

 「バトルスピリッツ」とは、2008年に発売が開始されたトレーディングカードゲーム。小学校中~高学年男児と親を中心に“バトスピ”の愛称で人気を博し、今年3月末時点で、販売累計10億枚を突破した。また、「バトルスピリッツ」は、テレビアニメとの連動型となっており、今回の「最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~」で6作目を迎える人気シリーズとなっている。そして、「バトスピMAX」は、その「バトルスピリッツ」の最大のフェスティバルであり、ユーザー同士のバトルだけでなく、ファン必見のキャスト・監督出演のステージ、テーマソングのアーティストLIVEなどが行われ、昨年2012年には、1万1000人以上のファンが来場した一大イベントとなっている。

 今年のスペシャルステージの会場では、新作アニメ「最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~」の全貌と、主要キャラクターの声優などが発表された。発表に先駆けて、名古屋テレビ(以下、メ~テレ)の片桐千秋チーフプロデューサーが挨拶した。「メ~テレでは、40年間アニメを放送してきた。そしてこれからも良質なアニメを放送していく」と、アニメ放送に力を入れてきたと力説。「当社制作のアニメとして39作品目となる、今回の『最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~』は、お宝を求めて宇宙を旅する楽しい作品となっている」と、自信作になると胸を張る。「日曜日の朝は早起きして、番組を楽しんで欲しい」と、9月22日の午前7時から放送を開始する新アニメに期待を寄せていた。

 続いて、「最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~」の渡辺正樹監督が登場。「作品のテーマは、“明るく楽しく格好良く”。宇宙のどこかにある究極のバトルスピリッツを探しながら、悪い奴らをバッタバッタと倒していく作品となっている」と、宇宙という壮大な世界で物語が繰り広げられていくとのこと。「今回の作品では、主人公のレイが変身する。赤いデッキを使うとレイが“灼熱のゼロ”に変身する。変身すると性格もイケイケに変わってしまう。白いデッキを使うと“白銀のゼロ”に変身し、鉄壁硬派な性格に変わってしまう」と、個性的な主人公が登場するという。「主人公のレイは、ムゲンというチビドラゴンを相棒に旅を繰り広げるのだが、カードバトルになると、ムゲンがカードになって、レイと一緒に戦ってくれる」と、これまでにない設定になっていると渡辺監督は話していた。

 そして、主人公「レイ」役を務める声優の中村悠一さん、主人公のライバル「キリガ」役の諏訪部順一さん、ヒロイン「ライラ」役の伊瀬茉莉也さんが登場。各キャラクターの特徴や役に対する想いを語ってくれた。中村さんは、「昔ゲストでバトスピに参加させてもらった。その時に、いつかは本編にも参加したいと思っていた。今回のレイは幼いので、オーディションで採用されるか不安だったが、見事に主人公役に抜擢されてうれしく思っている」と、新シリーズにかける想いを語ってくれた。諏訪部さんは、「今回でバトスピは5作品目の参加となる。新シリーズでは主人公のライバル役ということで、前作とは異なるが、レイの好敵手となるよう頑張りたい」と意気込んだ。伊瀬さんは、「ライラを演じることができ光栄に思っている。可愛らしい女の子だが、弟にリクトがいるので、お姉ちゃんらしいしっかりしたキャラクターとなっている」と、可愛らしい中にもしっかりしたライラを演じていきたいと抱負を話していた。

 


 スペシャルステージでは、どこよりも早く「最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~」のプロモーションビデオ(以下、PV)を放映。また、主要キャラクターの声優も発表された。PVを見た中村さんは、「アフレコの際は、アニメに色がないので、白黒の絵を見ながら行っている。今回、色が付いた状態を初めて見たのだが、こんなにポップでびっくりした」と、煌びやかなデザインに胸を躍らせている様子だった。諏訪部さんは、「アフレコはとても良い雰囲気の中で行っている。『銀河三羽がらす』の声優陣がギャグメーカーとして場を盛り上げてくれている」と、和気あいあいとした雰囲気でアフレコに臨めているとのこと。伊瀬さんも、「笑いが絶えない現場。ただし、バトルシーンは、熱がこもったものに仕上がっている」と、シーンによって雰囲気ががらりと変わる点にも注目して欲しいと話していた。

 ここで、アニメの放送と同時に発売される新カード「アルティメット」を発表。諏訪部さんは、「デザインが格好良く、このカードが加わることで、バトル展開も新しくなって面白くなると思う」と、新カードが導入されることによって、「バトルスピリッツ」の魅力がさらに広がっていくと強調していた。なお、放送開始に合わせて、様々な商品が発売される予定となっている。

 次に、「最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~」のオープニングテーマソング「アイリッシュ」を歌うバックドラフトスミスのボーカル 荒川優さんが登場。スペシャルライブを披露した。荒川さんは、「普段聴いてもらえない人にも、アニメを通じて曲を聴いてもらえるのでうれしい」と、多くの人にバックドラフトスミスというバンドを知ってもらえればと話していた。

 最後に、中村さんは、「新しいキャラクター、新しいストーリー、そして新しいカードでスタートする新シリーズは、初めから主人公が強いので、その点に注目してもらうと同時に、今後訪れる壁に主人公がどのように立ち向かうのかという点についても見逃さないで欲しい」と、主人公の魅力を存分に引き出したいと話していた。諏訪部さんは、「ライバルも主人公と両輪になれるように、作品を盛り上げていきたい。そして、視聴者とバトスピでつながっていきたい」と、視聴者と共に作品を成長させていきたいと述べていた。伊瀬さんは、「宇宙一、銀河一のアニメ作品を届けたい」と、作品のスケール感に注目して欲しいと語っていた。渡辺監督は、「今回で6作目になるバトスピだが、新1作目という気持ちで、バトスピを知らない人にも魅力をわかってもらえる作品づくりを心がけている。ぜひ放送を楽しみにしていて欲しい」と、バトルスピリッツのことを知らない人でも楽しめる作品であると話していた。

 


 この後、バトルスピリッツのスペシャルサポーターを発表するべく、スペシャルステージを盛り上げていたお笑い芸人のバッファロー吾郎、バッドボーイズ、あべこうじさん、綾部祐二さん(ピース)が登場した。綾部さんは、「バトスピは子どもから大人まで家族みんなで楽しめる」と、どんな人でも夢中になってしまうカードゲームであると紹介。あべさんは、「初心者にもわかりやすい内容になっている」と、今からでも十分始めることができるゲームとのこと。バッドボーイズは、「甥や姪も大好きなので、一緒に楽しみたい」と、子どもとのコミュニケーションにも役立つゲームであると話していた。バッファロー吾郎は、「カラフルなカードが遊び心をくすぐる」と、カードのデザインも魅力的であると語っていた。バトルスピリッツに対して熱い思いを語ってくれたが、スペシャルサポーターにはお笑い芸人のCOWCOWが選ばれ、バッファロー吾郎、バッドボーイズ、あべこうじさん、綾部祐二さんは応援に徹することを誓っていた。

 なお、バトルスピリッツのバラエティ番組「アタックしますけど何か?」が10月中旬から放送されることも発表。この番組に出演する台湾のアイドルグループ“ウェザーガールズ”がステージに登場した。メンバーは流暢な日本語で、「バトスピの魅力を伝えるために、カードを勉強して、最強の女子プレイヤーを目指す」と意気込んだ。

[最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~作品概要]
番組名:最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ ~バトルスピリッツ~
放送日:9月22日(日)スタート
テレビ朝日系列全国ネット 毎週日曜日 あさ7:00~7:30
企画:サンライズ
アニメーション制作:サンライズ
制作:メ~テレ サンライズ ADK

バンダイ=http://www.bandai.co.jp/
名古屋テレビ(メ~テレ)=http://www.nagoyatv.com/


このページの先頭へ