その他ニュース

バンダイ、携帯型育成玩具「たまごっち」の「鬼滅の刃」バージョン「きめつたまごっち」を発売

2020.05.07 11:59 更新

 バンダイは、携帯型育成玩具「たまごっち」シリーズから、TVアニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に登場する「鬼殺隊(きさつたい)」の隊士の育成が楽しめる「きめつたまごっち」(全3柄<うち1種Amazon限定商品(「きさつたいっちカラー」はAmazon限定商品)>)を10月上旬に発売する。主なターゲットは10~30代の男女で、主な販売ルートは全国の玩具店、百貨店・家電・量販店の玩具売場、インターネット通販などとなっている。なおバンダイ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」および一部のインターネット通販サイトでは5月1日から予約受付を開始した。

 TVアニメ「鬼滅の刃」は、原作漫画のシリーズ累計発行部数が4000万部を突破するなど、社会的なブームを巻き起こしている。今回は、来年で誕生25周年を迎える携帯型育成玩具「たまごっち」をさらに多くの人に楽しんでもらうため、たまごっちに「鬼滅の刃」の世界観を落とし込み、さまざまな「隊士」の育成が楽しめる「きめつたまごっち」を開発した。バンダイでは同商品をはじめ、玩具、カード、カプセルトイ、菓子・食品、アパレル、生活雑貨など、幅広い事業分野で「鬼滅の刃」の世界観を表現した商品を精力的に展開し、作品を愛するすべての人々へ楽しい時を届ける考え。

 同商品は初代たまごっちよりもひとまわり小さい直径約4cmのたまごっちで、本体のデザインはそれぞれ作品の主人公である兄妹・炭治郎(たんじろう)と禰豆子(ねずこ)、鬼を退治する政府非公認組織「鬼殺隊」の隊士の衣服をイメージしている。

 TVアニメ「鬼滅の刃」のキャラクターや設定を踏襲しており、鬼殺隊の最終選抜に合格した隊士を育成し、炭治郎・善逸(ぜんいつ)・伊之助(いのすけ)といった人気キャラクターはもちろん、鬼殺隊最上位の9名の「柱(はしら)」にも成長させることができる。

 隊士が空腹のときにはおにぎりを与え、岩斬りや薬湯かけなど、世界観を表現した3種の訓練(ミニゲーム)をすることによって、どの“呼吸の使い手”に成長するかが決まる。

[小売価格]各2530円(税込)
[発売日]10月上旬

バンダイ=https://www.bandai.co.jp/


このページの先頭へ