その他ニュース

ワークマン、客層に合わせて看板と内装が「WORKMAN」から「WORKMAN Plus」に変わる「W's Concept Store さいたま佐知川店」をオープン、女性向けSサイズを79品目に増やすなど女性専用製品も充実

2020.03.19 18:37 更新

 作業服・作業用品とアウトドアウエアのフランチャイズ小売店を全国に856店舗展開するワークマンは、3月19日から「W's Concept Store さいたま佐知川店」を近隣エリア対象にプレオープンし、3月26日からグランドオープンする。同店は、開店から朝の10時までと夕方4時半以降を「WORKMAN」の看板と内装で営業し、朝10時から夕方4時半までを「WORKMAN Plus」の看板と内装で営業する。客層に合わせて変化する「W's Concept Store」として、幅広い消費者にアピールしていく考え。

 「当社は、職人をターゲットにした作業服や作業用品を販売する『WARKMAN』を展開。『WARKMAN』で培ってきた作業服の開発ノウハウなどをアウトドアウエアに転用した商品の充実を図った店舗『WARKMAN Plus』をららぽーと立川で展開した結果、多くの反響を得ることができた」と、ワークマンの土屋哲雄専務が挨拶。「『WARKMAN』と『WARKMAN Plus』の2つの店舗ブランドを展開しているのだが、取り扱っている商品は同じとなっている。しかし、『WARKMAN』では作業服や作業用品を、『WARKMAN Plus』ではアウトドアウエアを、前面に押し出した展示を行っている」と、「WARKMAN」でアウトドアウエアを購入することも可能で、逆に「WARKMAN Plus」で作業服を購入できるのだという。「だが、職人の消費者には、『WARKMAN Plus』になってしまったことで、いつもの作業服や作業用品が購入できなくなったといった不満の声が聞かれるようになった」と、店舗によって商品の見せ方を変えただけなのだが、それが消費者に伝わっていなかったと反省する。

 「そこで、職人でも一般の消費者でも、求める商品が見つけやすいように、開店から朝の10時までと夕方4時半以降を『WORKMAN』の看板と内装で営業し、朝10時から夕方4時半までを『WORKMAN Plus』の看板と内装で営業する『W's Concept Store』をオープンすることにした」と、職人が多く来店する時間帯を「WARKMAN」、一般の消費者が訪れる時間帯を「WARKMAN Plus」として営業することで、消費者が抱いていた不満を解消したいと説明する。

 「『WARKMAN』の営業時間では、照明を蛍光灯とし、デジタルサイネージも作業服などを紹介するコンテンツを表示する。逆に『WARKMAN Plus』では、オレンジを加えた照明にして、店内のBGMおよびデジタルサイネージもアウトドアを連想させるものにする」と、1つの店舗でありながら2つの顔を持つ店舗が「W's Concept Store」なのだと教えてくれた。

 「W's Concept Store」の特徴として、外観が変わるという。看板が「WARKMAN」から「WARKMAN Plus」へ。「WARKMAN Plus」から「WARKMAN」へと時間帯によって変身。この時、店内では変身ムービーで演出するとのこと。100坪の店内に設置された、8個の55インチモニター大型スクリーンに変身中の仕掛けがあるのだという。

  


 「WARKMAN」から「WARKMAN Plus」に変身する時は、プロの仕事着、作業服から普段着に着替えていく動画を流すとのこと。「WARKMAN Plus」から「WARKMAN」に変身する時は、アウトドアを楽しむ普段着からプロの仕事服、作業服に着替えていく動画を流すという。さらに、店内のキービジュアル86インチモニターにマネキンを設置。マネキンが着用する製品は同じであっても、ワーキングシーンやアウトドアシーンの両方で使用できることをアピールする仕掛けになっているという。

  


 また、時間帯で照明に変化をつけ、同じ店舗内で2つの違う顔を作り出すとのこと。各スタイルのターゲットを意識した照明で購買意欲が向上する仕掛けとなっている。照明に合わせて、香りも変化するとのこと。朝は仕事に向かう活力を、昼間はアクティビティの応援を、夕方は一日の疲れをいやすといった、消費者のメンタルに合わせて香りを変えることで、来店するだけで元気になるのだという。香りと同様に音楽も変化。来店するだけで元気になる空間を演出する。

  


 さらに「W's Concept Store」では、ハイストレッチワンピース、ラップショーツ、ロングシェルジャケットなど女性専用製品が充実しているとのこと。ショッピングモールの「WARKMAN Plus」店では、女性客が半数を超えたため、路面店でも女性専用売場を3スパン拡大する。

    


 同社の主力ユニセックスの春夏製品では、女性向けのSサイズを昨年の37品目から79品目に増やしたとのこと。また、環境対策製品としてパンツ・ジャケット・ベストをあわせて50万着を生産する「サスティナブルデニム」シリーズも販売する。

  


 この他にも、同社の看板商品である防水・撥水・冷感ウエアや超軽量シューズなどの新製品と継続製品の2020年新モデルを多数展開。昨年7月からは、有力ブロガー・ユーチューバー・インスタグラマーとのコラボによって製品を開発する「ワークマンアンバサダープロジェクト」が始動。コラボ新製品も続々登場するという。

[店舗概要]
店名:W's Concept Store さいたま佐知川店
所在地:埼玉県さいたま市西区大字佐知川1082-10
電話番号:048-625-2233
営業時間:7:00~20:00
駐車場:15台

ワークマン=https://www.workman.co.jp/


このページの先頭へ