その他ニュース

相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメント、小規模認可保育園や多世代交流活動拠点「みんなの絵本のおうち」など開設

2020.03.26 12:02 更新

 相鉄グループの相鉄アーバンクリエイツと相鉄ビルマネジメントは、相鉄いずみ野線 いずみ中央駅近くの高架下スペースを活用して、4月1日に小規模認可保育園を、同6月下旬(予定)に絵本を通じた多世代交流活動拠点「みんなの絵本のおうち」などを商業施設「相鉄ライフいずみ中央」のテナントとして順次開設する(その他1施設は、2021年春ごろ開設予定)。

 これは、昨年11月に相鉄線の都心直通運転が開始されたことから、子育て環境を整備することで、相鉄線沿線をさらに活性化することや待機児童解消の一助となることを目的に行うもの。

 駅近くの利便性の高い高架下スペースに、0~2歳児を保育する小規模認可保育園「鳩の森愛の詩とことこ保育園」やヨコハマ市民まち普請事業(市民が地域の課題解決や魅力向上のために主体的に行う取り組みに対して助成する事業)の助成が決まった「おはなしの風」が運営する「みんなの絵本のおうち」などを開設する。「みんなの絵本のおうち」は、絵本の読み聞かせやコンサートリーディング(絵本を音楽とダンスするように読むことで心に響き、不安やストレスの多い大人の心も癒すプログラム)、ワークショップなどを通し、親子からシニアまで広く地域住民が関わる機能をもつ多世代交流活動拠点となっている。

 また、相鉄ビルマネジメントでは、Trim(トリム)が開発したベビーケアルーム「mamaro(ママロ)」を「相鉄ライフいずみ中央」内に設置する。「mamaro」は、授乳やおむつ替えなどに利用できる完全個室のプライベート空間となっている。

 相鉄グループでは、都心直通運転を契機として、沿線内外の方の認知度・好感度を高めて「選ばれる沿線」を実現するとともに住みやすい街づくりを進めていく考え。

相鉄アーバンクリエイツ=https://www.sotetsu-urban.jp/
相鉄ビルマネジメント=https://s-bm.info/


このページの先頭へ