その他ニュース

リガード、家族とのリアルな生活体験ができる「モデルファミリー付きモデルハウス」を開発

2019.11.06 20:17 更新

​ 注文住宅を手がけるリガードは、モデルハウスの中で実際に家族とともに暮らす生活を疑似体験できる、世界初(同社調べ)のモデルファミリー付きモデルハウスを開発し、“家族の日”である11月17日に公開する。

 リガードは「より幸せな家族、よりよい人生を実現できる地域社会をつくる。」をビジョンとしてかかげ、東京都国分寺市を中心に年間50棟以上の施工実績を持つ注文住宅建築会社。消費者の人生を背負い、“建てる時だけではなく建てた後”も幸せな暮らしを叶えることを目指し、これまで「誰も教えてくれないマイホームの基本セミナー」「アトリエ建築家によるデザイン」「住宅の快適性能値の保証」などの取り組みを展開してきた。今回、2010年10月の設立から10年目を迎えるのを機に、これらの取り組みをさらに進化させ、“建てる前”の消費者に向けた全く新しいプログラムとして、モデルファミリー付きモデルハウスの開発に至ったとのこと。

 今年、前年比約6%と出生数が急速に低下(厚生労働省の人口動態統計(速報)によると1月~7月の出生数は前年同期比5.9%減の51万8590人)し、現在大きな社会課題となっている少子化・未婚化の問題。この一つの要因としてあげられるのが、「家族を持つことが幸福だと思えない」「家族の持つ未来が想像できない」と感じる若年層の増加といわれている。

 リガードでは、誰よりも「家族と暮らす幸せ」を追求する建築会社として、この課題に立ち向かうことを決意。“今家族をを持たない人に、家族と暮らす幸せを感じてもらう”リアルなバーチャルサービスとして、モデルファミリー付きモデルハウスを開発した。

 モデルファミリー付きモデルハウス体験会では、来場した消費者自身に3人家族の父親になってもらい、国分寺市内の実際のモデルハウス内で、妻と娘からなるモデルファミリーとともに、理想の暮らしを疑似体験してもらえる。家族とともにホームパーティーの準備をしたり、娘と工作しながらふれあったり、妻と将来のことについて話し合ったりといった、多くの人が幸せを感じる様々な瞬間を、家のデザインや機能にふれながら体験することができるという。

 公開日となる11月17日家族の日に向けては、特設WEBサイトを通じて事前に申し込んだ人を対象に、限定5名にサービスを体験してもらう。

 リガードでは、かつて誰もが持っていた「マイホーム」への憧れが薄れつつある現代の日本において、このプログラムを通じて「マイホーム」そして「マイファミリー」と過ごす幸福な未来の想像と創造に寄与できればと考えているという。

 今回のプログラム開発にあたっては、まだその未来が想像できない消費者に「マイホーム」と「マイファミリー」の良さをいかに自然に体験してもらうかという点にこだわり、様々な工夫を設けて開発を行ったとのこと。

 まず、リガードが国分寺市内に建設した実際のモデルハウスの開発に携わった建築家に改めてこだわりのポイントをヒアリング。実際に建築家の頭の中でイメージする、そこで暮らす家族像とそこで実感できるマイホームだからできることの良さを抽出した。

 さらに、実際に多くの家族に直接接するリガードの営業担当者の意見を集約。家の中で消費者の家族に説明して喜んでもらえるポイントや、そこで交わされる会話を元に、理想の暮らしのイメージを構築していったという。

 建築家や営業担当の声から抽出された理想の暮らしを元に、家の中で実現できそうな様々な幸福なシーンを設定。それらのシーンを実際のファミリーや独身男性に提示した上で“幸福を感じる”“やってみたい”という声が多かったものを選び抜き、シナリオを構築していったとのこと。

 これらの声とシナリオをベースに、理想の家族を体現できるモデルファミリーのオーディションを実施。どんなシチュエーションにも対応できるアドリブ力や、モデルハウスのイメージとのリンク、そして何より参加者の心を癒してくれる笑顔が決め手となり、妻と7歳の娘が決定したという。なお、妻役を務めるのは様々な映画・ドラマ・舞台などで活躍し、人気ドラマ「帰ってきた時効警察」や今秋放送された「時効警察・復活スペシャル」に出演し人気を博した女優の早織さん。活発で明るい性格の妻になりきってもらうとのこと。

 またモデルハウス内で、最も大切な家族としての温かい空気感を作り出すことにもこだわった。演出として人気演劇集団「ヨーロッパ企画」所属で、役者としてだけでなく、自身で舞台の脚本・演出も手がける諏訪雅さんを起用。どんなシチュエーションやハプニングにも対応する舞台ならではのアドリブ力を活かし、細部に至るまでこだわって稽古を重ねたという。

[実施概要]
実施日時:11月17日(日)10:00~17:00
実施場所:東京都国分寺市内リガードモデルハウス
申込方法:WEBサイトを通じて必要事項を記入の上申込
申込期間:11月5日(火)正午~11月12日(火)
募集人数:最大5名
申込サイト:https://tokyo-chumon.com/model-house
※申込多数の場合は、早期締切の場合がある。また、申し込んだ人の中から抽選等を行い参加者を決定する
※30代の父親役となるので、男性の参加を想定している
※複数名で来場の場合は1名が父親役となり、同行者は観覧のみとなる
※事後WEB等での当日の模様を掲載する可能性がある

リガード=https://tokyo-chumon.com/


このページの先頭へ