その他ニュース

ユニ・チャーム、季節限定紙パンツ「ムーニーマン 冷えあんしん」を発売

2019.09.18 17:26 更新

 ユニ・チャームは、ベビー用紙おむつ「ムーニーマン」から、おむつ内側に「ひんやりカットシート」を搭載した、赤ちゃんのからだを冷やさない「ムーニーマン 冷えあんしん」を、10月8日から季節限定で発売する。

 これから秋が深まるにつれて急に低下する気温によって、赤ちゃんが「からだを冷やしてしまう」ことで生じる体調不良への親の不安が発生する。特に、赤ちゃんがオシッコした後の「からだの冷え」については、半数以上の親が不安を抱いているとのこと。実際に、冬の室温は10度前後が多く、夜間にオシッコをして時間が経つと、オシッコを吸ったおむつは室温の影響を受け徐々に冷えていく。そのため、起床時のおむつ交換の際に、思った以上に冷えたおむつと赤ちゃんのおしりに触って、驚き、不安に感じている実態がわかった。実際に、オシッコした後の体表温度の経時変化を想定した実験(吸収内部温度を15℃まで冷やしたオムツの上に手のひらを静置し、経過時間ごとにサーモカメラで手のひらの温度を撮影)では、実験開始直後と90分経過した時では明らかに温度が低下していることがわかったという。

 そこで今回、赤ちゃんのオシッコ後でもからだを冷やさない、おむつ内側に冷感低減効果のある「ひんやりカットシート」を搭載した「ムーニーマン冷えあんしん」を、10月8日から季節限定で発売する。

 同品では、冷感低減効果のある特許技術の「ひんやりカットシート」を搭載した。冬場の寒い時期でも、蒸れずに、赤ちゃんの体温をキープする。「冷えあんしん」は「従来品」と比較して体表温度をキープするとのこと。季節を感じるかわいいデザインを用意した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]10月8日(火)

ユニ・チャーム=http://www.unicharm.co.jp


このページの先頭へ