その他ニュース

三陽商会、紳士靴ブランド「三陽山長」の名古屋エリア初の旗艦店が「ミッドランドスクエア」にオープン

2019.09.17 14:24 更新

 三陽商会は、紳士靴ブランド「三陽山長」を11月6日に名古屋の商業施設「ミッドランドスクエア」の3階に新規オープンする。

 「三陽山長」は、2001年に日本初高級紳士靴ブランドとしてデビューして以来、日本の職人が誇る「匠」の「技」と「粋」な想いをかたちにしたものづくりを一貫してきた。「三陽山長」の品質本位にこだわる「技」「匠」「粋」の世界観を表現する今回のショップには、シューバーやカウンターを設け、ゆったりと買い物を楽しめるリッチなコミュニケーションスペースを構成。フィッティングスペースには、座ったときに腰が下がるような座面角度の設計にもこだわった革張りのソファを置くことで、靴をフィッティングしやすい環境を整えている。ダークウッドやゴールドカラーをあしらうことで、老舗感を醸し出す大人が落ち着く品のある佇まいとなっている。

 「ミッドランドスクエア」の上質なライフスタイルを提案するという考えと、「三陽山長」の質の高いものづくり・サービス・空間を消費者に届けたいという思いが一致して名古屋エリア初の旗艦店としてショップをオープンすることになった。

[店舗概要]
店舗名称:三陽山長 ミッドランドスクエア店
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅 4-7-1 ミッドランドスクエア3階
面積:約32坪
オープン日:11月6日(水)
展開店舗:全国計6店舗(ミッドランドスクエア店を入れると7店舗)

三陽商会=https://www.sanyo-shokai.co.jp/


このページの先頭へ