その他ニュース

アクロニス・ジャパン、個人ユーザー向けバックアップソフトの最新版「Acronis True Image 2020」を発売、リモートワークや副業における個人PCの安全なデータ保護を実現

2019.08.22 18:09 更新

 サイバープロテクションの世界的リーダーであるアクロニス・ジャパンは、個人ユーザー向けバックアップソフトウェアの最新版「Acronis True Image 2020」を8月21日からAcronisオンラインストアで発売した。また、パッケージ版と他オンラインストアでの販売を10月11日から開始する。8月21日に行われた新製品発表会では、「Acronis True Image 2020」をリリースする背景、および最新版の機能強化ポイントについて紹介した。

 「アクロニスは、2003年にシンガポールで設立され、2008年には世界展開のために2つ目の本社をスイスに開設した。現在は、世界30か所以上に拠点を持ち、1300人以上の従業員を擁するグローバル企業に成長している」と、アクロニス・ジャパン ディストリビューション営業統括部の阿部正人統括部長が挨拶。「ビジネスも急速に拡大しており、グローバルでは今年30%の売上成長を目指している。日本市場については昨年約12%の売上成長を達成し、今年は20%強の成長を見込んでいる」と、サイバープロテクション分野で急成長を続けていると胸を張る。「当社のサイバープロテクションは、デジタル世界において安全性・アクセシビリティ・プライバシー・真正性・セキュリティ(SAPAS)を提供することで、全データ、アプリケーション、システムの保護を実現する。今後、すべてのプロセスがデータ主導になる中で、サイバープロテクションは人々の生活に欠かせないものになると考えている」と、これから迎えるデジタル世界においてサイバープロテクションは生活必需品になるとの考えを示した。

 続いて、アクロニス・ジャパンの村上憲子プロダクトマーケティングマネージャーが、最新版「Acronis True Image 2020」の製品概要について説明した。「現在、日本でも働き方改革が進んでおり、リモートワークや副業を推進する動きも広がってきている。一方で、リモートワークについてはデータセキュリティ、副業については情報漏えいといったITリスクが懸念されている」と、働き改革にともない個人PCが抱える新たなIT課題を指摘。「こうした課題に対しては、自宅PCのデータ保護の安全性強化や、スマホ・タブレットの保護、コラボレーションツールやクラウドデータの保護、家庭における災害対策などが必要になる。そこで今回、従来の個人ユーザーに加え、在宅勤務で自宅PCを使う人やビジネスで個人PCを利用する人、機密データを個人PCに保管する人などにもサイバープロテクションを提供するべく、さらに機能を拡充した『Acronis True Image 2020』を発売する」と、最新版をリリースする背景を述べた。

 「『Acronis True Image 2020』は、“簡単・オールインワン・安心”の3つをテーマに100以上の機能強化・改善を行い、サイバープロテクションを実現できる唯一の個人向けデータ保護ソリューションとなっている。従来から定評のある高速バックアップをさらに性能アップすると共に、セキュリティの拡張やWi-Fi環境でも快適に利用できる機能、Mac保護の強化など、きめ細かい機能を拡張している」と、最新版の機能強化ポイントを紹介。「とくに、Advancedエディション以上の新機能として、『デュアルプロテクション』を提供する。この機能により、ローカルバックアップをクラウドに自動的に複製することで、オフサイトのコピーをいつでも復元に使用できるようになる。また、バックアップとレプリケーションを同時に実行することで、バックアップにおける『3-2-1ルール』で推奨されるオフサイトコピーを効率化できる」と、個人向け製品で初めて複数コピー、オフサイトのバックアップを実現する機能を搭載したという。

 「全エディション共通の新機能としては、『トレイ通知センター』を搭載。メッセージや警告がデスクトップ上のトレイ通知にプッシュされるため、バックアップ管理コンソールにアクセスしなくても、簡単にバックアップのステータスを監視することができる。これにより、問題に素早く対応でき、保護強化のためのヒントをタイムリーに受けることができる」とのこと。「バックアップ技術の改良では、アクロニスの新しいバックアップ形式であるArchive-3を採用し、全体的なパフォーマンスを改善。クラウドバックアップの閲覧やバックアップ/リカバリ処理の高速化を実現した。また、電源管理機能を拡張し、バッテリー電力が指定レベル以下の場合には、バックアップを行わない設定が可能になった」と、快適かつ安全なバックアップを実現するべく性能面も強化したと説明した。

 「セキュリティ面については、マルウェア対策を拡張するため、Acronis Active Protectionに搭載されている機械学習エンジンの検知機能を強化した。ランサムウェア対策、クリプトジャッキング対策に加えてプロセス監視にも対応し、検出されたプロセスのホワイトリストまたはブラックリスト化を行う」と、進化するサイバー脅威に対しても万全の対策を施していると強調した。「さらに、バックアップの際に接続するWi-Fiネットワークをユーザーが選択できるようになった。これにより、情報漏えいリスクのあるパブリックネットワークや従量課金のWi-Fiへの接続を回避することができる」と、個人PCからも安全性に配慮してバックアップを行うことができるとアピールした。

[小売価格]
<買い切り型>
Acronis True Image 2020 1コンピューター:5074円
Acronis True Image 2020 3コンピューター:8130円
Acronis True Image 2020 5コンピューター:1万167円
Acronis True Image 2020 1コンピューター アカデミック版:3037円(パッケージ版のみ)
Acronis True Image 2020 1コンピューター アップグレード版:3037円
Acronis True Image 2020 3コンピューター アップグレード版:6093円
Acronis True Image 2020 5コンピューター アップグレード版:8130円
<年間サブスクリプション>
Acronis True Image Advanced 1コンピューター 250GBクラウドストレージ付:5074円
Acronis True Image Advanced 3コンピューター 250GBクラウドストレージ付:8129円
Acronis True Image Advanced 5コンピューター 250GBクラウドストレージ付:1万166円
Acronis True Image Premium 1コンピューター 1TBクラウドストレージ付:1万166円
Acronis True Image Premium 3コンピューター 1TBクラウドストレージ付:1万5259円
Acronis True Image Premium 5コンピューター 1TBクラウドストレージ付:1万6277円
(すべて税別)
[発売日]
Acronisオンラインストア:8月21日(水)
店頭販売・他オンラインストア:10月11日(金)

アクロニス・ジャパン=https://www.acronis.com/ja-jp/


このページの先頭へ