その他ニュース

チャーム・ケア・コーポレーション、介護付有料老人ホームで入居者の願いごとを叶える七夕企画を実施、計1324枚の願いごとから2つの願いを実現

2019.08.27 11:41 更新

 首都圏・近畿圏を中心に介護付有料老人ホームを運営するチャーム・ケア・コーポレーション(以下、チャームケア)は、運営する53施設において、入居者の願いごとを叶える七夕企画を実施し、計1324枚の願いごとから、2つの願いを叶えることを決定した。

 チャームケアでは、6月10日から7月7日の期間に、同社が運営する介護付有料老人ホーム53施設で、入居者から七夕の願いごとを募ったとのこと。思い思いの願いごとを綴ってもらい、集まった短冊は計1324枚にのぼったという。

 そして、普段はホームで過ごしている入居者に素敵な思い出を作ってほしいという思いのもと、実現する願いごとを決定する選考を実施。一次選考で24枚、二次選考で6枚の願いごとにまで絞った。「家族の絆が感じられる願いごとを叶えたい」という観点から、最終選考では東西のホームで1つずつ、計2つの願いごとを叶えることが決定した。

 最終選考で選ばれた願いごとは、チャームスイート京王聖蹟桜ヶ丘(東京)の「11月の結婚式におじいちゃんが出席できますように」と、チャーム加古川駅前(兵庫)の「ひ孫と旅行!」の2つ。「11月の結婚式におじいちゃんが出席できますように」の願いごとは、11月下旬に都内の式場で実施する予定で、チャームケアが結婚式への出席をサポート(スタッフ同行)する。また、「ひ孫と旅行!」の願いごとについては、10月19日~20日に兵庫県淡路島への旅行をプレゼントする予定で、チャームケアが旅行中のサポート(スタッフ同行)を行う。

 なお、8月16日にチャーム加古川駅前、23日にチャームスイート京王聖蹟桜ヶ丘で、チャームケアの下村隆彦社長から当選者、および家族に対して目録授与を行った。チャーム加古川駅前の目録授与式では、受賞者本人、家族ともに非常に喜んでいる様子で、受賞者の家族は「家族だけだと旅行に連れ出すことを躊躇していたので、この企画をしていただいたことで背中を押してもらった」と話していた。

 チャームスイート京王聖蹟桜ヶ丘の目録授与式では、「11月の式に祖父が元気で来ることができたらいいなぁという思いでお願いをし、選ばれたということを聞いた時にはすごくびっくりしたのだが、祖父の願いが叶うと思うとすごく嬉しい気持ちになった」と、式を挙げる受賞者が喜びを語ってくれた。【PR】

チャーム・ケア・コーポレーション=http://www.charmcc.jp/


このページの先頭へ