その他ニュース

ユニ・チャーム、認知症予防「ソーシャル・ウォーキング サポートプログラム」を開始

2019.07.24 14:58 更新

 ユニ・チャームは、高齢化の進行に伴う「閉じこもり」や「認知症」といった社会問題の改善に寄与するため、目的を持って社会と触れ合う認知症予防プログラム「ソーシャル・ウォーキング」を2016年に考案し、心と体の健康をサポートしてきた。これまで参加者人数延べ1572人に上る。今回、認知症予防財団と共同で、認知症予防「ソーシャル・ウォーキング サポートプログラム」を開始する。

 「ソーシャル・ウォーキング サポートプログラム」は、「ソーシャル・ウォーキング」の考え方に共感してもらい、“体験イベントを開催してみたい”という自治体や非営利団体を応援する新しい事業とのこと。「ソーシャル・ウォーキング」を地域の人々に体験してもらうことで、一人ひとりがそれぞれの生活のなかで認知症予防に取り組むきっかけづくりとなるとのこと。地域の絆と笑顔を広げる健康増進事業として、是非活用してほしいという。

ユニ・チャーム=http://www.unicharm.co.jp/

 


このページの先頭へ