その他ニュース

バイエル薬品、ママがお腹の赤ちゃんキャラクターと音声会話ができるアプリ「赤ちゃんと話そう」を公開

2019.06.11 10:23 更新

 バイエル薬品は、ママがお腹の赤ちゃんキャラクターと音声会話ができるGoogleアシスタント対応アプリ「赤ちゃんと話そう」を6月10日に公開した。

 妊娠中の女性は、大きな身体の変化とともに、出産・産後に向けて気持ちも日々変化する。「赤ちゃんと話そう」は、ママの気持ちがそのまま赤ちゃんに伝わるという妊娠期に、母子ともにリラックスして過ごしてもらうためのアプリとなっている。妊娠週数に応じた会話プログラムによって赤ちゃんのキャラクターと楽しく音声で会話できる。会話は毎日異なり、赤ちゃんがお腹の中での成長過程を報告してくれるほか、ママの体調や気分にアドバイスやエールを送ってくれるなど、出産までママが前向きに過ごせるようサポートしてくれる。

 さらに、ママの気分をパパにシェアしてくれる、ママには嬉しい機能も今後追加予定となっている。ママが胎児に話しかけることは一番の胎教といわれているが、「赤ちゃんと話そう」での会話を通じて、出産に向け赤ちゃんとママの絆をより深めてもらいたいと考えているとのこと。

 プレナタルサプリメント「エレビット」は、妊娠計画時や妊娠中に必要となる12種類のビタミンと6種類のミネラルを配合し、1984年にスイスで発売されて以来、63の国や地域の女性から支持されているプレナタルマルチビタミンのグローバルナンバーワンブランドだという。「エレビット」は、妊娠中のママのカラダだけでなく、ココロにも寄り添い、大切な妊娠期を心身ともに健康に過ごして欲しいと願い、「赤ちゃんと話そう」を開発した。

[公開日]6月10日(月)

バイエル薬品=http://byl.bayer.co.jp/


このページの先頭へ