その他ニュース

ショートムービーアプリ「TikTok」、卓球新リーグ「Tリーグ」のトップ選手にインタビューしているような動画が残せる「TリーグQuestions」を実施

2019.05.09 19:30 更新

 ショートムービーアプリ「TikTok」は、一般社団法人Tリーグが運営する「Tリーグ」のPRパートナー・公認アプリとして提携している。そして、卓球新リーグ「Tリーグ」の魅力を発信するべく、昨年10月24日のリーグ開幕から、「TikTok」ならではの施策を随時実施してきた。

 その一環として、現在は「TリーグQuestions」という人気ハッシュタグ企画を実施している。試合会場に撮影ブースを設置し、そこでファンの人から選手への質問を募集し、選手本人が答えていく企画となっている。TikTokならではのデュエット機能によって、実際にファンが選手にインタビューしているかのような動画を撮影することができ、各会場で老若男女から質問が寄せられたという。今回、以前の好評を受け、再度開催するに至ったのだという。

 先日Tリーグ開催期間中に実施した「TリーグQuestions」では、選手と実際に会話しているようで面白いとファンからの人気が高く、TikTokアプリ上から162件、試合会場ブース(岸和田、立川、両国の計3ヵ所の会場で特別ブースを設置)から66件と、計228件もの質問が寄せられたとのこと。また、選手からは、174件とたくさんの質問に答えてもらうことができたという。

 水谷選手や張本選手、石川選手や平野選手などTリーグや世界卓球でも活躍をみせた注目選手への質問を、すでにTikTok上で募集しており、集まった質問に各チームのアカウントや選手から答えていくとのこと。TikTokでは、「TリーグQuestions」以外にも、「Tリーグガイド」、「#全力卓球」、「#卓球いいなり選手権」、「有名TikTokerコラボ」など、TikTokでしか見られない、選手の様子を楽しめるコンテンツも実施しているという。

 なお、TikTokのコラボ機能を使うことで、選手に直接インタビューしているかのような動画を残すことが可能となっている(コラボ機能:すでに投稿されている動画を引用、その動画にワイプのような形で参加し、動画を撮影できる機能。別々で撮影をしていても同じ画面上でコラボをすることができる)。

 Tリーグは、世界レベルのプロ選手を擁するチームから趣味でプレーする地域のチームまで日本に存在する複数の卓球チームが参加する卓球リーグ構想。「世界No.1の卓球リーグを実現する」「卓球のスポーツビジネス価値を高める」「卓球を通じて人生を豊かにする」の3つの理念に基づき、プレイヤーそれぞれのレベルに合った活動の場、ファンの観戦の場の提供を目指している。初年度となる2018~2019シーズンは、全国から男・女各4チームの全8チームが参戦。昨年10月24日(男子)、25日(女子)の開幕戦からリーグがスタートした。

TikTok=https://www.tiktok.com/


このページの先頭へ