その他ニュース

セガトイズ、知育玩具「はじめてプログラミング!どの道とおる?アンパンマンドライブカー」を発売

2019.05.31 17:45 更新

 セガトイズは、3歳児から遊べる、プログラミング的思考を鍛えられる知育玩具「はじめてプログラミング!どの道とおる?アンパンマンドライブカー」を、10月24日に発売する。

 「読み・書き・算数」といわれていた学習の基礎が、「読み・書き・プログラミング」になるといわれるほど、プログラミングの重要性が増してきている。数字や計算に親しませる英才教育と同様に、プログラミング的な思考も低年齢から学ばせたいという親が増加してきており、そんなニーズに応えるべく、3歳児でも簡単に扱えるプログラミング知育玩具を開発した。同商品は、難しそうなイメージのある“プログラミング”を、楽しく遊べる仕様になっている。

 お店や道路が描かれたマップの上に、3つのモードで遊べる矢印の操作ボタンが付いた「アンパンマンカー」を設置する。ステップ1のモードでは、矢印ボタンを押す毎に「アンパンマンカー」がマップの上を1マスづつ動き、操作方法と遊び方の理解を深めることができる。ステップ2のプログラミングモードでは、行きたいお店を自分で決めて、進みたい道の順に矢印ボタンを押し、最後にアンパンマンボタンを押すと、矢印を押した順に「アンパンマンカー」が動き出す。3つ目の自由走行モードでは、アンパンマンのマーチが流れ、「アンパンマンカー」がランダムでマップ上を走行し、まだプログラミングが難しい子どもには、車を自由に走らせて遊ぶこともできる。

 スタートとゴールを自分で設定し、どのような手順を踏めば、行きたいお店まで行けるのかを考えた上で、前進・後進・左折・右折の指示を出すことで、プログラミングの基礎となる論理的な思考を鍛えることができるとのこと。プログラミング的思考を学べる同商品は、子どもの将来の選択肢を大きく広げることができる。

[小売価格]5500円
[発売日]10月24日(木)

セガトイズ=http://www.segatoys.co.jp/


このページの先頭へ