その他ニュース

スギ薬局、店舗を「健康発信拠点」に新たなシニア向けサービスを開始

2019.04.01 16:44 更新

 スギ薬局は、店舗を地域住民の健康を支える「通いの場」として活用し、管理栄養士や薬剤師などの専門家により各種予防プログラムを提供することを開始する。

 愛知県豊明市は、市内で行っている運動教室やリハビリプログラムなどシニア向けサービスとスギ薬局で開始する各種予防プログラムの連動を支援する。

 地域住民の健康維持を支援することを目的として、健康なシニアの方を対象に、店舗にて食事・運動習慣の改善に関する健康相談会や運動プログラムを提供するとのこと。要介護状態を未然に防ぐことや悪化を防止することを目的として、虚弱になったシニアの人を対象に、店舗にて管理栄養士や薬剤師などの専門家による各種予防プログラムを提供する。

 スギ薬局の取り組みとして、介護予防体操(4月下旬から開始予定)を、店舗内のスペースにおいて豊明市オリジナル体操「大金星体操」として実施を支援する。毎週土日に1日2回実施、参加無料となっている。また、健康測定・相談(5月上旬から開始予定)も実施する。体組成計などの測定機器や生活習慣の聞き取りから健康状態を測定し、管理栄養士や薬剤師などの専門家によるアドバイスを提供する。月に1回定期実施し、参加無料となっている。各種予防プログラム(順次、5月上旬から開始予定)を導入する。管理栄養士や薬剤師などの専門家が一人ひとりの健康状態に合わせたオリジナルの各種予防プログラムを提供する。数ヶ月間の有料パッケージプログラムとなる。その他、豊明市が進める管理栄養士・栄養士による多職種連携ネットワークの構築や訪問栄養指導など各種取り組みに対して、管理栄養士や薬剤師など専門家と店舗を活用して支援する。

 豊明市の取り組みついては、スギ薬局が実施するこれらの取り組みについて、各種予防プログラムの開発に協力するとともに、住民および関係者への広報活動や市内で行っているシニア向けサービスとの連動を支援する。

 スギ薬局は、これまで地域医療に対応したドラッグストアの運営とともに、様々な社会貢献活動にも注力してきた。今回の愛知県豊明市と連携した各種取り組みを通して、スギ薬局店舗がより一層、地域の健康を支える拠点となることを目指していくとしている。

スギ薬局=http://www.drug-sugi.co.jp


このページの先頭へ