その他ニュース

三菱自動車「週末探検家」とウェザーニューズのコラボ第3弾、新元号が始まる最初の"日の出"出現確率を予測する「令和初日の出NAVI」を公開

2019.04.03 15:41 更新

 三菱自動車が実施運営する、“探検マインド”を持つ行動派の人々を応援し、魅力ある週末の過ごし方を提案するプロジェクト「週末探検家」は、気象情報会社ウェザーニューズとのコラボレーションにより、新元号が始まる5月1日の全国日の出スポット100ヵ所の“日の出”出現確率を予測するシステム「令和初日の出NAVI」をWebサイトで公開した。

 昨年多くのメディアに取り上げられ、第22回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門で審査委員会推薦作品に選出されるなどの反響を呼んだ「雲海出現NAVI」や「古典絶景NAVI」に続き、今年は「5.1 新時代の幕開け、令和初日の出の光をあびろ。」を、「週末探険家」の第3弾ミッションとしたとのこと。そして今回、元号が変わる5月1日に、新時代の幕開けともいえる歴史的な瞬間を目撃できるよう「令和初日の出NAVI」を公開したという。

 「令和初日の出NAVI」では、ウェザーニューズが収集する気象データから、5月1日の全国の“日の出”出現確率を数値で示すことで、新たな探検の楽しみ方を提案する。ウェザーニューズのもつ天候状態、気温、気圧、風力、湿度などの気象データをリアルタイムで解析し、日本全国の日の出スポットで美しい日の出が見られる条件をシミュレートしたうえで、5月1日の出現確率を予測するという。4月21日以降、5月1日が近づくにつれて、出現確率は毎日更新され、より精度の高い情報が表示される。歴史的瞬間を、特別な体験にするのに役立つ予測システムとなっている。

 また、新しい時代を迎える記念すべき5月1日の“日の出”出現確率を予測することで車に乗った探検をサポートしていくとのこと。5月1日以降は順次、「週末探検家」の趣旨どおり、週末の“日の出”出現確率を予測できるNAVIとして公開を予定している。

 「令和初日の出NAVI」の公開スケジュールは、4月1日からのフェーズ1では、全国8ヵ所の「令和初日の出」スポットを先行公開。過去10年以上の統計データによる5月1日の“日の出”出現確率(固定表示)や各日の出スポットへの車でのアクセス方法を表示する。先行公開するスポットは、納沙布岬(北海道根室市納沙布)、本栖湖畔(山梨県南都留郡富士河口湖町本栖)、禄剛埼灯台(石川県珠洲市狼煙町)、三保松原(静岡県静岡市清水区三保)、天橋立(京都府宮津市文珠)、弥山(広島県廿日市市宮島町)、桂浜公園(高知県高知市浦戸)、佐多岬(鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠)の8ヵ所となる。

 フェーズ2(4月15日公開)では、全国100ヵ所の「令和初日の出」スポットを全公開し、5月1日の“日の出”出現確率を表示する。フェーズ3(4月21日公開)では、5月1日の“日の出”出現確率に加えて、降水確率/天気/最高・最低気温も表示。数値は毎日更新され、より精度の高い情報を表示する。そして、フェーズ4(4月29日~5月1日公開)では、フェーズ3の機能に加えて、「令和初日の出」の時刻を表示し、5月2日以降は順次、週末の“日の出”出現確率を予測していく。

 長期休暇となる今年のゴールデンウィークは、「令和初日の出NAVI」を活用して、車に乗って近くの「令和初日の出」スポットへの探検に挑戦してみては。

三菱自動車「週末探検家」=http://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/weekend-explorer/?cid=o_pub-p_na_na_press_hy_625
令和初日の出NAVI=https://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/weekend-explorer/hinode/?cid=o_pub-p_na_na_press_hy_0401


このページの先頭へ