その他ニュース

楽天モバイル、東京・池袋エリアの中心地に大型店「楽天モバイル 池袋東口店」をオープン、延床面積160m2強のワンフロアに14席の相談・契約受付カウンターを設置

2019.04.26 17:50 更新

 楽天モバイルは、東京・池袋エリアにふさわしい広さを持った大型店「楽天モバイル 池袋東口店」を4月25日にオープンした。このオープンを記念して同日に行われた発表会では、MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「楽天モバイル」の利用状況について説明するとともに、「楽天モバイル 池袋東口店」の店舗概要について紹介した。

 「現在、『楽天モバイル』はMVNOサービスの中でNo.1の利用率であり、通信6サービス利用者への調査・比較ではNPS(ネットプロモータースコア)でトップの評価となっている」と、楽天モバイル 常務執行役員の大尾嘉宏人 営業・マーケティング本部長が挨拶。「『楽天モバイル』がユーザーから高評価を得ている理由としては、月額料金が安いことに加え、スーパーホーダイが魅力的であること、ポイントが貯まる・使えることが挙げられる。とくにスーパーホーダイは、ユーザーの85%が選択する人気サービスとなっている。スーパーホーダイユーザーへの調査でも、91%が『通信料金を節約できた』、95%が『乗り換えてよかった』、そして92%のユーザーが『以前の契約に戻れない』と回答していた」と、多くのユーザーから高い評価を得ているのだと胸を張る。

 「また、『楽天モバイル』のユーザーは、楽天グループのサービスを併用している人が多いのも特長だ。例えば、楽天市場は90%、楽天カードは74%、楽天トラベルは60%、楽天銀行は26%のユーザーに利用されている。これは、サービスを利用すればするほど、楽天スーパーポイントが最大15倍になるSPU(スーパーポイントアッププログラム)があるから。『楽天モバイル』の月額料金を、全額ポイントで支払うこともできる」と、ポイントプログラムも魅力なのだと訴えた。「こうした『顧客ファースト』の取り組みが奏功し、今年3月の契約数は前年比39%増となり、過去最高の月間契約数を実現した」と、MVNOサービス市場が鈍化傾向にある中で、急成長を続けていると説明した。

 「『楽天モバイル』の契約はオンラインが中心となっているが、当社が実施した調査によると、顧客の86%が『店舗で契約したい』と回答していた。そのため、様々なコラボレーションによる多様な店舗展開を進めており、今年4月末日には、楽天モバイルショップの店舗数は全国500店舗まで拡大する」と、店舗展開にも力を注いでいるという。

 「そして今回、池袋エリアを訪れる多くの顧客のニーズに応えるべく、大型店として『楽天モバイル 池袋東口店』をオープンする。同店は、通常店舗の約2倍となる延床面積160m2強の広々としたワンフロアで、楽天モバイルショップでは最多となる14席の相談・契約受付カウンターを備えている。また、来店の際に要件を聞くコンシェルジュも常駐し、顧客をサポートする」と、新たにオープンする「楽天モバイル 池袋東口店」の概要を紹介した。

 「店舗展開の推進と合わせて、店舗体験の充実化も図っていく。来店予約ができる店舗数を拡大するとともに、5月末からは新システムを導入し、希望のタイミングで予約ができて、優先的にサービスを受けられるようにする。また、顧客への理解度を高めるため、店舗における重要事項の説明を動画に切り替える他、申し込み画面をわかりやすくシンプルにする」と、店舗を通じて顧客満足度をさらに高める取り組みも行っていくという。「さらに、『楽天モバイル』だけでなく、楽天グループの他のサービスも同時に申し込みが可能となった。例えば、楽天カードや楽天でんき、楽天コミュニケーションズ光などを、店舗で『楽天モバイル』と一緒に契約できる」と、楽天グループの各種サービスとの連携も進めていくと話していた。

 なお、同社では、「楽天モバイル 池袋東口店」のオープンを記念して、池袋駅周辺の対象5店舗において、「スマホ本体代キャッシュバックでタダになる!キャンペーン」を4月27日から6月2日まで開催する。このキャンペーンでは、「スーパーホーダイ」と対象のスマートフォンをセットで契約した顧客のうち、抽選で100名のスマートフォン本体代金が無料になるという。

[店舗概要]
名称:楽天モバイル 池袋東口店
場所:東京都豊島区南池袋1-19-5 Gビル南池袋01 1階
開店日:4月25日(木)
営業時間:10:00~20:00

楽天モバイル=https://mobile.rakuten.co.jp/
楽天モバイル 池袋東口店=https://mobile.rakuten.co.jp/shop/ikebukurohigashiguchiten/


このページの先頭へ