その他ニュース

京セラ、マイルドダンディー向けスマートフォン「URBANO V04」の新CMを放映開始、CMキャラクターの宇梶剛士さんがダンディ坂野さんと「マイルドダンディー診断」にチャレンジ

2019.03.01 21:19 更新

 京セラは、俳優の宇梶剛士さんを起用した、マイルドダンディー向けスマートフォン「URBANO V04」の新CM「7人のマイルドダンディー篇」を3月1日から放映開始する。2月28日に行われた新CM発表会では、「URBANO V04」のコンセプトや特徴について紹介した他、CMキャラクターを務める宇梶剛士さんと、女優の橋本マナミさん、お笑い芸人のダンディ坂野さん、世代・トレンド評論家の牛窪恵氏が登壇し、マイルドダンディーをテーマにしたトークセッションを行うとともに、宇梶さんとダンディ坂野さんが特設サイトの「マイルドダンディー診断」にチャレンジした。

 「URBANOシリーズは、2012年5月に初代モデルを発売して以来、大人のためのスマートフォンとして、洗練されたデザインと使いやすさにこだわった3つボタンの製品設計が好評を得てきた。そして今回、従来のコンセプトを継承しつつ、時代の変化に合わせて進化した最新モデル『URBANO V04』をリリースした」と、京セラ 通信機器事業部マーケティング部責任者の湯浅紀生氏が挨拶。「『URBANO V04』では、3つボタンをなくして、シリーズ史上最大の5.7インチ液晶画面を搭載した。また、指紋センサーやFMラジオをシリーズとして初めて搭載しながら、防水・防塵・耐衝撃といった安心性能も備えており、使いやすさを追求したモデルとなっている」と、「URBANO V04」の製品特徴を紹介した。

 「『URBANO V04』のターゲットユーザーとしては、流行りではなく質実を優先し、自分なりのこだわりを持つ、新時代の大人の男性像を『マイルドダンディー』と再定義した。そして、このマイルドダンディーにふさわしい男性として、幅広い世代から人気を得ている俳優の宇梶剛士さんを起用し、3月1日から新CM『7人のマイルドダンディー篇』をオンエアする」と、CMキャラクターに宇梶さんを起用した背景について説明。「新CMでは、スーツ姿の宇梶さんが、マイルドダンディーの『7つの定義』を力強く指南しながら、質実剛健なスマートフォン『URBANO V04』をアピールする内容となっている。現代に生きるマイルドダンディーな男性たちにぜひ注目してほしい」と、新CMを通じてマイルドダンディーに最適なスマートフォンであることを広く伝えていきたい考えを示した。

 ここで、ゲストとして、CMキャラクターを務める宇梶剛士さん、女優の橋本マナミさん、お笑い芸人のダンディ坂野さん、世代・トレンド評論家の牛窪恵氏が登壇し、マイルドダンディーをテーマにしたトークセッションが行われた。

 まず、マイルドダンディーの特徴について牛窪氏が解説。「バブル崩壊後の競争主義を生き抜いてきた40代~60代の男性が、リーマンショックや東日本大震災を経てマイルドになり、現在は共創主義へと変わってきている。こうしたマイルドダンディーの男性は、質・実を好み、若々しさよりも年相応の格好良さに憧れる。また、流行よりも自分のこだわりを持ち、常に謙虚さと自分らしさを大切にしている」と、マイルドダンディーは、平成30年間の集大成となる進化系の大人の男性像なのだと教えてくれた。

 これを聞いた宇梶さんは、「若い頃は流行を追っていたが、今は自分にとって居心地がよく、マイルドなものを好むようになった。周りから与えられていた時代から、自分がこだわるものを選んでいく時代へと変わってきたと感じている。人との接し方も、世代に関係なく、心の目線を合わせて、聞き上手になるようにしている」と、マイルドダンディーな男性を体現しているとのこと。

 ダンディ坂野さんは、「私も宇梶さんと同じで、周りに影響されず、自分の好きなものは自分で決めて選ぶようになってきた。ただ、気持ち的にはまだマイルドダンディーになり切れないときがあって、出たがりのワイルドな後輩芸人に対して、つい熱く注意してしまうことがある。これからは、もっとマイルドに接していきたい」と、宇梶さんに負けじとマイルドダンディーを目指していくと意欲を見せていた。

 橋本さんは、「若作りをしようとして頑張っているおじさまを見ると、ちょっと痛々しく感じるときがある。若ければいいというものではなく、年齢相応に、魅力的に歳を重ねている男性はとても素敵だと思う。また、女性に対して、上から目線で接するのではなく、同じ目線になって話を聞いてくれる大人の男性にすごく惹かれる」と、マイルドダンディーな男性は、周りの女性からも好印象に映っているのではないかと話していた。

 では、宇梶さんとダンディ坂野さんのマイルドダンディー度はどのくらいなのか。二人に、「URBANO V04」の特設サイトで提供されている「マイルドダンディー診断」にチャレンジしてもらった。「マイルドダンディー診断」は、いくつかの簡単な質問に答えるだけで、自分のマイルドダンディー度がわかるというもの。この結果、宇梶さんは上から2番目の「専務クラス」と診断。これに対して、ダンディ坂野さんは、最下位の「係長クラス」となってしまい、思っていたよりもマイルドダンディー度が低かったことに肩を落としていた。

 「URBANO V04」を使ってみた感想について、宇梶さんは、「洗練されたデザインと落ち着いた色がしっくりきて、一目で好きになった。使い勝手もよくて、とくに背面にある指紋センサーを使って、片手で画面のスクロールやズームができるのがすごく便利。スマートな操作を助けてくれるアシスト機能もあるので、マイルドダンディーのスタイルにピッタリだと思う」と、マイルドダンディーな男性を代表して太鼓判を押してくれた。橋本さんは、「スマートフォンをぎこちなく使っているおじさまの姿を見ると残念な気持ちになる。『URBANO V04』を片手でさりげなく使いこなして、ぜひマイルドダンディーな男性を目指してほしい」と、「URBANO V04」を使うマイルドダンディーな男性が増えることを願っていた。

京セラ=https://www.kyocera.co.jp/
URBANO V04特設サイト=https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/urbano/cp/


このページの先頭へ