その他ニュース

バロックジャパンリミテッド、新たな事業を発掘する次世代コンテンツ開発プロジェクト「NEXT IS YOU」を開催、今年のコンセプト"BLACK IDEA"をテーマに俳優・彫刻家の片桐仁さんがプレゼンテーションを披露

2019.03.01 19:00 更新

 バロックジャパンリミテッドは、全社を挙げて新たな事業を発掘する次世代コンテンツ開発プロジェクト「NEXT IS YOU」を開催する。2月27日に行われた開催発表会では、今年のコンセプト“BLACK IDEA”を発表後、ビジネスコンテストのアンバサダーが、“BLACK IDEA”について語り合った他、俳優としてだけでなく彫刻家としても活躍する片桐仁さんが考える、自身の“BLACK IDEA”やグローバル展開についてプレゼンテーションを行った。

 「今年で3回目を迎える次世代コンテンツ開発プロジェクト『NEXT IS YOU』は、社員啓蒙企画としてスタート。社員の夢について、熱意や発展計画を発表してもらい、優れた内容については、その夢を叶えるというコンセプトで実施した。昨年の第2回目では、応募枠を社外にまで広げて、新たな事業を提案してもらうという内容で実施した。そして、今回は、次の新しい事業について、門戸を広げて、当社外はもちろんのこと、異業種の分野など、様々な人から新しいビジネスにつながる企画を募集することにした」と、バロックリミテッドジャパンの村井博之社長が挨拶。「今回のコンテストを機に全く新しいビジネスが展開されることに期待している」と、新たなイノベーションにつながるビジネスアイデアを広く募集したいと話していた。「コンテストで高い評価が得られた内容については、当社だけでなく、他社との協業も視野に入れながら、未来のビジネスの形を示していけるものにしたい」と、これまでにない発想で未来のビジネスを切り開いていきたいと訴えた。

 次に、バロックジャパンリミテッド 未来政策室の神田麻衣氏が、「NEXT IS YOU」の概要について説明した。「今回のテーマは“BLACK IDEA”とした。世界中でここにしかない希少なアイデアを広く募集する」と、テーマについて発表。「業種業界は問わず、新規事業者を募集する」と、経歴や肩書を気にせず、応募してほしいと呼びかけた。「スケジュールについては、WEB上のエントリーシートに“BLACK IDEA”に関する熱意や情熱を記載してもらう。その後、社長へのプレゼンを経て、随時優勝プランを決定していく」とのこと。「今回採用されたアイデアについては、用いるすべての資金を投入しバックアップしていく」と、新ビジネスプランとして形にしていく考えを示した。

 この後、「NEXT IS YOU」のアンバサダーを務めるセブンセンスの吉田拓巳社長、一般社団法人渋谷未来デザインの長田新子事務局次長、エードットの辻愛沙子氏、ツクルバの中村真広CCOが登壇し、今回のテーマ“BLACK IDEA”についてトークセッションを行った。吉田社長は、「昨年、タクシーやバスなど車の無料化を目指すためのスタートアップを立ち上げた。今ある車移動にターゲティング広告をつけたものを展開することで無料化を目指す」とのこと。

 長田事務局長は、「街づくりを行っていく中で、行政や民間、学生をつないで、その人たちと一緒にアクションを起こすことで、新たなイノベーションが生まれることを実感している」と、それぞれ異なる分野の人たちが出会うことによる化学反応は“BLACK IDEA”を生み出す原動力になるのではないかと話していた。

 辻氏は、「アイデアのきっかけになるモノ・コトは、怒りや疑問である場合が多い。それをそのまま企画としてぶつけてしまうと、キツイものになってしまうため、アウトプットをチャーミングにすることで、企画の実現性を推進させられると思う」と、アイデアのきっかけを上手く多くの人に伝えるための手段も大切になると述べていた。

 中村CCOは、「経済活動においてこぼれてしまっているコミュニティのアイデアを共同体で助け合いながら行えないかと考え、仲間同士で使える通貨を開発、その通貨でやり取りするというアイデアを実現させたいと考えている」と、それぞれのアイデアの考え方や実行中のアイデアについて語ってくれた。

 そして、俳優でありながら彫刻家としても活躍する片桐仁さんが、“BLACK IDEA”をテーマにプレゼンテーションを行った。片桐さんは、「私にとって、便利なものを使いづらくすることが“BLACK IDEA”と考え、例えば、スマートフォンを粘土で盛り付けして鰈フォンを作ったりした。これまで作ってきた便利なものを使いづらくする作品展を、今年台湾でも実施する」と、片桐さんが考える“BLACK IDEA”と、今後の展開について説明してくれた。今回、「NEXT IS YOU」にアイデアを募集しようと思っている人たちに向けて、片桐さんは、「自分はこう思っているということを人に見てもらうことで、同じ考えの人や一緒にやってくれる人、お金を出資してくれる人が現れると思う。そのためには、一歩踏み出すことが大切であると考えている。国内外を問わず、どんな人でもコンテストに応募できるということなので、自身の“BLACK IDEA”を披露してほしい」と、多くの人たちから、斬新なアイデアが生まれることに期待を寄せていた。

バロックリミテッドジャパン=https://www.baroque-global.com/


このページの先頭へ