その他ニュース

サンスター、歯みがき回数などで健康ポイントを付与する「おおさか健活マイレージ アスマイル」事業に参画

2019.01.21 20:31 更新

 サンスターグループ(以下、サンスター)は、大阪府の健康寿命の延伸と医療費の適正化に取り組む健康づくり支援プラットフォーム整備等事業「おおさか健活マイレージ アスマイル」(以下、同事業)の協力企業の一員として、1月21日からのモデル実施に参画する。同事業において、IoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」を活用し、歯みがきデータに応じた健康ポイント付与を実施する。

 同事業は、大阪府スマートフォンアプリ「アスマイル」を利用して、ウォーキング、歯みがき、特定健診の受診、健康イベントへの参加、口の健康情報を含む健康コラムの閲覧などの健康行動に対しポイントを付与するとのこと。貯まったポイントに応じて、週次・月次での抽選への参加や、電子マネーなどの特典と交換できる大阪府の実施する住民向けサービスとなっている。

 従来の歩数データに加え、歯みがきや健康に関するコンテンツの閲覧、健康イベントへの参加というような健康行動をポイント化することが可能とのこと。また、歩数、血圧・体重などの日々の健康記録、特定健診データや医療費通知など(特定健診結果や医療費通知などの表示は市町村国保加入者が対象)を個人ページにて見える化し、医療費通知やジェネリック医薬品差額通知も行うことで、府民の健康意識の向上に寄与するという。

 サンスターは、「G・U・M PLAY」による歯みがきの計測データ連携や歯と口の健康に関する情報の配信、歯の健康相談会の実施等によって同事業をサポートするという。同事業を通して、むし歯や歯周病予防のためだけでなく、全身の健康を守るために重要な口腔ケアの意識向上を図り、ポイントの付与を行うことでより口のケアの実践を促進する仕組みづくりを推進する考え。

 サンスターは今後も、オーラルケアから始まる健康づくりによる健康寿命の延伸への貢献を目指し、口腔ケアの重要性を広く啓発するとともに実践を促す、新たな製品・サービスとソリューションを提供していくとしている。

サンスター=https://www.sunstar.com/jp/


このページの先頭へ