その他ニュース

タカラトミー、「プラレール」シリーズから万葉線の「SC-06 ドラえもんトラム」を発売

2018.12.03 15:41 更新

 タカラトミーは、万葉線の車両で、人気キャラクター「ドラえもん」をデザインした「ドラえもんトラム」を鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品「SC-06 ドラえもんトラム」として、来年1月17日から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」、万葉線本社等で発売する。なお、一般発売に先駆け、12月19日から万葉線が高岡市内で先行発売を行う。

 「ドラえもんトラム」は、富山県高岡市と射水市を走る路面電車万葉線のMLRV1000型に、「ドラえもん」のラッピングを施した車両とのこと。高岡市出身の漫画家藤子・F・不二雄さんの代表作「ドラえもん」のカラーリングやキャラクターが車内外にデザインされていることが特徴で、2112年9月3日に誕生するドラえもんの「生誕100年前」を記念して、2012年9月に運行を開始した。

 「プラレール」は今年6月から全国を走るキャラクターラッピング車両シリーズを展開しており、「SC-06 ドラえもんトラム」は、窓に描かれているキャラクターたちや、ドラえもんカラーの車体、“どこでもドア”を思わせるピンクのドアなどを忠実に再現した。11月30日から2週間限定で、高岡駅1F待合室で同車両を含むプラレールジオラマの展示も行うという。

[小売価格]2400円(税別)
[発売日]2019年1月17日(木)
※12月19日(水)に万葉線による先行販売

タカラトミー=https://www.takaratomy.co.jp/


このページの先頭へ