その他ニュース

タカラトミー、動物フィギュア「アニア」の干支シリーズ第4弾「干支アニア 亥(イノシシ)」を発売

2018.11.20 18:54 更新

 タカラトミーは、手のひらサイズの1ギミック付き動物フィギュア「アニア」シリーズの最新商品として、来年の干支をモチーフにした干支シリーズ第4弾「干支(えと)アニア 亥(イノシシ)」を11月22日から全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、一部の書店、タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等で発売する。

 「アニア」シリーズは、2013年6月の発売から約5年、日本を含む21の国と地域でセット商品を含めて国内外750万個以上を出荷し(10月時点)、人気を博している。

 今回、発売する「干支アニア 亥(イノシシ)」は、来年2019年の干支が「亥」ということから企画・開発した商品とのこと。日本ならではの干支の慣習とアニアの動物モチーフを活かした「干支アニア」は、2015年の「申(ニホンザル)」、2016年の「酉(幸(コウ)フクロウ)」、2017年の「戌(柴犬)」に続き、第4弾となる。

 今年のフィギュアは、モチーフに“イノシシ”のなかでもよりかわいらしい、“うり坊”(イノシシの子ども)を選んだ。セット内容は、フィギュア2体に金の屏風と赤の敷物(フェルトシート)が付属している。

 「干支アニア」シリーズは、アニアのメインターゲットである子どもの他、大人の人にも好評を得ており、触って遊ぶだけではなく、飾ることで新年を感じることができる仕様にしている。新年のご挨拶や、正月飾り、お年賀の贈り物などにも活用できる商品として提案する考え。

 また、日本以外のアジアでは、干支において「亥」は「イノシシ」ではなく「ブタ」を指す国もあり、「干支(えと)アニア 亥(ブタ)」を中国、香港、台湾、シンガポール、ベトナムで発売する。特に“金のブタ”は縁起が良いとされているため、通常のブタと、金色のブタの2体セットにしている。

 「アニア」は、今後も様々な商品企画でラインナップを拡大し、世界の子どもたちに愛される定番シリーズを目指していくという。

[小売価格]600円(税別)
[発売日]11月22日(木)

タカラトミー=https://www.takaratomy.co.jp/


このページの先頭へ