その他ニュース

バンダイ、携帯型育成玩具「たまごっちみーつ」を発売、双子やたまペットも登場して育成バリエーションは無限大

2018.10.11 15:54 更新

 バンダイは、携帯型育成玩具「たまごっちシリーズ」の最新機種「たまごっちみーつ」(全2種×各3色)を11月23日に発売する。主なターゲットは小学生女子で、主な販売ルートは全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売り場、インターネット通販などとなる。

 平成を代表する玩具のひとつである「たまごっち」は、1996年(平成8年)の発売開始以降、海外でも展開し、全世界でシリーズ累計8200万個以上を販売している(3月末時点)。時代とともに幾多の進化を遂げてきた「たまごっち」が、平成最後の今秋、いつでもどこでもみんなと遊べる玩具「たまごっちみーつ」として登場する。

 「たまごっちみーつ」は、たまごっち本来の“育成の楽しさ”を追求し、ユーザー同士のコミュニケーションを拡大する機能を付加した携帯型育成玩具とのこと。本体内で育てたたまごっちを結婚させると、親の遺伝子を引き継いだたまごっちが生まれ、育てることができる。結婚して生まれるたまごっちの見た目のバリエーションは数千万パターン以上あり、代を重ね遺伝子を引き継いでいくことでさまざまな見た目になるほか、同じ両親から生まれても育て方によって異なる見た目のキャラクターに成長する。さらに、双子のキャラクターや、たまごっちのペットである“たまペット”も登場する。また、「たまごっちシリーズ」初となるBluetoothを搭載しており、11月配信開始予定のコミュニケーションアプリ「たまごっちみーつ アプリ」とも一緒に遊ぶことができるとのこと。アプリを通じて、いつでもどこでもユーザー同士でコミュニケーションがとれるようになるという。

 同商品は「メルヘンみーつver.」と「マジカルみーつver.」の2種類あり、本体のカラーリングやデザインのほか、プレイ中に登場する限定キャラクターが異なるという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月23日(金)

バンダイ=http://www.bandai.co.jp/


このページの先頭へ