その他ニュース

タカラトミー、サプライズトイ「うまれて!ウーモベイビー チートゥリー/ポネット」を発売

2018.10.05 17:27 更新

 タカラトミーは、自分の手でタマゴから孵化させ、お世話が楽しめる新感覚ペット「うまれて!ウーモ」シリーズの第8弾として新商品2種「うまれて!ウーモベイビー チートゥリー」、「うまれて!ウーモ ベイビー ポネット」を、10月5日から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等で発売する(世界同日発売)。

 2016年10月に発売して以来、大ヒットを記録している「うまれて!ウーモ」シリーズは、タマゴからウーモが生まれる瞬間に立ち会えることで、「親になったような気持ちになれる」「愛着が湧く」といった点が好評を博し、今年9月までに国内で累計出荷数55万体突破の大ヒットを記録しているという。今年おもちゃ業界で最も大きなトレンドであるサプライズトイ(開封が楽しめる、驚きの要素が揃っているおもちゃのこと。海外で非常に人気が高く、日本では日本玩具協会が「クリスマス見本市2018」で今年の注目キーワードとして取り上げる等注目を集めている)の先駆けで、発売3年目となる今年も「おもちゃ屋が選んだクリスマスのおもちゃ2018」のバラエティ部門で第1位を獲得したという(3年連続)。

 「うまれて!ウーモ ベイビー」は、タマゴから生まれる驚きの体験はそのままに、よりお世話遊びが楽しめる、「赤ちゃん」がテーマのウーモとのこと。ポイントは、(1)シリーズ初、タマゴが揺れる(2)タマゴの中にサプライズ、進化した孵化体験(3)充実のお世話グッズでウーモと遊べる--の3点とのこと。

 生まれる前のタマゴの状態から左右にゆらゆらと動くようになり、生まれてくるウーモへの期待がさらに高まるよう進化した。さらに、タマゴの中にはウーモのための「ブラシ」や「抱き人形」などの5つのお世話グッズも隠されているという。「抱き人形」はウーモに近づけるとお話しし、ずっとそばに置いておくと安心して眠ってしまうウーモのお友達で、そのほかにもウーモが特別な反応をするものがあるとのこと。

 タマゴは「チートゥリー」と「ポネット」の2種類で、それぞれ性別があるという。どんな子が出てくるかは、生まれてからのお楽しみだとか。

 また、ウーモの世界観を楽しめる手のひらサイズ(約3cm)のコレクタブルミニフィギュア「うまれて!ウーモミニ シーズン4」(希望小売価格 各500円(税抜き)~)も同時発売する。

 おもちゃ屋が選んだクリスマスのおもちゃ2018とは、「クリスマス見本市2016」の「プロが選ぶ今年のクリスマスおもちゃ」ランキングにおいて、「うまれて!ウーモ」がバラエティ部門にて1位を獲得し、昨年には「うまれて!ウーモ キララメガーデン」が同じくバラエティ部門で1位を獲得した。今年、「おもちゃ屋が選んだクリスマスのおもちゃ2018」と名称が変更になった同ランキングでも、「うまれて!ウーモ ナゾたま ver.2」がバラエティ部門で1位となり、シリーズで3年連続1位を獲得した。

[小売価格]
うまれて!ウーモ ベイビー:各8800円
うまれて!ウーモミニ シーズン4:各500円~
(すべて税別)
[発売日]10月5日(金)

タカラトミー=http://www.takaratomy.co.jp/


このページの先頭へ