その他ニュース

日本チェーンストア協会、第7回「うれしい!たのしい!お買い物!チェーンストアお買い物川柳大募集」を開催

2018.10.30 10:22 更新

 日本チェーンストア協会は、日常の大切さや消費財流通の重要性などを自覚し、“買い物にまつわる川柳の創作を通じて、普段の買い物の楽しさや便利さを再発見してもらい、人々の暮らしに笑顔と元気を届けたい”との思いから、2012年度から一般公募による川柳コンテストを開催している。第1回から第6回までを通じて毎年延べ7万人を超える多くの人々に応募をしてもらい、幅広い世代の人々に親しんでもらえる川柳コンテストへと成長し今回、第7回を迎える。より多くの家庭に笑顔と元気を届け、さらにたくさんの人々から応募が寄せられることを願い、「うれしい!たのしい!お買い物! 第7回チェーンストアお買い物川柳大募集!!」を開催する。

 今回の開催趣旨は、サプライチェーン全体の連携によるライフラインとしての消費財流通の重要性や、チェーンストアでの買い物の楽しさ、親しみやすさ、便利さを広く社会にアピールするとともに、未来を担う子どもたちの成長を支援し、毎日の暮らしにさらに笑顔と元気を届けていくことを目的としている。

 特別協賛は、日本チェーンストア協会特別賛助会員(50音順)のアサヒグループホールディングス、味の素、伊藤忠商事、花王、キッコーマン、キユーピー、キリン、国分グループ本社、サントリー酒類、日清オイリオグループ、日清食品ホールディングス、日本ハム、ハウス食品グループ本社、Mizkan Holdings、三菱商事、三菱食品、明治、森永乳業、ヤクルト本社、ユニ・チャームとなる。

 募集テーマは、買い物でうれしかったことや楽しかったこと、お店でのわくわく体験や思い出、自分ならではの気づき、わが家のお買い物自慢など、チェーンストアにまつわる楽しいエピソードを“川柳”にして応募してほしいという。応募期間は、11月1日~12月20日で、郵送の場合、当日消印有効となっている。ホームページの場合は、12月20日23時59分締切となる。

 応募方法は、パソコン・スマートフォンのホームページから応募。もしくは、専用はがき(62円切手貼付)または郵便はがきで、〒530-8090 日本郵便株式会社 大阪北郵便局留 日本チェーンストア協会「チェーンストアお買い物川柳」事務局 行の宛先まで郵送してほしいという。なお、「作品」「氏名」「ペンネーム (※必須ではないが、記入がある場合はペンネームで公表する)」「住所」「電話番号」「年齢」 「学年(小学生の場合)」「性別」「メールアドレス(ホームページで応募の場合のみ)」を明記のうえ応募してほしいとのこと。日本チェーンストア協会ホームページから専用はがき様式(PDFデータ)をダウンロードできるという。

 応募資格は、年齢を問わず、個人のアマチュアの人を対象とするとのこと。応募に関する諸注意としては、小学生および小学生以下の人の応募は、「小学生の部」への応募となるという。「一般の部」への応募はできないとのこと。はがきでの応募は1通につき6作品までとなっている。1人何回でも応募できるという。応募作品は未発表のものに限り、他社が著作権を持つ作品、連名による共作は応募を受け付けないとのこと。入賞作品が他の作品と著しく類似していた場合は入賞を取り消すことがあるという。選考の経過、結果に関する問い合わせには応じられないとのこと。応募作品の著作権は日本チェーンストア協会に帰属し、応募作品は返却しないという。入賞作品は、日本チェーンストア協会から事前に通知のうえ、作者名・都道府県名を公表する。

 賞については、一般の部は、金賞が10万円(10名)、銀賞が3万円(30名)、銅賞が1万円(60名)。小学生の部は、優秀賞が図書カード1万円分(50名)、さらに応募者全員(入賞者を除く)の中から抽選でそれぞれ1000名に「ご愛顧ありがとうプレゼント」(1000名)として、3000円(小学生以下の人は図書カード3000円分)をプレゼントする。また、「わくわく抽選プレゼント」(1000名)では、特別賛助会員が選んだ、すてきな商品をプレゼントするという。

 


 選考委員は、コピーライターの仲畑貴志氏、川柳作家のやすみりえ氏、イラストレーターの上大岡トメ氏の各氏のほか、日本チェーンストア協会役員を予定している。

 発表は、日本チェーンストア協会ホームページにおいて来年3月中旬に発表する予定とのこと。ご愛顧ありがとうプレゼント、わくわく抽選プレゼントは発送をもって発表にかえるという。【PR】

日本チェーンストア協会=https://www.jcsa.gr.jp/


このページの先頭へ