その他ニュース

フランスベッド、自主的な服薬をサポートするエーザイの服薬支援機器「e お薬さん」の一般レンタルを開始

2018.08.30 13:50 更新

 フランスベッドは、エーザイが開発した、薬の飲み忘れや過量服薬防止をサポートする服薬支援機器「e お薬さん」のレンタルを9月1日から開始する。

 「e お薬さん」では、タイマー機能で1日最大4回の服薬時刻を指定して、1週間分の薬をセット可能とのこと。指定時刻になると音声と画面表示で知らせ、薬ケースが自動で押し出され服薬を促す。薬ケースが取り出されなかった場合はスヌーズ機能で繰り返し知らせて、さらに指定時刻から40分経過すると薬ケースが自動で収納されるため、過量服薬の防止に役立つ。

 また、専用クラウドを介した見守り支援機能では、服薬のタイミングをメールで知らせて、服薬履歴はクラウド上に最大1年分保管され、1ヵ月単位で折れ線グラフなどの表の作成が可能。こうした機能によって、家族や介護者の人が離れた場所にいても利用者の服薬状況を確認できる。

 レンタルサービスを利用することで、服薬支援機器の利用に不安がある人や購入を検討の人に気軽に試してもらうことができる。見守り支援機能に必要となるインターネット環境が無い家庭には、通信キットもあわせてレンタル可能で、初期費用はフランスベッドが負担するという。

 また、機器の納品・設置・初期設定などをフランスベッドの専門スタッフが行い、疑問や不安なく使えるようサポートする。

 「e お薬さん」の使用によって、利用者の自主的な服薬や、家族や介護者の負担軽減のほか、規則正しい服薬によって「残薬」(薬の飲み残しや飲み忘れ)が減り、追加処方なども不要となるため、薬剤費の軽減も期待される。フランスベッドでは、同機器の使用普及を通して、介護人材不足といった課題解決、また高齢者の健康な生活の実現に向けて取り組んでいくとしている。

[月額レンタル価格]
本体:3780円
見守り支援用通信キット:1296円
※うち月額通信費421円を含む
※通信の初期費用3240円はフランスベッドが負担
(すべて税込)
[レンタル開始日]9月1日(土)

フランスベッド=https://www.francebed.co.jp


このページの先頭へ