その他ニュース

スマホ向け位置情報ゲームアプリ「ポケモン GO」が新CMをOA、ポケモントレーナーの佐藤健さんが「ポケモン交換」機能を楽しむ

2018.08.20 19:02 更新

 ポケモンは、全世界8億5000万回以上のダウンロード数を記録(8月時点)、今年7月でサービス開始から2周年を迎えたスマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「ポケモン GO」の新CMに俳優の佐藤健さんを起用し、8月21日から放映を開始する。8月20日に行われた新CM発表会では、ポケモンのファンで、「ポケモン GO」においてもポケモントレーナーだという佐藤さんが、「ポケモン GO」の魅力を語ってくれた他、ポケモンの石原恒和社長と「ポケモン交換」機能を使って、実際にゲットしたポケモン同士を交換する楽しさを伝えてくれた。

 「2016年7月にサービスをスタートした『ポケモン GO』は、継続的にアップデートを行い、昨年夏には、複数のプレイヤーが協力して、ボスポケモンを倒すレイドバトルシステムをスタート。今年の夏は、独ドルトムントと米シカゴ、横須賀の3ヵ所でリアルイベントを開催する。そして、ポケモントレーナー同士が交流できるフレンド機能を実装。フレンドになると、ゲットしたポケモン同士を交換することができるようになった」と、ポケモンの石原社長が、「ポケモン GO」がスタートしてからの進化について解説。「『ポケモン交換』は、『ポケモン GO』の位置情報を活かした機能として、遠くでゲットしたポケモンを交換すると、アイテムがより多くもらえたり、昔捕まえたポケモン同士を交換すると“キラポケモン”という特別なポケモンになるようになっている」と、「ポケモン交換」することで得られる特典について教えてくれた。

 「そして、この『ポケモン交換』の魅力を、もっと多くの人々に伝えるべく、8月21日から新CMをOAする」と、新たなファン獲得を図るべく、日本オリジナルのCMを製作したのだと説明する。「CMキャラクターには、ポケモントレーナーを起用した」と、ポケモンファンが「ポケモン交換」の魅力を伝えてくれるとのこと。「ぜひ、期待してほしい」と、石原社長がアピールすると、新CMキャラクターを務める俳優の佐藤健さんが登場。「ポケモン GO」や子どもの頃に遊んだ、ポケモンについて紹介してくれた。

 「ポケモンは、小学生の頃からプレイしていたゲームで、『ポケモン GO』がリリースされてすぐにアプリをダウンロードしてプレイした。そのゲームのCMキャラクターに起用されるなんて、29歳にしてすごいご褒美をもらった気分」と、ポケモンのCMに出演できたことにテンションも高めの様子。「実は、カントー地方のポケモンをほぼゲットできたため、しばらく『ポケモン GO』をプレイしていなかった」と、最近は「ポケモン GO」から離れていたのだという。「しかも、ゲームにすごく熱中してしまい、仕事よりもポケモンゲットを優先してしまうと思ったので離れていた」と、ポケモンが好きすぎるので、やり込んでしまうと仕事に穴を空けかねないと感じ、「ポケモン GO」と距離を置いていたのだと話していた。「しかし、今回のCM出演を機に、再び『ポケモン GO』をプレイすることにした」と、もう一度、ポケモンゲットを楽しもうと決意したのだという。

 では、ポケモン愛を語る佐藤さんにとって、お気に入りのポケモンは何なのだろうか。「カビゴンが一番好き。『ポケモン GO』でも4体持っている。カビゴンは、小学生の頃、バトルパーティーのエースとして活用していた。それだけに思い入れの強いポケモン。『ポケモン GO』で初めてカビゴンをゲットできた時はすごくうれしかった」と、小学生のように目をキラキラさせながら、カビゴンについて熱く語ってくれた。

 さらに、佐藤さんのオフショット映像も公開。この中で、「ポケモン GO」のプレイで極めようとしているのが、モンスターボールの投げ方なのだとか。「スマホの画面でモンスターボールをくるくる回してポケモンに当てると、捕獲率が少しアップし、ゲットできた場合は、経験値も少し高くなるので、カーブボールでゲットするようにしている」と、モンスターボールの様々な投げ方について解説。「ポケモンによって、当てやすさも異なるので、カーブボールとストレートボールを使い分けている」とのこと。「また、ポケモンをゲットするだけでなく、他のトレーナーのポケモンとバトルしたり、ジムを防衛したりすることもできるので、いろいろな楽しみ方がある」と、自分に合ったプレイでゲームを楽しめる点も「ポケモン GO」の魅力なのだと教えてくれた。

 そして、「ポケモン GO」の新しい機能である「ポケモン交換」の楽しさを伝えるべく、佐藤さんは、フレンドになったという石原社長とポケモン交換を行うことになった。お互いスマートフォンに“ポケモンを交換したい”という気持ちを表すシールを貼って、相手に喜んでもらえるポケモンをチョイス。石原社長は、アルゼンチンでゲットしたという、南米地域限定ポケモンのヘラクロスを選択すると、佐藤さんは、あまりのレアポケモンに興奮気味。石原社長は、「ほとんどのポケモンを持っているので、交換するポケモンはキャタピーでもなんでも大丈夫。佐藤さんと交換できるだけでうれしい」というと、佐藤さんは、「石原社長は、色違いのチルットを相棒にしているので、チルットのアメを集めているのではないかと思った。だからチルットとヘラクロスを交換することにした」と、石原社長の気持ちを汲み取って交換するポケモンを選ぶ佐藤さん。そんな優しい佐藤さんに石原社長もうれしそうだった。

 石原社長は、「2年前にリリースされた『ポケモン GO』は今なお進化し続けている。一度プレイをやめてしまった人も、新たな機能に触れてみてほしい」と、リリース当初にはなかった新たな機能を体験することで、再び「ポケモン GO」を楽しんでほしいとアピールした。佐藤さんは、「リリース後、しばらく休んでいたのだが、久しぶりにプレイした『ポケモン GO』は、いろいろな機能が増えていて、とても面白くなっていた。今後も新しい機能が増えていくと思うので、ぜひみんなと一緒にプレイできたらと思う」と、レイドバトルやポケモン交換など、ポケモントレーナーと一緒に「ポケモン GO」の世界を楽しみたいと話していた。

ポケモン GO=https://www.pokemongo.jp


このページの先頭へ