その他ニュース

ランドセルの正しい選び方や使い方を伝える「ENJOY!ランドセル」プロジェクトがスタート、横山だいすけさんをイメージキャラクターに起用し千葉でイベントを開催

2018.06.11 19:40 更新

 近年デザインや種類の多様化にともない、ランドセル選びに対してプレッシャーを感じたり、面倒に感じたりする人が増えているという。こうした人たちに、ランドセルの正しい選び方や使い方を伝え、家族みんなでランドセル選びを楽しんでもらえる機会を創出するべく、「ENJOY!ランドセル運営委員会」が発足。6月8日から「ENJOY!ランドセル」プロジェクトがスタートした。同プロジェクトのイメージキャラクターには、うたのおにいさんとして歴代最長出演記録を持つ横山だいすけさんを起用。ランドセルおにいさんとして、小学校への進学を控える家族にランドセルの楽しみ方を伝えていくという。6月10日には千葉のアリオ蘇我でイベントを開催。横山だいすけさんと共に、多くの家族がランドセルを“知る”ことの大切さを学んだ。

 イベント会場には、小学校への入学を控える幼児とその家族が集合。まず、「ENJOY!ランドセル運営委員会」のランドセル博士が登壇し、ランドセルを“知る”“選ぶ”“使う”といったどのタイミングも、子どもや家族にとって最高のシーンになるのだと解説してくれた。「ランドセル選びは一生に一度となる。それだけに、6年間大切に使ってもらうためにも、この一大イベントを楽しんでもらいたいと考えている」と、一生に一度のランドセル選びを思いっきり楽しんでほしいのだと訴える。

 そして、このランドセル選びについて会場の人々と一緒に学んでくれるのが、イメージキャラクターの横山だいすけさん。子どもたちから大きな声援を浴びて登場した横山さんは、「僕が小学校の頃は、赤や黒のランドセルしかなかった。しかし今では、カラフルなランドセルがありびっくりしている。僕も今日は、特製のカラフルなランドセルを背負っていろいろなことを学びたい」と、最新のランドセル事情について、しっかり知識を詰め込みたいと意気込んだ。特製ランドセルの背負い心地を問われた横山さんは、「フィット感があり、作りもしっかりしている点に驚いた。ランドセルを背負うのは、小学生ぶりなのだが、その時代から大きく進化していることがわかった」と、横山さんの小学生時代のランドセルとは、性能が全く異なると話していた。

 では、ランドセルを選ぶにはどんな点を注意する必要があるのだろうか。ランドセル博士曰く、「通学時間がどの位なのかが重要になる。片道10分以上の場合は、人工皮革で作られた軽いランドセルがおすすめ」と、通学路をしっかり把握してから、ランドセル選びをスタートしてほしいという。「また、小学校の状況を確認してほしい。小学校によって、人気のカラーなどが異なる。先輩たちがどんなランドセルを背負っているのかを事前にチェックしてほしい」と、通う予定の小学校ではどんなランドセルが人気になっているのかを確認することも大切だと教えてくれた。この説明に横山さんは、「ランドセルを購入するために、小学校を事前に確認したほうがよいという意見には納得させられた」と、当たり前のようでなかなか気づかないアドバイスに感心しているようだった。

 「ランドセルのカラーについては、女の子はカラフルなものを選ぶ傾向にある。逆に男の子はブラックが主流だが、刺繍が施されているタイプなどが人気になっている」と、男女で傾向が異なるとランドセル博士。「また、毎日外で遊ぶ活発な子なのか。ファッションなどに興味がある子なのか。自分の子どもがどんなタイプの子どもであるかによって選ぶランドセルも異なってくる」と、子どもの行動や興味をしっかり把握することが大切であるとアドバイスしてくれた。横山さんも、「下調べを行ってから、優先順位をつけてランドセルを選ぶことが重要である点がわかった」と、ランドセル選びの難しさを実感している様子だった。

 ランドセルをいつ購入すればよいのかという点に、ランドセル博士は、「7月から8月の夏休み中に購入する人が全体の半数近く占めている」と、夏休みに購入する人が多いとのこと。「また、ランドセル単体の重さを気にする人が多いが、荷物を入れて軽く感じるランドセルなのかが重要になる」と、教科書を入れたランドセルは2kgにも達するとされているだけに、店頭で実際に荷物を入れてみて、チェックしてほしいと述べていた。横山さんも、「子どもは動きまわるので、耐久性に優れたランドセルがよいと思う。僕が背負っているランドセルはくるくる回っても大丈夫」と、くるっと一回転したり、ジャンプしても、ベルトが下がってこなかったり、バランスが崩れてしまうことがないということを、身をもって教えてくれた。「そして、登下校のシミュレーションを行い、安全面や防犯面にも配慮したランドセルを選んでほしい」と、子どもの身を守る機能も備えたランドセルを選ぶようにしてほしいとランドセル博士はアドバイスしていた。横山さんも、「ランドセルには重要なポイントがたくさんあることを知った。ランドセル選びには、購入時期、カラー、丈夫さ、軽さ、安全の5つのポイントがあることを、多くの人々に伝えていきたい」と、「ENJOY!ランドセル」プロジェクトのイメージキャラクターとして、正しいランドセル選びを訴求していきたいと意気込んでいた。

 なお、ENJOY!ランドセル運営委員会では、商業施設の店舗を中心に、今後ENJOY!ランドセルの展開店舗を増やしていくとのこと。ENJOY!ランドセル店舗では、商品そのものの販売促進ではなく、ランドセルを選ぶ楽しさを演出していく考え。

ENJOY!ランドセル運営委員会=https://enjoy-randoseru.com/


このページの先頭へ