その他ニュース

インペリアル・タバコ・ジャパン、ニコチン・タールゼロを実現したVAPEカテゴリーの新製品「myblu」を発売、窪塚洋介さんがその味わいを絶賛

2018.05.30 16:05 更新

 インペリアル・タバコ・ジャパンは、世界で注目を集めるVAPEカテゴリーのトップブランドである「blu」の新製品として、ニコチン・タールゼロを実現した「myblu」(マイブルー)を6月4日から、blu公式オンラインショップおよび福岡県内のファミリーマート限定で、先行発売を開始する。5月29日に行われた新製品発表会では、日本初上陸となる「myblu」の製品概要について説明した他、ゲストとして俳優の窪塚洋介さんが登場し、愛煙家の目線から「myblu」の魅力を語ってくれた。

 「VAPEは、様々なデバイスから出る水蒸気を吸ったり吐いたりして楽しむ製品で、従来の紙巻タバコの代替品になると期待されている次世代プロダクツの中で、最も大きな割合を占めている。世界では、すでに3000万人のユーザーがVAPEを利用しており、市場規模は2017年の40億ドルから2020年までに300億ドルへ急成長すると見込まれている」と、インペリアル・タバコ・ジャパンのヤオコビッチ・トーマス マーケティング本部長が挨拶。「当社では、消費者により良い選択肢を提供していくことをグローバルビジョンに掲げ、VAPEカテゴリーにも早い段階から投資してきた。そして今回、VAPEカテゴリーの次世代をリードする新製品『myblu』を日本市場でリリースする。『myblu』は、ニコチン・タールゼロで、豊富なフレーバーを楽しむことができ、簡単・便利に使える製品となっている」と、「myblu」はVAPEカテゴリーに革新をもたらす製品なのだと胸を張る。「日本市場は非常に可能性が大きく、グローバルでの成功のカギになると位置づけている。2022年までに、日本において100万人の『myblu』ユーザー獲得を目指す」と、日本での普及拡大に意欲を見せた。

 続いて、インペリアル・タバコ・ジャパンの後藤英樹ブランドアクティベーションマネージャーが、「myblu」の製品概要について紹介した。「『myblu』は、スターターキットとフレーバーポッドの2製品を展開する。スターターキットは、『myblu』製品本体とマイクロポートUSB充電器、メンソールフレーバーポッド1個がセットになった製品。フレーバーポッドを本体にセットするだけで、簡単に『myblu』を楽しむことができる」とのこと。

 「フレーバーポッドは、1箱に2個入りで、メンソール、グリーンアップル、チェリークラッシュ、タバコ味、カフェラテ、アイスミント、マンゴーアプリコット、タバコバニラの8種類のフレーバーを用意した。1個のフレーバーポッドで、約300回の吸引が可能となっており、一般的なタバコに換算すると約1.5箱分の容量となっている」と、消費者の好みに合わせて選べるよう豊富なフレーバーをラインアップしていると話していた。

 


 「『myblu』の発売に先立ち、日本において消費者調査を行ったところ、98%の消費者が『myblu』を試して満足したと回答した。また、70%が購入意向を示していた」と、事前調査で日本の消費者から高評価を得たという。「消費者からは、『イヤなニオイが残らずいい香りがする』、『ニコチンやタールが入っていないので身体への影響を気にすることない』、『場面を選ばず吸うことができる』といった声が多く挙がっていた」と、ニコチン・タールゼロという点が高く評価されたのだと強調する。「こうした結果を踏まえ、日本市場では、“第一印象は、香りで変わる。”をキャッチフレーズに、プライベートでもビジネスでも気兼ねなく楽しめる製品であることを訴えていく。今後『myblu』は、日本人のライフスタイルの一部になれると確信している」と、香りを味わう新たな文化を日本でも定着させていきたい考えを示した。

 ここで、俳優の窪塚洋介さんがゲストとして登場。普段からタバコを楽しんでいるという窪塚さんは、「家でも、移動中でも、仕事場でもタバコを吸っているが、最近はなかなか吸う場所がなくて、喫煙者にとっては非常に厳しい環境になっている」と、気軽にタバコを吸うことができないのが現状だという。「撮影の中でタバコを吸うシーンも出てくるが、タバコの煙をくゆらすという言葉もあるように、タバコには色気やドラマ性を感じさせるものがあると思う。自分にとってはタバコを吸うことで、気持ちがリフレッシュして、次へ向かうエネルギーになっている」と、愛煙家としての持論を展開していた。

 そんな愛煙家の窪塚さんに、「myblu」を使ってみた感想を聞いてみると、「煙お菓子のようで、とてもおいしかった」と絶賛。「全種類のフレーバーを吸ってみたのだが、その中でもチェリークラッシュとマンゴーアプリコットがフルーティーで甘い香りが楽しめてよかった」と、おすすめフレーバーを教えてくれた。「見た目も未来感があって、タバコも新しい時代に入ったんだと実感した。今まで、電子タバコには抵抗があったが、『myblu』であれば、プライベートでもビジネスでもシーンを選ばず気軽に吸うことができると思う」と、気分をリフレッシュさせるアイテムとして、タバコだけでなく「myblu」も活用していきたいと話していた。

 最後に窪塚さんは、「『myblu』は、いろいろなフレーバーを気軽に楽しめる新時代の煙お菓で、愛煙家にとってもすごくいい製品だと感じている。ニコチン・タールゼロなので、子どもに会う前に手を洗う必要もなく、換気扇の前に行くこともなく楽しむことができる。今後、日本でもVAPEカテゴリーへの理解が広がり、『myblu』が吸える場所が増えていってくれるとうれしい」と、日本でも周りの目を気にせず、気軽に「myblu」が吸えるようになることを願っていた。

[小売価格]
スターターキット:2700円
フレーバーポッド:1080円
(すべて税込)
[発売日]6月4日(火)

インペリアル・タバコ・ジャパン=http://www.imperial-tobacco.co.jp/
blu公式オンラインショップ=http://www.blu.com/

 


このページの先頭へ