その他ニュース

プロルート丸光、新規事業プロジェクト「Project BC」を始動、衣料卸のグローバルなオンラインプラットフォームを創設へ

2018.05.07 16:16 更新

 小売店を対象とした会員制の総合卸売業を展開するプロルート丸光は、新規事業プロジェクトとして「Project Brilliant Circle」(以下、Project BC)を始動することを発表した。同プロジェクトでは、NHN JAPANとの提携により、メインビジネスである衣料卸売り事業をEC化し、オンラインプラットフォームを構築する。さらに、Queueとの提携のもと、ブロックチェーン技術を導入したグローバルな衣料品サプライチェーンECの創設を目指す。5月2日に行われた発表会では、「Project BC」を立ち上げる背景やプロジェクト概要、今後の展開について説明した。

 「国内の衣料市場規模は、1990年の約15兆円から2010年には約9兆円まで縮小し、直近5年間は横ばいで推移している。人口が減少し続けている国内情勢を考えると、今後、市場規模が15兆円に戻る可能性は極めて低い」と、国内衣料市場の厳しい現状を指摘するプロルート丸光の安田康一社長。「その一方で、衣料業界は急速にEC化が進んでおり、他産業と比較してもアパレルにおけるEC比率は高くなっている。今後、衣料業界で事業拡大していくためには、EC比率の高まりに対応できるか否かが分岐点になる」と、大きな市場拡大が見込めない中で、EC化への対応がビジネス成長のカギになるとの考えを示した。

 「そこで今回、衣料業界で100年を超える当社の実績と強みを生かしつつ、これからの100年先を見据えた新たな事業プロジェクトとして『Project BC』を始動する。同プロジェクトでは、NHN JAPANとの提携により、現在の売り場中心のオフライン卸売り事業を維持しながら、衣料業界では初となるオンライン上のサプライチェーンECを創設する」と、「Project BC」を立ち上げる狙いを説明。「新たに創設するサプライチェーンECは、日本だけでなく海外のバイヤー・サプライヤーが、世界中のどこにいても、欲しい時に欲しい分だけ、すぐに届けられる機能を実現するプラットフォームを目指す。そのために、NHNグループを通じた韓国とのネットワーク、すでにアクセスを有する中国とのネットワーク、そしてアジア・北米との独自のネットワークを利用し、日本全国での卸売展開はもとより、日本製品の海外展開、海外ブランドの日本展開、さらにはグローバル決済にも対応できるプラットフォーム事業を志向していく」と、衣料業界におけるグローバルかつ複層的なオンラインプラットフォームを実現させるのだと意気込んだ。

 オンラインプラットフォームの概要については、システム構築・運用をサポートするNHN SAVAWAYの康泳權社長が説明した。「プロルート丸光のオンラインプラットフォームの構築には、当社が今年4月に正式ローンチしたクラウド基盤の総合型自社モール構築ソリューション『TEMPOCLOUD』を提供する。このソリューションは、自社モール運営者が、パートナー会社を集客し、パートナー会社の商品を自身のショッピングモールに出店してもらい販売する構造が特徴となっている」と、プラットフォームの基盤として提供するECソリューションについて紹介。「実際の流通と運営面では、NHNグループの拠点である韓国の『東大門市場』のハイクオリティな商品や有名SOHOブランドを日本で販売展開すると共に、その反対方向に、プロルート丸光の既存取引先の質の高い日本商品を、中国や米国などにグローバル販売していく」と、プラットフォームの構築と運用の両面から「Project BC」を全面的に支援していくと述べた。

 さらに、「Project BC」では、オンラインプラットフォーム構築後のステップとして、先鋭的なシステム構築を手掛けるQueueと提携し、ブロックチェーン技術を導入したグローバルな衣料品サプライチェーンECを創設する計画だ。Queueの柴田直人代表取締役は、「サプライチェーンが拡大し、グローバルに取引が広がっていく際に、最も大きな課題となるのが、商品や取引先情報の信頼性をいかに担保するかである。この課題に対して、情報の改ざんが行えないというブロックチェーン技術の特性を生かすことで、グローバルビジネスにおけるリスクを低減し、透明性を確保すると共に、耐障害性を向上することができる」と、ブロックチェーン技術を活用するメリットについて言及。「ブロックチェーン技術を導入したサプライチェーン市場の創出は、FinTech技術の本命であり、その将来的な市場規模は他産業と比較して拡大の余地が極めて大きいと見ている。これにチャレンジすることで、今回構築するオンラインプラットフォームが国際的な評価を獲得できると考えている」と、本格的なブロックチェーンシステムを導入した世界初の衣料品サプライチェーンECの創出にチャレンジしていくと力を込めた。

 今後の展望についてプロルート丸光の安田社長は、「今年12月をめどに、NHN JAPANとの提携によるグローバルなオンラインプラットフォーム事業をスタートさせる。その後、Queueと共にブロックチェーン技術を活用した衣料品サプライチェーンECの構築に取り組み、将来的には、現在の売上高約100億円を数倍レベルに引き上げる事業へと成長させていく」とビジョンを語った。

プロルート丸光=http://www.proroute.co.jp/
NHN SAVAWAY=https://commerce-star.com/
Queue=http://www.queue-inc.com/


このページの先頭へ