その他ニュース

LIXIL、TOSTEMブランドを復活し窓がもつ本来の価値や役割を具現化した新しい窓「LW」を発売、スイスのスカイフレーム社と提携し欧州で人気の背の高い窓も展開

2018.05.16 21:03 更新

 LIXILは、“窓”がもつ本来の価値や役割を具現化し、同社が持つ最新の技術・機能を融合させた新しい窓「LW(エルダブリュー)」をTOSTEMブランドから8月に販売を開始する。5月15日に行われた新商品発表会では、新たにスタートするTOSTEMブランドの第一弾商品である「LW」の特徴や、開発に至った経緯などについて説明した他、LIXIL Housing Technologyの事業戦略についても紹介した。

 「当社では、今年4月から中期経営計画をスタート。開発・生産・販売が一体となった新組織LIXIL Housing Technologyを始動している」と、LIXILの瀬戸欣哉社長が挨拶。「持続可能な成長に向けて、エンドユーザー目線でのアプローチ強化や、コスト競争力向上のための開発・生産改革。外部企業との事業提携や海外市場での販売強化を推し進めている」と、3つのポイントを掲げているとのこと。「エンドユーザー目線のアプローチでは、生産者視点に立ったデザイン主導のアプローチを行い、生活者に選ばれるブランドを目指している」と、デザイン戦略の変革を行っているのだという。「この戦略の一環として、TOSTEMブランドを復活。第一弾商品として、光をしっかり取り込みながら、高い断熱性も確保している窓『LW』を上市する」と、窓が持つ本来あるべき価値を具現化した商品をTOSTEMブランドとして展開するのだと意気込む。

 「コスト競争力向上のための開発・生産改革においては、商品プラットフォームの統一化や部材の共用化で生産効率を向上。モノづくり環境によるこれまでにない発想や視点を取り入れた商品開発の強化も行っている」と、真に差別化された商品の開発を行っていると強調。

 「外部企業との事業提携においては、スイスのスカイフレーム社と事業提携を行う。今年中に国内でテストマーケティングを行い、来年以降から本格販売する予定だ」と、「Flameless Window System」のリーディングブランドと事業提携するのだという。「海外市場での販売強化においては、アジア市場での持続的な成長に向けてビジネスモデルの構築を行っている」と、海外においてもTOSTEMブランドの窓を提供していく考えを示した。

 次に、顧客へのアプローチ強化について、LIXILの吉田聡専務が紹介した。「当社では、商品・サービスを通じて、消費者に真の価値を届けることをミッションに掲げ、事業を展開している。そして、需要減少の環境下でも成長できる体質を図るべく、1つひとつの商品の付加価値を高め、その結果として、価値の総量が増大していくという考えのもと、性能追求から豊かさ・快適さ・心地よい生活の提供を行っていく」と、消費者の生活がどのようになれば良くなるのか、という点に注力してビジネスを展開していくとのこと。「そのために、『健康』『環境』に配慮した住生活の提供や、『デザイン性』の高い住生活の提供。新しい価値を届ける『新たなチャレンジ』を促進している」と、真の価値を届けるための3つの指針について発表した。

 「『健康』『環境』に配慮した住生活の提供では、様々な啓もう活動を実施している」と、小学校への出前授業や緑のカーテン推進活動、外部機関と連携した活動などを行っているという。「『デザイン性』の高い住生活の提供においては、国内外の様々なデザイン賞を受賞しているだけでなく、豊富な商品を持つ当社ならではの空間全体をトータルコーディネート。今年4月からは専用のWEBページも開設し、商品の組み合わせダウンロードも行えるようになっている」と、総合的な空間デザインの提案も行っているのだと話していた。「新しい価値を届ける『新たなチャレンジ』においては、ZEH購入ユーザーを対象に、太陽光発電システムプラス電力販売を行っている。当社商品を採用するほど、電気料金がお得になる」と、電力販売にも着手。「また、家電やデジタル機器、玄関ドアや窓シャッターなどの建材までがIoT技術でつながる“Life Assist”の提供も行っている」と、本格発売を前に今年度計画の約1/4の物件で採用見込みなのだと訴える。「さらに、アルミ需要の世界的な拡大から、産業品市場の強化も図っている」と、材料部門の技術・生産能力を活かし、産業品市場を今後さらに強化していくと意気込んだ。

 そして、LIXILの関塚英樹常務が、新商品の概要について説明した。「外と内の暮らしを開放的に心地よくつなぎ、みんなが笑顔になれる窓辺・玄関空間を提供するべく、TOSTEMブランドを復活。第一弾商品として、8月から『LW』を上市する。この窓は、昔の日本の間戸のように外とのつながりを重視した大きな開口を実現しながらも、昨今の主流である断熱性を高めた商品になっている」と、開口が大きくしかも高断熱な商品とのこと。「また、リビングに、外とつながる心地よさをもたらすべく、窓を開けた時には、外と内が一体化し、窓を閉めても、視界を遮ることなく外と内がつながる心地よさを実現した」と、今までにない新しい発想の窓なのだと力説する。

 「そして、上下左右すべてのフレームが室内から見えず、外の景色が開口部いっぱいに広がる」とのこと。「どんな人にも開けやすく、閉めるときも安心な、アシストハンドルを採用。ゆっくり閉まるソフトモーション設計となっている」と、使い勝手と安全面を両立させた窓なのだと強調する。

 「外観を美しく演出するアウターセットも展開。スライドさせて、日差しや外からの視界を調整できる」と、日本の住環境事情に配慮したアウターセットも完備していると話していた。「『LW』には、強度に優れたアルミと、断熱性に優れた樹脂を融合したハイブリット構造を採用した」と、圧倒的な眺望と高い断熱性能を実現した商品なのだとアピールした。

[参考価格]
スライディング フルオープンタイプ Low-E複層ガラス(アルゴンガス入り) 
サイズ:W1690mm×H2030mmの場合 69万100円(税別)
※価格は本体、ガラス、網戸セット価格。消費税、組立代、取付費、運賃等は含まれていない
[発売日]8月1日(水)

LIXIL=http://www.lixil.co.jp/


このページの先頭へ