その他ニュース

バンダイナムコ、Nintendo Switch「プロ野球 ファミスタ エボリューション」を発売、ナムコスターズ新監督に山本昌氏が就任、大型ルーキーとして棚橋弘至選手とKICK THE CAN CREWのMCUさんが入団

2018.04.24 16:10 更新

 バンダイナムコエンターテインメントは、8月2日にNintendo Switch「プロ野球 ファミスタ エボリューション」を発売する。4月23日に行われた新作発表および新監督、大型ルーキー入団会見では、ナムコスターズの新監督に元プロ野球選手の山本昌氏が就任。大型ルーキーとして新日本プロレスの棚橋弘至選手が入団することが発表された。さらに、「プロ野球 ファミスタ エボリューション」の主題歌をKICK THE CAN CREWのMCUさんが担当。発表会で披露してくれた。

 「『ファミスタ』が誕生して、今年で32年目となる。今回、Nintendo Switch対応のゲームソフトとして展開する」と、バンダイナムコエンターテインメントの森口拓真プロデューサーが挨拶。「そして、ナムコスターズの新監督に選手兼任で山本昌氏に就任してもらうことになった」と、森口プロデューサーの紹介にあわせて、山本昌氏が登場。森口プロデューサーと固い握手を交わした。

 「昨年一年間ナムコスターズでプレイしてきて、チームをもっと強くしたいという想いから、選手兼任監督を引き受けることにした」と、新監督としての意気込みを語る山本氏。「『ファミスタ』は第一作目からプレイしているので、チームの戦力を担いながらも、有望な選手のスカウトや育成にも力を入れていく」と、ナムコスターズの強化方針についても言及してくれた。

 次に、森口プロデューサーが大型ルーキーの入団について説明。「山本監督と話し合った結果、パワー型の選手をナムコスターズに迎え入れることにした」とのこと。そして、山本監督から「新日本プロレスの棚橋弘至選手に大型ルーキーとして入団してもらう」と発表されると、棚橋選手が登場。山本監督からナムコスターズのユニフォームが手渡された。棚橋選手は、「小学校、中学校、高校と野球をやっていて、将来の夢はプロ野球選手になることだった。それが今こうして実現できたことをうれしく思う」と、ナムコスターズの一員になれたことに喜んでいた。山本監督は、「パワーがある選手を強化したいと思っていて、個人的に交流のあった棚橋選手に相談したところ、快く引き受けてくれた。ぜひ、クリーンアップを打ってもらいたい」と、ナムコスターズの主軸を担ってほしいと期待を寄せていた。棚橋選手も、「ベンチプレス190kgを上げることができるので、ぜひ、ホームランを目指していく。また、乱闘要員として、全力で監督を守っていく」と、荒れた試合になった場合には、必ず監督を守ってみせると意気込んだ。

 ここで、棚橋選手の実力を推し量るべく、山本監督と棚橋選手で対戦してもらうことになった。Nintendo SwitchのJoy-Conを使って、山本監督が投球モーションに入ると、棚橋選手はバットを構えるポーズでプレイボール。山本監督が渾身のストレートを投げるも、右中間に抜ける鮮やかなヒットを打った棚橋選手。1打席勝負のはずが、3球勝負にまで拡大してしまった。それでも棚橋選手は、山本監督からしっかりヒットを打ち、ご満悦な様子。「監督と対戦できて本当に良かった」と、監督からきれいにヒットを打つことができてうれしそうだった。

 では、「プロ野球 ファミスタ エボリューション」の詳しい内容について見てみよう。「今回、収録選手が大幅に進化。NPBに所属する選手は538名。球団マスコットも24体に増加して収録。このほか、独立リーグや日本女子ソフトボールリーグ、東京六大学リーグ、名球会、OBクラブ選抜、日本女子プロ野球リーグと全1000名を超える選手やキャラクターが収録されている」と、大幅にアップしたと森口プロデューサーが解説。「操作性も進化し、従来のコントロールだけでなく、Joy-Conを使ったアクション操作も可能になった。さらに、最大4名でのプレイが可能で、カメラアングルも2種類用意し、好みの画面でプレイすることができる。そのほか、野球とRPGを組み合わせた選手育成モードも搭載。オンライン対戦も可能となっている」と、これまでにはなかったゲーム要素も盛り込まれているとのこと。「期間限定特典には、ダウンロードゲームとして、懐かしのファミスタを最新選手データで遊べる『スーパーファミスタレトロ2018』が手に入るダウンロード番号も付属している」と、豪華な特典セットにも注目してほしいと話していた。

 また、「『プロ野球 ファミスタ エボリューション』では、産学連携プロジェクトとして、ヒューマンアカデミーとコラボレーション。イラストと一部BGMを総合学園ヒューマンアカデミーの生徒に製作してもらった」とのこと。そして今回、学校を代表し、総合学園ヒューマンアカデミー横浜校の先生と生徒が登壇。天振光史講師は、「ゲームの製作に生徒が参加することができ、貴重な体験ができたのではないかと思っている。また、横浜ベイスターズのイラストなどを担当。地元にゆかりのある球団に携わることができた点もよい思い出になったと思う」と述べていた。

 ゲームカレッジ/グラフィックス専攻2年生の宮本珠緒さんは、「決まり事や細かい修正も多く大変だった」と、非常に苦労したとのこと。「ゲームを製作するうえで、どのようなことに気をつければよいか、とても勉強になった」と、今回の経験を活かし、さらに勉強に励みたいと語っていた。

 さらに、森口プロデューサーが、「『プロ野球 ファミスタ エボリューション』では、今回初めてテーマソングを製作。楽曲をKICK THE CAN CREWのMCUさんに依頼した」と、MCUさんを紹介すると、テーマソング「ファミスタ エボリューション」を披露してくれた。そして、山本監督からMCUさんにユニフォームが手渡され、ナムコスターズへの入団が決まった。MCUさんは、「小学校の頃からファミスタをプレイしていた。新作は、昔の要素も取り込みつつ、さらに進化しているので、今から発売が楽しみで仕方がない。そんな野球ゲームの原点ともいえるファミスタのチームに入団することができて興奮している」と、少年のように目を輝かせながら喜んでいた。

 この後、「プロ野球 ファミスタ エボリューション」の新マスコットキャラクター ブラックファミスタちゃんが、マスコットキャラクター ファミスタくんと一緒に登場。ただし、棚橋選手から、「ファミスタくんのスタイルは細すぎる」とダメ出しされて、「新日本プロレスの若手選手と鍛えなおしてほしい」と、ファミスタくんが、新日本プロレスの道場でトレーニングすることが決定。トレーニングをしている模様は、逐一動画で配信されるという。この動画の閲覧数がアップすると、ゲーム内のファミスタくんもパワーアップするという、連動型企画になっていると教えてくれた。

 新たなコラボ企画としては、「築地銀だこ」と「プロ野球 ファミスタ エボリューション」がコラボレーション。今年の夏ごろを目途に詳細を報告するという。さらに、オリックスバッファローズともコラボレーション。8月2日に大阪・京セラドームでファミスタナイターを開催。始球式には“やまもも”として山本監督が登板することが発表された。山本監督は「アウトローで見逃し三振を取りに行く」と、現役時代を彷彿とさせる球で、現役打者を驚かせたいと意気込んでいた。【PR】

[小売価格]
通常版:6100円
ダウンロード版:6100円
(すべて税別)
[発売日]8月2日(木)

バンダイナムコエンターテインメント=https://www.bandainamcoent.co.jp/


このページの先頭へ