その他ニュース

アツギ、コンビニエンスストア専用のパッケージを開発、「アスティーグ」のコンビニ展開に活用

2018.03.12 11:50 更新

 ストッキング製造販売のアツギは、コンビニエンスストア専用のパッケージを開発した。販売ルート別戦略に注力するアツギは、今年度にコンビニエンスストアの専門支店を新設し、コンビニ向けの提案を強化している。今回の専用新パッケージはコンビニ特有の狭小スペースへの戦略的提案として業界に先駆けて開発したもので、コンビニエンス各社の売上効率アップに貢献する。専用新パッケージはアツギの主力ブランド「アスティーグ」のコンビニ展開に使用し、4月1日から店頭展開する。

 日本のストッキング市場では、中台紙とともに商品をたたんで台紙に挟み、PP袋に入れた幅14cm、高さ22~23cmの包装が一般的となっている。売場スペースに制約のあるコンビニエンスストアでは近年、同様の包装のまま小さくしたもの(幅12cm、高さ22センチ、写真中)がスタンダードな仕様・サイズとなっており、アツギもこれに準じている。

 今回のコンビニ専用パッケージは、包装形態自体を見直したもので、中台紙・台紙をなくして商品を小さくたたみ、小型のフィルムパッケージに収納する形にした。幅10cm、高さ18cmと現行のコンビニパッケージに比べてさらに小さくなった。

 新パッケージは、単なる小型化に留まらない戦略的なサイズ設計を行った。現在コンビニエンスストアのストッキング売場では、従来型のパッケージを商品棚に平たく積み上げる陳列が一般的になっている。この方法はスペース効率が良い反面、お客様の目線にパッケージが正対しないことや、上の棚板に隠れてパッケージ全面が見えないことから、商品訴求力が損なわれることが課題となっていた。

 そこでコンビニ専用新パッケージは、同等のスペース感で、パッケージの表全面をフック掛けで見せながら陳列可能なアイテム数は現行パッケージとほぼ同数を維持できる、戦略的なサイズにした。具体的には現行パッケージで7列×4段の平置き陳列(フェース数は28)が出来ていたスペース内で、パッケージ表全面、つまり訴求文言全てを見せる形で、9列×3段(フェース数は27)のフック掛け陳列が出来るように設計した。

 専用新パッケージで従来売場を構成すると、1フェース減少するものの、パッケージ表全面を見せられることのメリットが1フェース減少のデメリットを相殺し、上回る見込みとのこと。というのも、ストッキング専業メーカーであるアツギの70年に渡る経験値では、パッケージが消費者に正対している場合と平積みにしている場合を比較すると、前者の方が売上が明確に改善することが期待出来るためだという。今回のコンビニ専用新パッケージは、現状のスペース感の中でフェース数をほぼ維持しながらも、商品訴求力を損なわないフック掛け販売を可能にすることで、売上アップに貢献するとしている。
 今回の専用新パッケージは、什器を使用しない場合も棚板に置いて販売できる自立型となっている。陳列変更にも柔軟に対応する。

 専用新パッケージはコンパクト化によって、持ち運びがさらに容易になった。また、中台紙を使用しないパッケージなので、商品を取り出しやすいことも利点の一つとなっている。伝線による緊急購買の来店が多いコンビニ顧客のニーズにマッチした包装形態となっている。
[展開日]4月1日(日)

アツギ=https://www.atsugi.co.jp


このページの先頭へ