その他ニュース

トリンプ、二重構造の「ハリ感メイクシート」でよりふっくらバストを叶える「天使のブラ 魔法のハリ感」の春夏新商品を発売

2018.02.14 15:47 更新

 トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、昨年秋冬にデビューをした「天使のブラ 魔法のハリ感」の今年春夏新商品を、2月15日から、全国のトリンプ製品取り扱い店で順次発売する。

 1994年にデビューした「天使のブラ」は、“自分のバストをより美しく魅せるためにバストシルエットをメイクする”という考え方を日本で初めて打ち出した商品とのこと。理想のバストメイク機能にこだわり、時代のニーズやファッショントレンドにあわせて進化を遂げながら、女性たちの支持を集め続け、昨年12月には、シリーズ累計販売枚数2000万枚を突破した。

 「天使のブラ 魔法のハリ感」は、年齢を重ねて変化したバストシルエットが気になる女性に向けた新シリーズ。バストを下からしっかり引き上げ内側に寄せる二重構造の「ハリ感メイクシート」と、バストを下からしっかりプッシュアップする3Dソフトパッドで、まるで“魔法”のようにハリ感のあるふっくらとした胸元をメイクし、美しいバストを叶える。今シーズンのデザインは、カップ上部をよりふっくらした胸元に“魅せる”カービーカッティングを採用。胸元の開いたファッションも自信を持って着こなせる。

 手元や首元は加齢による見た目が気になるサインと言われますが、デコルテラインもそのひとつ。年齢による体型変化を感じ始め、「バストの位置が下がってきた」「バストにハリがなくなってきた」など、バストの「そげ」を感じる女性は多くいるという。またバストシルエットの変化は、ファッション選びにも影響する。「天使のブラ 魔法のハリ感」は、そんなバストシルエットに自信がなくなってきた女性に向けて、ふっくらとした“ハリ感”のある胸元をメイクすることで、自分の胸元に自信を持って、ファッションを楽しんだり、積極的なライフスタイルを実現してほしいという思いから昨年8月に誕生。多くの女性から共感と好評を得ているという。

 トリンプでは、「天使のブラ 魔法のハリ感」の発売にあたり昨年7月にバストの“そげ”に関するアンケート調査を実施したところ、20代後半から非常に多くの女性が“そげ”を感じていることがわかった。また、バストの“そげ”を感じるポイントは、「バストの位置が下がった」や「バストのハリがなくなった」となっており、ブラジャーのカップサイズには関係なく“そげ”を感じているようだ。

 今回発売する「天使のブラ 魔法のハリ感」の特徴として、「ハリ感メイクシート」は二重構造で、バストを下からしっかり引き上げる外側の「リフトアップパーツ」と、内側のしっかり寄せる「プッシュインパーツ」で、ふっくらとしたハリ感のある胸元をメイクする。3Dソフトパッドでバストを下からしっかりプッシュアップするとのこと。保形性に優れたカップ素材「エンジェルクッションライト」を使用。ふっくら胸元を魅力的にみせるカービーカッティングとなっている。背中部分上辺はマイクロファイバーを使用したのヘム仕様で、背中の段差を軽減してくれる。シンプルなストラップで、アウターから見えても大丈夫だとか。

[小売価格]
B、C:6372円
D~F:6912円
(すべて税込)
[発売日]2月15日(木)

トリンプ・インターナショナル・ジャパン=http://www.triumph.com


このページの先頭へ