その他ニュース

しまむらと小林製薬、「制菌」加工を施したレディース・メンズ肌着「CLOSSHI ニオわなインナー」を開発

2018.02.08 18:44 更新

 しまむらは、小林製薬と共同で、抗菌剤「KOBA-GUARD(コバガード)」を活用し、「制菌」加工を施したレディース・メンズ肌着「CLOSSHI(クロッシー)ニオわなインナー」を新開発し、全国のファッションセンターしまむらで発売を開始した。

 「CLOSSHI(クロッシー)ニオわなインナー」は、“衣類”のしまむらと“消臭”の小林製薬が手を組むことで、消費者の「あったらいいな」を「しまむら安心価格」で実現した商品となっている。

 汗をかいたまま放置したり、通気性の悪い服を着ていると、蒸れて細菌が繁殖しやすくなり、臭いが発生する。一般的な抗菌加工は、菌の増殖をある程度抑えるが、菌は増殖し続ける可能性があるという。「CLOSSHI ニオわなインナー」は、抗菌剤「KOBA-GUARD」を活用し、繊維に「制菌」加工を施しているため、菌を増殖させないとのこと。これによって、細菌が原因の汗のイヤな臭いの発生を抑制することが出来る。

 レディースは「なめらかな触り心地」と「ストレッチ性」が、メンズは「さらっとした触り心地」と「軽さ」が特長で、「制菌」だけではなく着心地にもこだわった商品となっている。

[小売価格]
カップ付タンクトップ:1500円
カップ付キャミソール:1500円
タンクトップ:780円
キャミソール:780円
フレンチスリーブインナー:780円
ショーツ:480円
サニタリーショーツ:580円
(すべて税込)

しまむら=https://www.shimamura.gr.jp
小林製薬=https://www.kobayashi.co.jp


このページの先頭へ