その他ニュース

ボーネルンド、独の老舗メーカー「シギキッド」社から「うららか森のなかまたち」を春季限定で発売

2018.01.30 20:44 更新

 ボーネルンドは、世界中の親子に愛される独の老舗メーカー「シギキッド」社から、春の陽だまりの中でたくさん遊んで健やかに育つようにという願いが込められたシリーズ「うららか森のなかまたち」を、2月1日から春季限定でボーネルンドショップ全店と同社オンラインショップで発売する。

 「うららか森のなかまたち」は、プレイマットやお出かけ用の手遊びラトル、手遊びトイ、歯固めなど、豊富なラインナップの中から、赤ちゃんの発達段階や興味に応じたあそび遊具を選ぶことができるシリーズとのこと。柔らかく肌触りの良い布製で、全て手洗いができて清潔に保てるので、月齢の低い赤ちゃんにも安心だとか。また、同シリーズの遊具は縁起の良い「ふくろう」をメインのモチーフとしており、出産祝いとして、特別感のある贈り物を渡したいと考えている人にもおすすめの遊具となっている。

 日本では赤ちゃんのおもちゃにあまり用いられることがないふくろうだが、ヨーロッパではふくろうは英知の象徴とされており、「賢い子に育ちますように」という願いのこもった、赤ちゃんへの贈り物として人気が高いモチーフとなっている。また、日本では「不苦労」という縁起の良いモチーフのふくろうは、「生涯苦労しませんように」という願いもこめられる。文化を越えて良い意味を持つふくろうのデザインは、心のこもった贈り物としてぴったりだとか。

 「森のプレイマット」は、森の動植物が描かれた大ぶりなプレイマット。新生児から使えて、赤ちゃんの安心できる居場所になるという。柔らかく安全なミラーや歯固め、パリパリ音が鳴る素材など、森を探検するときのようにわくわくする仕掛けが盛りだくさんで、赤ちゃんの五感を刺激する。洗濯機で洗えて清潔に保てるため、なんでも口に入れて確かめる赤ちゃんにも安心だとか。畳めるので収納しやすく、裏面は撥水加工されているので、おむつ替えマットとして使えることも嬉しいポイントとなっている。

[小売価格]1万2800円(税別)
[発売日]2月1日(木)

ボーネルンド=https://www.bornelund.co.jp


このページの先頭へ