その他ニュース

DCMホールディングス、デザインやテイストを統一した秋冬シリーズ「DCMトータルコーディネートシリーズ」を発売

2017.09.13 10:04 更新

 DCMホールディングスは、部屋のコーディネートを促す新たな取り組みとして、商品の垣根を越えてテーマごとにデザインやテイストを統一した秋冬シリーズ「DCMトータルコーディネートシリーズ」を9月下旬から順次、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ店舗で販売する。

 ホームセンターの売り場では、商品の種類の豊富さから様々なデザインの商品が点在しており、購入時に他商品との組み合わせで悩むことや、部屋のイメージや模様替えにあわせた商品選びに時間がかかってしまうといった声が消費者から寄せられていた。消費者のより快適なショッピングや商品選定をサポートするため、同社ではトータルコーディネートのプロジェクトチームを新たに立ち上げ、各商品カテゴリを越えた商品開発や環境整備に取り組んできた。同プロジェクトでは、商品カテゴリを横断して商品企画・開発を行うことで、カテゴリごとに点在していた商品デザインやテイストを統一するとともに、ライフスタイルにあわせたテーマを設けDCMオリジナルのトータルコーディネートシリーズとしてシーズンにあわせて展開していくという。

 「DCMトータルコーディネートシリーズ」の第一弾は、秋冬のテーマとしてホームメイド・エレガント・クラシックの3つを採用し、こたつ布団やラグ、座いすなどのリビング用品を6品目、合計65点のデザインを取り揃える。さらに、各テーマの商品パッケージの統一や、売り場でのパネル展示、コーディネート例を掲載したカタログなどを設け、売り場の離れた商品のトータルコーディネートを提案する。これによって、生活空間の配色やコーディネートを意識した商品選びがしやすくなり、部屋づくりをサポートするという。

 2017年秋冬テーマ「ホームメイド」では、主にファミリー層に向け、機能性と求めやすい価格設定、家族の団欒をイメージしたコーディネートとなっている。2017年秋冬テーマ「エレガント」では、主に女性をターゲットとし、見た目や質感にこだわった商品を充実させた、トレンドやファッション性の高いコーディネートとのこと。2017年秋冬テーマ「クラシック」では、世代や性別を越えて、流行に左右されることなく好みのスタイルを貫ける商品を充実させた、インテリアに馴染むベーシックなコーディネートとなっている。

[発売日]9月下旬から順次

DCMホールディングス=https://www.dcm-hldgs.co.jp


このページの先頭へ