その他ニュース

Elex、「CLASH OF KINGS ~五つの掟~」3周年オリジナルドラマ告知新CMを公開、主役である"リーダー"を沢村一樹さんが熱演

2017.08.03 13:36 更新

 Elexは、全世界1億ダウンロード突破のスマートフォン・タブレット向けゲームアプリ「CLASH OF KINGS(クラッシュ オブ キングス)」のWEBオリジナルドラマ告知“新CM”を、8月4日から東京・大阪・名古屋地区で順次放映を開始する。

 同CMでは、ドラマに出演する主演の沢村一樹さん、柳ゆり菜さん、温水洋一さん、阿部進之介さん、岡本夏美さん、勝矢さんなど、豪華キャストの面々が「CLASH OF KINGS」の登場人物をイメージしたキャラクターに扮して登場。個性豊かなキャストたちが演じることで、各キャラクターの特徴が存分に引き出され、ゲームの世界がリアルに再現されている。ゲームの中で鍵となる「掟」をテーマにしたドラマは全部で5話の構成。予告となるCMは、映画の予告編のような壮大な仕上がりになっている。

 ゲーム「CLASH OF KINGS」をテーマにしたオリジナルドラマの脚本は、吹原幸太さんが担当。監督はYuki Saitoさんが務めた。主役である“リーダー”を演じたのは、俳優の沢村一樹さん。その他、セクシー女役には柳ゆり菜さん、セクシー男役に温水洋一さん、ピース役に岡本夏美さん、ミステリアス役に阿部進之介さん、ワイルド役に勝矢さんといった豪華なメンバーでゲームの世界観を再現している。

 このドラマは、“5人のキングと5つの掟”にまつわる内容で、個性溢れる5人による同盟の掟をテーマにした5話構成となっている。思わず吹き出してしまうユニークな演技と切り口で話が展開していくが、エンディングのシーンではほっこりと心が温まる仕上がりとなっている。1話目の掟は、「レディのお城は男全員で助けること」。柳ゆり菜さん演じるセクシーが城を狙われ、沢村さん率いる同盟に助けを求める。3日連続狙われている城に対し、さすがに他のメンバーは「城を強化しろよ」と不満げなのだが、沢村さん演じるリーダーは「掟は絶対だ」と主張。メンバーからは、「セクシーが色っぽいからだろ!」と助ける理由を指摘され、動揺を隠せないリーダー。しかし、そのセクシーが実は、メンバー全員が驚愕する秘密をもっていた・・・。個性溢れる役者ばかりなのだが、それぞれが役柄にはまり、1話終えたあとには次も見たいと思える、見逃せない作品となっている。今回のCMは、このWEBドラマの告知CMとなっており、このドラマが気になって仕方がないと感じる、まるで映画の予告編のような豪華な仕上がりとなっている。

 撮影の初日、早朝の早い入り時間にも関わらず、爽やかに落ち着いた様子でスタジオ入りした沢村さん。衣装・髪型は、ゲームの世界感を再現した古代ヨーロッパのキングをイメージ。衣装を身にまとった沢村さんはとても凛々しく、女性・男性問わずスタッフからは思わず「かっこいい・・」という声が漏れてしまうほど。スタートは、同盟の5人が勢揃いのシーンから。時間が経つにつれ、共演者みんなが打ち解け、撮影の合間では沢村さんを中心に、互いの衣装のことや顔の濃さの話題で仲良く談笑し、和やかな雰囲気で撮影が進んだとのこと。第1話の見どころとなる、沢村さんが“ついついセクシーの色っぽさに気を取られてしまう”というシーンの撮影が行われたが、休憩中は一切セクシーに気を取られない沢村さん。しかし、いざ本番になると、本当にセクシーの色っぽさに気を取られているような、うろたえた演技に出演者・スタッフを含め大爆笑となる一幕があった。

 午後には、1話のキーパーソンとなる温水さんがセクシーの衣装を身にまといスタジオ入り。それだけで、出演者・スタッフの中で笑いが巻き起こった。沢村さんと温水さんが絡むテストシーンでは、アドリブで「温水このやろー!」と殴りかかり、スタジオ中が再び笑いに包まれた。

 2日目も同じセットでの撮影だったが、別話の撮影となり、昨日とは違う出演者とのスタートとなった。ピースの祖父役を演じる俳優のキャラクターが濃く、リハーサルでは予想もしないハプニングが続出し、笑いをとると、沢村さんは「すべて採用でいいんじゃないか」と優しくフォロー。この日も和気あいあいとした雰囲気の中、撮影が進んでいった。さらに、この日はピース一家のペットであるポチ役の“すもも”が登場。「かわいい」と出演者・スタッフから大人気。連日の疲れを癒す存在となり大活躍していた。また、2日目の5人が集結するシーンでは、アドリブのシーンもあり、打ち解けあったメンバーは、まるで本物の仲間のような掛け合いで、明るいシーンを創りだしていした。

 最終日は、1日目、2日目とは異なった現場・衣装で撮影がスタート。3日間ともに撮影をしてきた団結力によって、一発OKを続出。順調に撮影が進んだ。沢村さんのクランクアップの際には、全員が集合して、花束を贈呈。沢村さんは、「ほとんどの人が初共演だったが、和気あいあいとした現場で、撮影の楽しさを思い出させてくれた作品。共演者全員が本当のゲーム仲間のようで、作品の完成が楽しみ」と挨拶していた。

 主演のリーダーを演じた沢村一樹さんに、撮影の感想などを聞いた。「かなり大変だった。とにかく暑かった。ただ、このゲームが持っている世界観を表現したかったので、スタッフのみんなが苦労して作ったこの甲冑を着て、汗だくで、一生懸命やっているこの感じは、映像を見て伝わるんじゃないかなと思う。また、普段使用しないような高級機材を導入して、撮影を行っているのでその点も映像で楽しんでもらいたい」と、過酷な撮影現場の様子を紹介。

 演じた役柄との共通点については、「どこか最後に詰めが甘くて、抜けてるところは僕にそっくり」とのこと。オリジナルドラマに出てくる「五つの掟」だが、現実の生活の中で、どの掟が一番重要だと思うかとの問いについては、「現実の世界でいうと、“義理人情を大事にし、仲間を信じること”は、僕に一番欠けていること。だけど、意外と“自分たちから攻撃を仕掛けないこと”の掟は好き。そのルールを自分の中でつくることで、工夫が生まれてくるのかなと思う。今回のエピソードの中でも気に入っている」と語っていた。

 沢村さん自身の中で決めて、大事にしている掟はあるのだろうか。「いくつかあるが、家の中では、“立って用を足すな”っていうのが絶対の掟。5人家族のうち、4人が男なのだが、これは徹底している。あとは、日常で心掛けているのは、バスが発進するときに右のウィンカーを出したときは、絶対に止まる。バスには譲る。これは僕にもそうだし、マネージャーにも徹底させている。こちらは二人しか乗ってないのに、あちらは何十人も乗っている。今までの歴代のマネージャーにも厳しく仕込んでいる」とコメントしていた。

 印象に残っているシーンとして沢村さんは、「今回、ハードな撮影が多かったので、あまり振り返りたくないが、基本的にゲームの世界観を反映しているので、楽しい作品になっている。その中でも、ちょっとズーンときたり、キュンときたり、何も考えずに笑えるシーンがあったりと、メリハリある流れを意識して、各エピソードにそれぞれ緩急をつけてやったつもりなので、エピソードごとに楽しんでほしい」と述べていた。

 企画の見どころについて沢村さんは、「今回、撮影スタッフに一流の人たちを揃えて行っている。そのキャストのキャラの濃さを見てほしい。また、顔の濃さも。僕もだいぶ顔の濃い方に分類される。この作品を見るとわかるのだが、ハリウッド映画なのか、日本なのか、と錯覚を覚えるくらい。そういったキャスティングのおもしろさも見てもらいたい」と語っていた。

 衣装を実際に着てみての感想については、「“暑い”のひとこと。ただ自分では見えないのだが、他の共演者たちを見て、それぞれキャラクターに合わせた衣装になっていて、かっこいいと思ってみていた。阿部君の衣装も彼の彫刻みたいな顔に合っているし、ただ自分の衣装姿を見ていないので、映像を見て楽しみたいと思う」と、自身の出で立ちはオリジナルドラマで確認すると話していた。【PR】

[概要]
タイトル:クラッシュ オブ キングス
ジャンル:城育成シミュレーションRPG
対応機種:iOS 7.0以降。iPhone、iPadおよびiPod touch/Android
配信日 配信中
価格:アイテム課金型(基本プレイ無料)

「クラッシュ オブ キングス」公式サイト=http://clashofkings.jp/specialcontents1708
「クラッシュ オブ キングス」スマートフォン=http://clashofkings.jp/sp/specialcontents1708


このページの先頭へ