その他ニュース

ユニ・チャーム、「おへそ」まで覆う「ムーニーマン エアフィット」Lサイズを改良し発売

2017.08.28 15:59 更新

 ユニ・チャームは、ベビー用紙おむつ「ムーニー」から、股下からお腹までの長さを長くし、モレにくさを追求した「ムーニーマン エアフィット」Lサイズを新改良し、9月下旬から発売する。

 近年、育児と仕事を両立する忙しいママが増え、赤ちゃんに使用する紙おむつにおいては、履かせやすくモレにくい商品が求められる傾向にある。同社「ムーニー」は、肌に優しい素材とフィットする構造を月齢別に搭載し、モレにくい紙おむつとして消費者から高い評価を得ているとのこと。一方、最近の調査から乳幼児期のぽっこりしたお腹と、活発な動きに伴って紙おむつがズレ下がることに対し、「モレそうで心配」「半分お尻が見えることがある」という声が寄せられた。また、ズレさがった紙おむつによって、お腹にかかる負担も高いことが明らかになった。

 そこで今回、赤ちゃんにとってさらに理想的な環境を追求し、おへそまですっぽり覆いモレにくさを追求した、「ムーニーマン エアフィット」Lサイズを、9月下旬から発売する。

 同品は、従来品に比べて長さを3%アップ、おへそまですっぽり覆うことで、モレにくさ向上した。お腹まわりの締め付けを18%低減し履き心地が快適だという。お腹まわりのゴムの応力を調整し、これまで以上に履かせやすいとのこと。隙間ができやすい足周りの内側に、あんしんロングガードを搭載し、モレも安心だとか。特許技術“ま~るく包み込む吸収ゾーン”を吸収体部分に搭載している。吸収部分が動きに合わせて体を包み込むから、隙間ができずモレも安心となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月下旬

ユニ・チャーム=http://www.unicharm.co.jp


このページの先頭へ