その他ニュース

UcarPAC、中古車買取店1000店突破と日本全国へのサービス対象エリア拡大決定を記念し、イメージキャラクターにローラさんを起用

2016.12.14 17:45 更新

 中古車売買の仲介事業を行うUcarPACは、同社の自動車買取サービス「ユーカーパック」の中古車買取店1000店突破と、2017年1月からサービス対象エリアを日本全国に拡大することが決定したことを記念し、モデルでタレントのローラさんをイメージキャラクターに起用すると発表した。

 ユーカーパックは、1回査定を受けるだけで、多くの買取会社や販売会社から買い取り見積り金額の提示を受けることができる日本初の買取査定代行サービス。今年4月に首都圏の1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)でスタートし、買取希望の顧客が査定を受けられるユーカーパックの取次店は225拠点(12月1日現在)と拡大している。また、顧客のクルマに入札をして買取をする中古車買取店も全国で1000店舗(12月14日現在)が参加しているという。そして、2017年1月からは、サービス対象エリアを首都圏中心から日本全国に拡大することを決定した。

 今回、このサービス拡大を記念して、モデルでタレントのローラさんをイメージキャラクターに起用する。ローラさんの圧倒的な先進性、クリエイティブ性、チャレンジ性と、ユーカーパックの業界を革新していく他に類をみない先進性、斬新なビジネススキームがマッチしていると判断し、イメージキャラクターへの起用となった。イメージキャラクターのローラさんが登場する広告ポスターや店頭パネル、ホームページは12月14日から順次展開される予定だ。

 従来まで日本の中古車流通は、ネット広告会社>買取会社>オークション>販売会社>媒体会社など多くの会社が流通に関与する多重構造となっていることから、流通のコストが下がらない構造的な問題を抱えていた。そこで、ユーカーパックでは、iPadに専用アプリを搭載した独自査定端末「UIS」(UcarPAC Inspection System)を開発し、査定の標準化と査定結果情報のデータ化を実現。データ化した査定情報を流通することで、既存の流通構造を効率化するとともにユーザーの費用負担の軽減を図り、クルマを売りたい人はより高く売ることができ、クルマを買いたい人はより安く買うことができる、消費者にとってより安心でお得な新しい中古車流通のカタチの構築を目指しているとのこと。

 ユーカーパックの自動車買取サービスの特徴は、1度の査定でクルマの買取価格がグングン上がる点。クルマを高く売るには複数の会社に買取価格を競わせる必要があるが、たくさんの会社をまわって査定を受けたりするのは非常に大変だ。ユーカーパックであれば、1度の査定で最大1000店から買取価格の入札が受けられるのでクルマを高く売ることができるという。買取店には個人情報を一切公開することなく、車両情報のみの公開で複数の店舗から入札を受けられるため、安心して利用できる。また、しつこい営業を受けることもなくクルマを高く売ることができる。

 今後もユーカーパックは、中古車査定のイノベーションを通じて、中古車流通の革新を実現していく考え。

UcarPAC=http://www.ucarpac.co.jp/
自動車買取サービス「ユーカーパック」=https://ucarpac.com/



このページの先頭へ