医療最前線

最強クラスの寒波到来で冷え込む日本列島、「温度落差」による急激な体の冷えに要注意、フリースなどを活用して常に暖かい服装を

2018.01.11 16:54 更新

 日本列島に過去最強クラスの寒波が到来し、全国的に厳しい寒さが続いている。冬本番を迎え、寒さが本格化する中で、日常生活で気をつけたいのが「気温落差」による急激な体の冷えだ。暖房が効いたオフィスや家からの外出時、運動の後など、環境温や発汗への衣服対応が難しく、体を冷やしてしまう場面が冬の日常には多いという。そこで今回、ユニクロでは、「温度落差」に関する実証実験を行い、急激に体を冷やすとどのようなリスクがあるのか、そのリスクから体を守るためにはどのような服装が最適なのかを、各専門家に聞いた。

 冷えの専門家として活躍している国際医療福祉大学大学院 リハビリテーション学分野 教授で医学博士の前田眞治先生は、「日常的に寒暖差を多く経験する冬場は危険な季節。環境温の変化による『温度落差』で血管が収縮し血圧が急激に上昇することで、さまざまな疾患を引き起こすリスクがある」と指摘する。ユニクロでは、この指摘を踏まえ、前田先生監修の「落差指数」をもとに、冬の日常に潜む血圧が急激に上昇する危ないシチュエーションについて実証実験を行ったという。


冬の浴室でのヒートショック症状に要注意、お風呂の前後に飲むミネラル入り麦茶がヒートショックの予防策に

2017.12.14 17:06 更新

 12月も半ばになり、季節はいよいよ冬本番。ウェザーニュースによると、12月は寒波の襲来で、全国的に平年よりも気温が低く、北日本や日本海側では大雪となる恐れと予測している。寒くなると注意したいのが、温度差によって起こる肉体的ショック症状「ヒートショック」。ヒートショックにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳梗塞が起きて突然死してしまうケースは後を絶たないのが実状だ。とくに、ヒートショックを起こしやすいタイミングとしてあげられるのはお風呂に入るときの、脱衣所で冷えた身体で熱いお風呂に入る瞬間といわれている。そこで今回、お風呂の専門医である東京都市大学人間科学部教授の早坂信哉先生に、ヒートショックを起こさない健康的なお風呂の入り方をアドバイスしてもらった。

 消費者庁の調べによると、近年、家庭の浴槽での溺死者数は増加傾向で、平成27年に4804人となり、平成16年の2870人と比較すると11年間で約1.7倍となっている。また、入浴時の事故死は12月~2月が全体の5割を占めており、その原因の多くがヒートショックといわれている。では、健康に良い一方で、事故につながる危険な側面を持ち合わせるお風呂において、安全な入浴タイムを過ごすにはどのようにしたらよいのだろうか。


佐藤製薬、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを開催、外用局所麻酔薬の使用で小児患者の注射の痛みを予防

2017.12.08 15:07 更新

 佐藤製薬は、12月13日に発売を予定している外用局所麻酔薬リドカイン・プロピトカイン配合貼付剤(製品名:エムラパッチ)の紹介を兼ね、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを12月5日に開催した。セミナーでは、この領域を長年研究している日本大学麻酔科教授の加藤実先生が基調講演を行った他、国立成育医療研究センター 小児がんセンターの富澤大輔先生と聖路加国際病院小児総合医療センター小児看護専門看護師の平田美佳先生を招き、加藤先生を加えた3名によるトークセッションが行われた。

 「当社は、外用局所麻酔剤として『エムラクリーム』を先行販売しており、透析の患者を中心に順調に利用が広がっている。患者や医療従事者からは、『エムラクリーム』のおかげで透析が楽になったという声が寄せられている」と、佐藤製薬の佐藤誠一社長が挨拶。「今回発売する『エムラパッチ』は、『エムラクリーム』の効果はそのままに、貼るだけで処方できる簡便な局所麻酔剤となっている。とくに、小児医療において注射針穿刺時の痛みや恐怖感の緩和に貢献できると考えている。また、一型糖尿病や血友病の患者が『エムラパッチ』によって毎日の注射の痛みを軽減し、生活の質向上につながることを願っている」と、「エムラパッチ」を発売する意義を述べた。


塩野義製薬、糖尿病患者の意識と行動について実態調査を実施、継続治療に向けてトータルケアの重要性を提言
2014.02.26 19:33 更新
ノボノルディスクファーマ、インスリン治療を行う糖尿病患者の血糖値コントロール意識調査結果を発表、HbA1c目標値を知りながら7割が未達
2014.02.26 14:58 更新
くすりの適正使用協議会、中学校における医薬品教育の実態と課題についてメディア勉強会を開催、中学生の母親の医薬品に関する意識調査も発表
2014.02.21 20:10 更新
大正富山医薬品、骨粗しょう症治療薬ラッシュの中での各製剤の最新レビュー、それぞれの特徴を踏まえた使い分けの重要さを確認
2014.02.19 20:53 更新
日本イーライリリー、成人期AD/HD当事者を対象とした国際調査結果を発表、医療機関・治療選択肢などの充実を望む声が多数に
2014.02.14 19:16 更新
日本イーライリリー、骨粗しょう症の治療薬として期待度が高まる骨形成促進剤の臨床データや市販後調査の中間報告を発表
2014.02.07 20:40 更新
アイ・エム・エス・ジャパン、医療ビッグデータの現状と課題についてセミナーを開催、医療サービスの向上やコストの可視化の可能性に期待
2014.02.07 10:24 更新
ヤンセンファーマ、成人期の注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の症状・診断と新たな治療選択肢についてセミナーを開催、成人期に露見する症状などを詳しく解説
2014.02.03 10:22 更新
Smartheart Japan、スマートフォンを介し心電図を伝送できる家庭用ポータブル心電計「smartheart」を発売
2014.01.29 20:53 更新
「女性の健康週間」プレスセミナーを開催、風疹の流行や卵子老化の問題・母体血を用いた出生前検査について報告
2014.01.28 19:45 更新
ボシュロム・ジャパン、革新的な素材を採用した1日使い捨てコンタクトレンズ「バイオトゥルー ワンデー」(1箱30枚入り)を発売、臨床試験で初期装用感が良好な点や夜まで乾燥感が改善することを確認
2014.01.24 22:47 更新
アデランス、医療向けウィッグ「ラフラ」から衛生面に配慮した「ラフラ・アイフィット プラス」を発売
2014.01.20 10:12 更新
日本赤十字社、はたちの献血キャンペーンが始動、新成人の武井咲さんが引き続きキャンペーンキャラクターに
2014.01.07 19:46 更新
ボシュロム・ジャパン、サプリメント「プリザービジョン2」を発売、急増する加齢による目の病気と予防について啓発
2013.12.13 19:08 更新
バイエル薬品、入間市立金子中学校で「生きるの教室」を開講、がんに対する知識を深めると同時に生きることの大切さを学ぶ
2013.12.12 18:14 更新
日本アルコン、緑内障・高眼圧症の治療剤「アゾルガ配合懸濁性点眼液」を販売開始、患者の負担を軽減する新たな配合点眼薬に期待
2013.11.28 20:22 更新
花王など、毎日の炭酸入浴と30秒ストレッチング併用で歩行機能が向上することを確認
2013.11.22 18:47 更新
富士経済、国内医療用医薬品全体市場の総括分析、2020年にはインフルエンザウイルス治療剤が早期受診患者増や治療剤の適応拡大で325億円に成長
2013.11.22 15:44 更新
サントリーフーズとアクアクララ、家庭用宅配水事業における「サントリー天然水」販売等で業務提携
2013.11.22 15:43 更新
林原、第17回トレハロースシンポジウムを開催、メタボ予防効果や歯周炎の抑制など新たな知見を発表
2013.11.21 20:45 更新

このページの先頭へ