医療最前線

日本看護協会、第9回「忘れられない看護エピソード」朗読会を日本大学病院で開催、「看護の日」PR大使の須藤理彩さんが最優秀作品を心を込めて朗読

2019.05.16 19:40 更新

 公益社団法人日本看護協会は、第9回「忘れられない看護エピソード」朗読会を、5月15日に東京・日本大学病院で開催した。当日は、「看護の日」PR大使を務める女優の須藤理彩さんを招き、第9回「忘れられない看護エピソード」で最優秀賞を受賞した2作品の朗読を行った他、日本大学病院の現役看護師を交えたトークショーでは、自身の体験から忘れられない看護エピソードを語ってくれた。

 「厚生労働省と日本看護協会では、5月12日『看護の日』を含む日曜日から土曜日までを『看護週間』とし、全国各地で看護に関連した様々なイベントを展開している。また、ナイチンゲール生誕200年となる2020年末まで世界的に実施される、看護職への関心度を深め、地位向上を目指す『Nursing Nowキャンペーン』の取り組みにも力を注いでいる」と、日本看護協会の勝又浜子専務理事が挨拶。「今年で9回目を迎えた『忘れられない看護エピソード』では、看護職と一般の人から、合計2629点の看護体験エピソードが集まり、入賞作品20点を選定した。今回、日本大学病院の協力を得て、最優秀作品の朗読会を開催できたことをうれしく思う。作品の朗読を通じて、看護の心を感じてほしい」と、朗読会への想いを述べた。


医療法人桜丘会、「脳神経外科ブレインピアひたちなか」の開院に先がけオープニングセレモニーを開催、茨城県における脳卒中予防の拠点病院に

2019.05.01 13:50 更新

 5月7日から茨城県ひたちなか市にオープンする医療法人桜丘会「脳神経外科ブレインピアひたちなか」(以下、ブレインピアひたちなか)は、開院に先がけ、4月20日にオープニングセレモニーと事前内覧会を開催した。

 オープニングセレモニーは、桜丘会の河野拓司理事長による開会宣言でスタート。「35年前、私が茨城に来たころ、茨城県は脳卒中の発症数が全国でトップ1に近いほど多発していた。この現状を見て、私は一般的な脳外科医の10倍くらいの手術数を重ね、脳卒中の治療に励んだが、現実はなかなか厳しいものだった。このままではいけないと思い、23年ほど前に予防医学を目指し、茨城県で初となるMRIを導入した『脳ドック』を始めた。それ以来、予防医学に徹してきた」と、茨城県の脳卒中患者を減らすべく、予防医学に力を注いできたと話す。


ジェネシスヘルスケア、個人遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia」を開始、「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトについて日本抗加齢医学会と提携

2019.04.25 19:59 更新

 日本最大の遺伝情報データベース(約71万人)を保有する遺伝子検査のパイオニア、ジェネシスヘルスケアは設立15周年の記念事業として、個人遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」を開始する。また、日本抗加齢医学会は、学会に所属する医師、歯科医師、および国家資格を有する医療従事者らが自ら全ゲノム解析を受け、解析結果をアンチエイジング研究に役立てる「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトについてジェネシスヘルスケアと提携する。4月25日に行われた発表会では、それぞれの詳細について説明した。

 「医師、歯科医師、および国家資格を有する医療従事者などが学会に所属しており、加齢現象や老化の研究が進む中、加齢の病的プロセスを予防する抗加齢医学を積極的に介入する方法を基礎医学、臨床医学の両面から追求し実践している。これにより、生活者のQOL(Quality of Life)の向上を図るとともに、抗加齢医療の提供によっていつまでも“ハツラツ”とした健康長寿を国民が享受し、社会貢献できる人口の増大と医療費の抑制に寄与することを目標としている」と、日本抗加齢医学会の堀江重郎理事長が挨拶。「今回、ジェネシスヘルスケアと提携することによって、全ゲノム解析を行い、学会が加齢度の生理データおよび病歴・食事・運動習慣などの加齢調査票を組み合わせて解析することで、アンチエイジングと関連する遺伝子群を探索していく」と、今回の提携の趣旨について説明した。「全ゲノム解析に加えて、遺伝子修飾(エピゲノム)による日本人の遺伝子年齢時計も作成していく」と、様々なデータ解析を行っていくと意気込んだ。「今後、遺伝子解析がベースとなったパーソナライズ医療の進展が見込まれる中で、『アンチエイジング全ゲノム解析』は、世界初の画期的な試みとなる」と、同研究が日本だけでなく世界の人々の健康寿命の伸長に大きく資することを期待していると語っていた。


日本イーライリリー、骨粗しょう症による骨折経験者の半数以上はすぐに骨折に気づかず、骨折原因の骨粗しょう症の治療が重要に
2015.02.02 19:56 更新
EFPIA Japan、革新的医薬品のイニシアティブの経験を共有し日本における研究促進への貢献を約束
2014.12.26 22:27 更新
アンファー、白髪改善の新たな可能性と題し色素細胞の機能性に関わる検討による白髪の最新研究を発表
2014.12.11 18:25 更新
日本イーライリリー、非小細胞肺がん治療における遺伝子変異の有無による薬剤選択の戦略や分子標的薬使用後の化学療法使用のタイミングなどを解説
2014.12.08 19:21 更新
GEヘルスケア・ジャパンと日野市、少子高齢化社会における地域連携モデル作りのためのパートナーシップ協定を締結
2014.11.18 18:25 更新
アボット ジャパン、若年女性の慢性便秘症が増加、自己流の治療の危険性や医療機関の重要性を解説
2014.11.12 19:15 更新
ファイザーとエーザイ、「性差と痛み」に着目した「女性に多い痛みとその最新治療動向」を解説
2014.11.04 11:12 更新
ノボ ノルディスク ファーマ、チーム全員が1型糖尿病患者のプロサイクリングチームが来日、ジャパンサイクルロードレースに参加後都内でイベントに参加
2014.10.21 17:38 更新
エーザイ、気づかれにくい認知症"レビー小体型認知症"に関する実態や治療・ケアの最新事情を紹介
2014.10.10 21:14 更新
Jミルク、牛乳乳製品によるメタボリックシンドローム予防の可能性について紹介
2014.09.30 18:24 更新
アステラス製薬とアストラゼネカ、「チェンジ喘息!Voiceプロジェクト」を始動、乙葉さんと武田双雲さんが医師と喘息患者のコミュニケーションの重要性を説明
2014.09.30 16:23 更新
日本アルコン、最新鋭の手術機器がもたらす白内障治療の進化を紹介、手術のデモに加え白内障に関する調査結果も報告
2014.09.25 23:24 更新
全日本コーヒー協会、第18回コーヒーサイエンスセミナーを開催、コーヒー摂取と脳卒中予測因子との相関性を発表
2014.09.24 11:18 更新
日本アルコン、高い酸素透過性と含水率を誇るコンタクトレンズ「デイリーズ トータル ワン」を発売、菊地亜美さんが装用感を説明
2014.09.19 20:51 更新
サノフィ、新たな前立腺がん治療の選択肢「ジェブタナ」がもたらす去勢抵抗性前立腺がん治療の変化について解説
2014.09.18 19:48 更新
ウーマンウェルネス研究会が発足、各ライフステージごとの健康課題とその対策を知り自らケアすることの必要性を訴える
2014.09.16 19:59 更新
グラクソ・スミスクライン、「第2回 てんかんメディアセミナー」を開催、新規抗てんかん薬の単剤療法の重要性について説明
2014.09.16 19:22 更新
大塚製薬とユーシービージャパン、てんかん「発作」を「見て」学ぶ「てんかん発作ビデオ集」を医療関係者に配布
2014.09.10 20:56 更新
アッヴィとエーザイ、関節リウマチと労働生産性についてプレスセミナーを開催、患者の就業継続における課題や早期薬物治療による医療費削減の可能性を説明
2014.09.09 15:24 更新
城西クリニック、「メンズヘルスクリニック東京」として移転リニューアル、開院記念セミナーでテリー伊藤さんが男性更年期の治療体験を語る
2014.09.03 21:55 更新

このページの先頭へ