医療最前線

自宅時間が増える今年の秋は「熱中症」と「血栓」の健康リスクに要注意、適度な運動・入浴に加え「ミネラル入りむぎ茶」によるこまめな水分&ミネラル補給で対策を

2020.09.17 15:15 更新

 新型コロナウイルスの影響で、自宅や室内で過ごす時間が増えたため、今年は暑さに体が慣れていないことに加え、運動不足なども重なり、残暑が続く秋も「熱中症」や「血栓」といった健康リスクに注意が呼びかけられている。これらの健康リスクへの対策としては、十分な睡眠や栄養バランスが挙げられるが、意識的に行うべき対策として、汗をうっすらかく適度な運動や入浴と共に、ミネラル入りむぎ茶を少しずつ継続的に飲む「点滴飲み」が推奨されている。そこで今回、ノザキクリニック院長の野崎豊先生に、この秋の健康リスク「熱中症」と「血栓」に有効な対策法を教えてもらった。

 今年は、自宅時間が増えたことで、運動不足により汗をかきにくい体になっている人が多く、また、暑さに体が慣れていないうえマスクを着けての生活が続いていることから、9月に入っても例年以上に熱中症に警戒が必要とされている。総務省消防庁の調べによると、昨年9月も熱中症による救急搬送人数は9532人と多くの人が搬送されている。


食から認知機能について考える会が発足記者説明会を開催、日本認知症予防学会と共同で実施した「食と認知機能」に関する意識調査結果についても発表

2020.09.16 12:32 更新

 食から認知機能について考える会は9月14日、食と認知機能改善についての正しい理解増進を図るため、一般社団法人日本認知症予防学会と共同で実施した「食と認知機能」に関する意識調査の結果を発表した。これに合わせて、食から認知機能について考える会の発足記者説明会がオンラインで行われ、同会の発足経緯や認知機能改善につながる食品成分とエビデンスの重要性について説明した他、「食と認知機能」に関する共同調査の結果を解説した。

 「現在、認知症を有する高齢者の数は増加の一途をたどっている。最近の調査によると、認知症と軽度認知障害(MCI)を合わせた患者数は、すでに800万人を超えているというデータも出ている」と、国家公務員共済組合連合会虎の門病院顧問で、食から認知機能について考える会の大内尉義代表が挨拶。「認知症の原因となる重大な疾患としては、アルツハイマー病やび慢性レビー小体病などの神経変性疾患が挙げられる。認知症の治療では、総合的な医学的管理と原因疾患に応じた治療が行われるが、現時点でアルツハイマー病に対する根治薬の開発に成功した例は一つもない」と、アルツハイマー病の根治薬は未だに開発できていないと指摘する。


大塚製薬とネオジャパン、テレワーク時代の睡眠習慣をテーマにしたオンラインセミナーを開催、両社が共同開発した「睡眠改善プログラム」の活用事例についても紹介

2020.09.08 10:48 更新

 大塚製薬とネオジャパンは、テレワーク時代の睡眠習慣をテーマにしたオンラインセミナー「なぜ今『睡眠』が大切なのか? -テレワーク時代だからこそ社員は睡眠で変わる-」を9月4日に開催した。セミナーでは、睡眠研究の第一人者である久留米大学学長/久留米大学医学部神経精神医学講座 教授の内村直尚先生を招き、テレワーク時代でも仕事のパフォーマンスを上げる睡眠習慣について「睡眠リズム×こころの健康」をテーマに講演を行った。また、大塚製薬とネオジャパンが、働く人の健康管理を支援するサービス「健康サポートプラス」を通じて提供している「睡眠改善プログラム」の概要とその活用事例について紹介した。

 「コロナ禍の現在は、コロナストレスやコロナうつ、テレワーク疲れなど、メンタル不調に陥る人が少なくない。心の健康状態が良くないと、仕事でのパフォーマンスも低下するため、企業においては、社員のメンタルケアが重要な関心事になっている。特に、緊張状態の持続は、不眠につながり、不安障害やうつ病、アルコール依存症などの精神疾患を引き起こすリスクもある。そこで、先の見えない時代を乗り切るためにも、良質な睡眠を心がける必要がある」と、内村先生は、コロナ禍での健康維持には良質な睡眠が重要であると説明する。「テレワークでは通勤時間がなくなり、睡眠時間が確保しやすくなったといわれるが、睡眠は時間だけでなく質やリズムも大切になる。テレワークの問題点としては、規則正しい生活リズムを作りにくいことや、朝・昼の光を浴びなくなる、運動不足になる、仕事とプライベートのメリハリがなくなるといった点が挙げられる。また、慣れない新しい働き方やコミュニケーション不足、成果主義が求められることに加えて、コロナ禍によるストレス・不安が常につきまとうことで、睡眠の質が悪化してしまう」と、テレワークは睡眠の質を悪化させるリスクがあると指摘する。


ファイザー・エーザイ、痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査を基に正しい付き合い方に関するセミナーを開催
2015.12.08 21:31 更新
MSD、週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ」についてメディアセミナー、2型糖尿病患者のさらなるQOL向上に期待
2015.12.02 10:40 更新
佐藤製薬、注射の痛みを緩和する外用局所麻酔薬「エムラクリーム」についてメディアセミナー、痛みの少ない医療の実現に期待
2015.11.16 20:24 更新
日本歯科医師会、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2015」の授賞式を開催、<著名人部門>で土屋太鳳さんと松岡修造さんが受賞
2015.11.10 18:55 更新
日本イーライリリー、骨粗しょう症による"いつのまにか骨折"に関するセミナー開催、女性の健康寿命や見た目への影響について解説
2015.10.26 11:22 更新
サノフィ、持効型溶解インスリンアナログ製剤「ランタスXR 注ソロスター」を発売、血糖管理において効果的なインスリン製剤になることを期待
2015.10.09 19:35 更新
老眼に対する意識がポジティブに変化、"キャリアアイ"に着目した新たな老眼関連商品が続々登場
2015.10.08 21:40 更新
佐藤製薬、アレルギー性接触皮膚炎に関するメディアセミナーを開催、患者のアレルゲンを特定するパッチテストの重要性を訴求
2015.09.25 20:10 更新
くすりの適正使用協議会、高齢者と介護者のための薬の適正使用をテーマにメディア勉強会を開催、薬剤師との連携強化が重要な課題に
2015.09.11 15:26 更新
日本乾癬学会など、乾癬治療における生物学的製剤が与える影響について医師と乾癬患者の両面から解説
2015.09.04 19:49 更新
バクスアルタ、希少疾患のバイオ医薬品リーダーへ、日本市場で2015年度売り上げ約250億円を目指す
2015.09.01 10:26 更新
ヤンセンファーマ、成人期のAD/HD(注意欠陥・多動性障害)について診断と治療および就労意欲や受け入れ企業の現状などを紹介
2015.08.31 19:52 更新
日本イーライリリー、乾癬の病態と最新の治療法についてセミナー開催、患者と医師を対象に実施した意識調査の結果も発表
2015.08.31 13:16 更新
環境省主催「おしえて!『かくれ脱水』委員会」、子ども向け熱中症啓発イベントを開催、元Jリーガーの佐々木竜太氏がサッカーを楽しむための水分補給を紹介
2015.08.10 18:54 更新
アンファー、「予防医学」をコンセプトにした新企業CMをオンエア開始、CMに出演するビートたけしさんが生涯現役を宣言
2015.07.30 10:26 更新
小林製薬、日本杜仲研究会10周年記念セミナーを開催、血管アプローチの全く新しいダイエットを紹介
2015.07.27 18:55 更新
ボストン・サイエンティフィック ジャパン、国内初の喘息治療医療機器「アレア気管支サーモプラスティシステム」を販売開始
2015.07.17 14:38 更新
サノフィ、侵襲性髄膜炎菌感染症の予防ワクチンが日本でも使用可能に、疾患概要や予防ワクチンの必要性や接種タイミングなどを説明
2015.07.06 20:43 更新
MSD、男性用脱毛症薬「プロペシア錠」発売から10周年を迎えAGA治療に関する理解を深めてもらうセミナーを開催
2015.06.26 19:39 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2015を開催、ゆるキャラによるダンスコンテストやセミナーを通じて熱中症予防を広くアピール
2015.06.15 19:59 更新

このページの先頭へ