医療最前線

マインドファースト時代に注目されるアロエのポジティブパワー、アロエ入りヨーグルトを食べることで心の充足度が高まりストレス解消に役立つことが明らかに

2018.06.18 17:55 更新

 近年、有料指定席を通勤に使ったり、朝活を通じて趣味教養の世界を広げるなど、自分ならではの心地よさを追求する消費・生活行動、いわゆる「マインドファースト(心の充足を優先すること)」が注目されている。一方で、天候不順でジメジメした日が続く梅雨の季節は、いつも以上にストレスや心身の疲れを感じる人が増えるもの。そこで今回、マインドファーストな生活を送る中で、心身の疲れやストレス解消に役立つ食材としてアロエに注目。脳科学的機能に焦点をあて、アロエが持つ「心理的な満足を高めるチカラ」について紹介する。

 世界のあらゆる国で、古来から薬としても珍重されてきたアロエ。古代エジプトの医学書エーベルス・パピルスには、すでにアロエがミイラの防腐剤として用いられていたことが記されている他、アロエの活用方法とその効能について記録が残されているとのこと。さらに絶世の美女として知られるクレオパトラは、アロエを美肌のために活用したという逸話もあるのだとか。日本には、海流にのってマダガスカルから漂流した植物の種が漂着して太平洋側の岸壁等に原生したのが始まりではないかと考えられており、伊豆石廊崎神社の中に収められた木版には、“640年代に疫病が流行った際に、役行者がアロエを食べることを勧め死者が少なかった”と解釈できる記録が残されているという。


ヤンセンファーマ、日常生活に多大な支障をきたす乾癬の負のサイクルを紹介、生物学的製剤という治療選択や新たな薬剤の登場について解説

2018.05.28 20:48 更新

 ヤンセンファーマは、乾癬患者の実態や最新の治療に関するセミナーを5月24日に開催した。セミナーでは、名古屋市立大学大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科学 教授の森田明理先生が生物学的製剤を用いた乾癬治療などについて講演を行った他、乾癬患者で一般社団法人INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会の添川雅之氏が登壇し、乾癬患者が抱える負のサイクルについて理解を求めた。

 「当社は、日本でビジネスを始めてから今年40周年を迎える。その節目の年に、乾癬治療の新たな選択肢として期待される生物学的製剤『トレムフィア』を上市した。乾癬は、その発症原因や根治が難しい点など、十分な治療を得ることができていない患者が多い疾患でもある」と、ヤンセンファーマ 免疫・感染症事業本部の関口修平本部長が挨拶。「乾癬を発症した場合、身体的な見た目による多大なストレスに加え、乾癬(かんせん)という病名から感染症であると勘違いされるなど、負のサイクルに陥ってしまう患者も少なくない。それだけに、革新的な薬剤の提供のみならず、医薬品を超えた価値を患者に届けていくことが使命であると認識している」と、患者をあらゆる面でサポートしていくことが大切なのだと力説する。「当社では、乾癬についてもっと多くの人々に理解してもらうことを目的にセミナーを開催することで、患者の負のサイクルの軽減に少しでも貢献できればと考えている」と、今回開催したセミナーを通じて、乾癬という疾患の現状や患者の実態などをしっかりと伝えていきたいと意気込んだ。


医師と団塊シニアの会、汗による皮膚トラブルをテーマにした勉強会を開催、皮膚科医の武藤美香先生が「あせも」と「汗かぶれ」の違いや対処法について解説

2018.05.24 16:30 更新

 特定非営利活動法人医師と団塊シニアの会は、「知っているようで知らない、汗による皮ふトラブル ~あせもだけじゃない!?汗かぶれって何?~」と題したメディア勉強会を、5月18日に開催した。今回の勉強会では、東京・多摩ガーデンクリニック院長で皮膚科医の武藤美香先生を招き、汗による皮膚トラブルをテーマに、「あせも」と「汗かぶれ」の症状の違いや、その対処法・予防法などについて紹介した。

 これから迎える梅雨や本格的な夏に向け、「あせも」や「汗かぶれ」など、汗による皮膚トラブルに悩む人が増えてくる。しかし、それらのトラブルがどのように発症するのか、実際にどんな症状が出るのか、正しく理解をしている人は少ないのが実状だ。まず、「あせも」について、武藤先生は、「『あせも』は、汗が皮膚の中にたまることで起こる症状で、皮膚科学用語では『汗疹(かんしん)』という。具体的には、急激な発汗や角層の配列の乱れ、汚れや皮脂などが誘因となり、汗腺の出口がふさがれる。すると、表皮内に汗がたまってしみ出し、炎症を起こす」と説明。「症状としては、汗腺の位置に点々と赤いプツプツやかゆみが起こるのが特徴となる」と、汗腺に点々と症状が出るのが「あせも」の特徴であると教えてくれた。


日本精神神経学会、精神科医療における利益相反など「第110回日本精神神経学会学術総会」のトピックスを紹介
2014.06.16 20:39 更新
バクスター、携帯端末用の血友病治療薬輸注記録システム「モバ録」の治療へのインパクトを世界血友病連盟会議で発表
2014.06.06 20:03 更新
エスエス製薬、足のむくみを改善する内服薬「アンチスタックス」発売1周年を機に「足のむくみとセルフケア」がテーマのセミナーを開催
2014.05.30 18:02 更新
日本自立支援介護学会が「第8回学術大会」を開催、自立支援介護の事例と研究成果について発表、民間介護施設の取り組みをサンケイビルウェルケアに聞く
2014.05.26 20:07 更新
J&Jビジョンケア、日常生活における眼の紫外線対策の重要性を解説、コンタクトレンズ・サングラス・眼鏡が対策として有効
2014.04.23 18:24 更新
金原出版が患者向け「不育症学級(改訂版)」を発刊、不育症・習慣流産を正しく理解するためのセミナーを開催
2014.04.21 20:25 更新
ファイザー、食物アレルギー事故対策における国内外の取り組みと今後の課題についてセミナーを開催、調布市の給食事故後の進捗を総括
2014.04.11 21:02 更新
グラクソ・スミスクライン、オンラインとオフラインの交流により難病・希少疾患の診療環境が改善、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の成功事例を紹介
2014.04.10 19:43 更新
グラクソ・スミスクライン、てんかん医療が抱える課題を解決するために患者意識調査結果も踏まえて専門医がレビュー
2014.04.03 20:04 更新
MSD、「減塩は予防医療の第一歩」と題したセミナーを開催、減塩は高血圧だけでなくがんや認知症予防にも効果的
2014.03.26 18:22 更新
生化学工業、ひざの痛み「変形性ひざ関節症」に関するセミナーを開催、日常生活で感じるひざの痛みと受診の実態に関する調査結果も発表
2014.02.26 20:09 更新
塩野義製薬、糖尿病患者の意識と行動について実態調査を実施、継続治療に向けてトータルケアの重要性を提言
2014.02.26 19:33 更新
ノボノルディスクファーマ、インスリン治療を行う糖尿病患者の血糖値コントロール意識調査結果を発表、HbA1c目標値を知りながら7割が未達
2014.02.26 14:58 更新
くすりの適正使用協議会、中学校における医薬品教育の実態と課題についてメディア勉強会を開催、中学生の母親の医薬品に関する意識調査も発表
2014.02.21 20:10 更新
大正富山医薬品、骨粗しょう症治療薬ラッシュの中での各製剤の最新レビュー、それぞれの特徴を踏まえた使い分けの重要さを確認
2014.02.19 20:53 更新
日本イーライリリー、成人期AD/HD当事者を対象とした国際調査結果を発表、医療機関・治療選択肢などの充実を望む声が多数に
2014.02.14 19:16 更新
日本イーライリリー、骨粗しょう症の治療薬として期待度が高まる骨形成促進剤の臨床データや市販後調査の中間報告を発表
2014.02.07 20:40 更新
アイ・エム・エス・ジャパン、医療ビッグデータの現状と課題についてセミナーを開催、医療サービスの向上やコストの可視化の可能性に期待
2014.02.07 10:24 更新
ヤンセンファーマ、成人期の注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の症状・診断と新たな治療選択肢についてセミナーを開催、成人期に露見する症状などを詳しく解説
2014.02.03 10:22 更新
Smartheart Japan、スマートフォンを介し心電図を伝送できる家庭用ポータブル心電計「smartheart」を発売
2014.01.29 20:53 更新

このページの先頭へ