医療最前線

[新型コロナウイルス(COVID‐19)関連]アンジェス、大阪大学と共同で新型コロナウイルスに対する予防用DNAワクチンの開発に着手、タカラバイオがワクチンの製造に協力

2020.03.05 19:15 更新

 アンジェスは3月5日、HGF(ヒト肝細胞増殖因子)治療用製品においてDNAプラスミド製品を上市した実績をもとに、大阪大学と共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発を行うことを決定したと発表した。今回の開発は、同社の創業者で、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 教授の森下竜一先生からの提案によるもの。製造に関しては、プラスミドDNA(環状DNA)の製造技術の実績と製造設備を有するタカラバイオが協力する。同日に行われた記者発表会では、大阪大学の森下先生が、新型コロナウイルスの予防用DNAワクチンの開発概要について説明した。

 「DNAワクチンは、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できるという特徴を持っている。当社では、大阪大学と協力し、DNAワクチンのコンセプトや製造プロセスを確立してきた」と、アンジェスの山田英社長が挨拶。「今回、新型コロナウイルスへの対策が喫緊の課題となっていることを受け、DNAプラスミド製品の開発実績を生かし、新型コロナウイルスの予防用DNAワクチンを共同開発することを決定した。また、ワクチンの製造については、タカラバイオの協力を得ることができた。今後、当社と大阪大学、タカラバイオのオールジャパン体制で早期実用化を目指していく」と、新型コロナウイルスに対するDNAワクチンの開発に着手する経緯を述べた。


マイランEPD、入園・入学をテーマにしたアナフィラキシー啓発メディアセミナーを開催、食物アレルギーを持つ子どもの母である長谷川理恵さんが入園・入学時のエピソードなど語る

2020.02.25 12:15 更新

 アナフィラキシー補助治療剤の製造販売元であるマイランEPDは、食物アレルギーを持つ子どもとその保護者が安心して入園・入学を迎えるために、入園・入学をテーマにしたアナフィラキシー啓発メディアセミナーを2月21日に開催した。セミナーでは、国立病院機構相模原病院 病態総合研究部病因病態研究室長の佐藤さくら先生が、子どもの入園・入学時の適切な対応について解説した他、調布市教育委員会教育部の廣瀬郷学務課長補佐が教育現場における取り組みを紹介した。また、食物アレルギーを持つ子どもの母であるモデルの長谷川理恵さんをゲストに迎えたトークセッションが行われ、入園・入学に際するエピソードや食物アレルギーの子どもが注意すべき点などについて語ってくれた。

 「近年、食物アレルギーを持つ子どもが増加している。食物アレルギーとは、食物によって免疫が過剰に働き、体に不都合な症状が出ることで、その原因としては、鶏卵、牛乳、小麦、木の実類、果物類、魚卵類、甲殻類、そばなどが挙げられる」と、食物アレルギーの基本概念について、国立病院機構相模原病院 病態総合研究部病因病態研究室長の佐藤さくら先生が説明。「アレルギーによって皮膚・粘膜・消化器・呼吸器などの複数の臓器に症状がみられ、症状が急速に進行してくる状態をアナフィラキシーといい、血圧低下や意識障害などショック症状をともなうアナフィラキシーショックを引き起こすリスクもある。アナフィラキシーの主な原因には食物、昆虫刺傷、医薬品があるが、小児では食物でアナフィラキシーになるケースが多い」と、食物アレルギーを持つ子どもはアナフィラキシーに注意する必要があると指摘した。


医師と団塊シニアの会、爪水虫に関するメディアセミナーを開催、約10年ぶりに改訂された皮膚真菌症診療ガイドラインにおける爪水虫の適正治療について解説

2020.02.06 18:36 更新

 特定非営利活動法人医師と団塊シニアの会は、爪水虫(爪白癬)に関するメディアセミナーを2月5日に開催した。今回のセミナーでは、埼玉医科大学総合医療センター 皮膚科診療部長/教授の福田知雄先生を招き、「肌寒い季節でも油断禁物、身近な感染症“爪水虫”」と題し、約10年ぶりに改訂された皮膚真菌症診療ガイドラインから爪水虫(爪白癬)の適正治療について解説した。

 爪水虫は白癬菌を原因とする身近な感染症で、完全治癒に至らずに治療をやめてしまうと再燃・再発を起こし、再び感染を広げる恐れがある疾患。国内の有病者数は推定約1100万人、60歳以上では4人に1人が罹患しており、治療中の患者は約100万人いるといわれている。「爪水虫の感染経路としては、足水虫の白癬菌が爪の先端や側縁から爪の下に侵入し、増殖して起こるケースが多い。足水虫は市販の水虫薬を使って治すことができるが、爪水虫になると市販の水虫薬では治すことはできない」と、福田先生は、足水虫と爪水虫の違いを説明した。


佐藤製薬、アレルギー性接触皮膚炎に関するメディアセミナーを開催、患者のアレルゲンを特定するパッチテストの重要性を訴求
2015.09.25 20:10 更新
くすりの適正使用協議会、高齢者と介護者のための薬の適正使用をテーマにメディア勉強会を開催、薬剤師との連携強化が重要な課題に
2015.09.11 15:26 更新
日本乾癬学会など、乾癬治療における生物学的製剤が与える影響について医師と乾癬患者の両面から解説
2015.09.04 19:49 更新
バクスアルタ、希少疾患のバイオ医薬品リーダーへ、日本市場で2015年度売り上げ約250億円を目指す
2015.09.01 10:26 更新
ヤンセンファーマ、成人期のAD/HD(注意欠陥・多動性障害)について診断と治療および就労意欲や受け入れ企業の現状などを紹介
2015.08.31 19:52 更新
日本イーライリリー、乾癬の病態と最新の治療法についてセミナー開催、患者と医師を対象に実施した意識調査の結果も発表
2015.08.31 13:16 更新
環境省主催「おしえて!『かくれ脱水』委員会」、子ども向け熱中症啓発イベントを開催、元Jリーガーの佐々木竜太氏がサッカーを楽しむための水分補給を紹介
2015.08.10 18:54 更新
アンファー、「予防医学」をコンセプトにした新企業CMをオンエア開始、CMに出演するビートたけしさんが生涯現役を宣言
2015.07.30 10:26 更新
小林製薬、日本杜仲研究会10周年記念セミナーを開催、血管アプローチの全く新しいダイエットを紹介
2015.07.27 18:55 更新
ボストン・サイエンティフィック ジャパン、国内初の喘息治療医療機器「アレア気管支サーモプラスティシステム」を販売開始
2015.07.17 14:38 更新
サノフィ、侵襲性髄膜炎菌感染症の予防ワクチンが日本でも使用可能に、疾患概要や予防ワクチンの必要性や接種タイミングなどを説明
2015.07.06 20:43 更新
MSD、男性用脱毛症薬「プロペシア錠」発売から10周年を迎えAGA治療に関する理解を深めてもらうセミナーを開催
2015.06.26 19:39 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2015を開催、ゆるキャラによるダンスコンテストやセミナーを通じて熱中症予防を広くアピール
2015.06.15 19:59 更新
バイエル薬品、デング熱を媒介する蚊の生態や人とペットの感染予防対策についてセミナーを開催
2015.06.12 23:45 更新
日本赤十字社、6月14日の世界献血者デーを前にはたちの献血キャラクター羽生結弦選手といのちと献血の大切さを考える
2015.06.01 23:46 更新
AGA治療薬の個人輸入に大きな落とし穴、海外製の偽造品を使い続けて症状が悪化する恐れも
2015.05.29 18:05 更新
アイ・エム・エス・ジャパンが提唱する医療ビッグデータで実現する健康経営とは、健康投資促進のための環境整備が鍵に
2015.05.25 21:26 更新
愛知・蒲郡市でのチョコレート摂取による健康効果に関する大規模臨床試験、認知機能との関連性が報告されているBDNFの上昇を確認
2015.05.21 18:25 更新
サノフィ、糖尿病患者の"治療と日常生活"に着目した「インスリン-ライフ・バランス調査」についてセミナー開催、低血糖への不安が血糖コントロールに影響
2015.05.18 16:20 更新
オムロンヘルスヘア、プラスアールの血圧管理アプリに血圧分析ノウハウを提供、家庭血圧管理の重要性について講演も
2015.05.15 21:18 更新

このページの先頭へ