医療最前線

グラクソ・スミスクライン、COPD領域におけるデータ・ICT利活用に関するメディアセミナーを開催、地域医療連携とオンライン診療を活用した疾患管理の取り組みについて紹介

2019.10.03 15:54 更新

 グラクソ・スミスクラインは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)領域におけるデータ・ICT利活用に関するメディアセミナーを9月30日に開催した。セミナーでは、沖縄県医師会・那覇市医師会理事で那覇西クリニック診療部長の玉城研太朗先生を招き、沖縄でのCOPD早期診断サポートに関する地域医療連携の取り組みと進捗について講演を行った。また、オンライン診療システムを展開しているインテグリティ・ヘルスケアの武藤真祐会長が、「COPD ePRO(患者アウトカム報告)プラットフォーム」の活用と今後の展望について語った。

 セミナーの開催にあたり、グラクソ・スミスクライン ガバメント・アフェアーズ&マーケット・アクセス部門の張家銘氏が挨拶。「COPDは、長年の喫煙習慣が主な原因で、肺に炎症が起こり、息が吐き出しにくくなる生活習慣病である。せき・たん・息切れなどが主な症状で、肺がんや肺炎、動脈硬化、心・血管疾患、糖尿病など合併症・併存症の頻度が高いため、早期診断と適正治療がとくに重要とされている」と、COPDとはどのような病気なのかを説明した。「当社は、日本での喘息やCOPDの治療に40年以上にわたり貢献しており、呼吸器領域における革新的な医薬品を提供してきた。近年では、適切な医薬品を、適切な患者に、適切なタイミングで届けるべく、ICTの活用と産官学の連携を通じたイノベーションの推進に取り組んでいる。具体的には、地域医療連携ネットワークによる早期診断の支援や、遠隔診療による疾患管理の支援などを行い、製品を超えた新たな価値の提供を目指している」と、COPD治療でのイノベーション創出に力を注いでいると訴えた。


乳がん検診の大切さを伝え患者を支えていく「ピンクリボンフェスティバル2019」、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんをゲストに迎え「ピンクリボンオープンセミナー」を開催

2019.09.17 17:39 更新

 ピンクリボンフェスティバル運営委員会事務局(公益財団法人日本対がん協会ほか主催)が開催する、乳がん検診の大切さを伝え、患者を支えていく「ピンクリボンフェスティバル2019」のイベントとして、9月14日に、「ピンクリボンオープンセミナー」を、クイーンズスクエア横浜で開催した。当日は、20~35歳の女性に向けて、乳がんとブレストケアについて、正しい知識を伝えた他、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんをゲストに迎え、健康を維持するための秘訣などについて伝授してもらった。

 乳がんは、今や日本人女性の11人に1人が一生涯のうちにかかるといわれ、大変身近な病気とされている。関心は高まっている一方で、20~30代の若い女性からは「不安に思う」「私はどうしたらよいの?」など心配の声が多く挙がっていることがわかったという。そこで、ピンクリボンオープンセミナーでは、20~35歳の女性に向けて、乳がんとブレストケアについて正しい知識を伝えるべく、昭和大学医学部 乳腺外科・講師の増田紘子先生を講師に迎え、乳がんの基礎知識や個人にあった検診方法、セルフチェックの方法、予防のための生活習慣の見直し方法など、乳がんの正しい知識を伝えた。さらに、セミナーの受講者として、20~35歳の女性たちと共に、元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈さんも増田先生の講演に耳を傾けた。


アンジェスと田辺三菱製薬、世界初のHGF遺伝子治療用製品「コラテジェン」を発売、外科的治療が難しい重症虚血肢の新たな治療選択肢に

2019.09.11 10:21 更新

 アンジェスと田辺三菱製薬は、重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療用製品「コラテジェン筋注用4㎎」(一般名:ベペルミノゲン ペルプラスミド、以下「コラテジェン」)が9月4日に薬価基準収載されたことを受け、9月10日から新発売する。発売に先立ち、9月9日に行われた発表会では、「コラテジェン」の開発背景や製品概要、今後の取り組みについて説明した。

 「当社は、大阪大学発のバイオベンチャーであり、今回、自社開発製品の第1号として国産初の遺伝子治療用製品『コラテジェン』を発売する」と、アンジェスの山田英社長が挨拶。「『コラテジェン』は、日本で発見されたHGF(ヒト肝細胞増殖因子)を使用した世界初の遺伝子治療用製品であるとともに、HGFによる血管新生作用を持つ遺伝子治療用製品としても世界初となる」と、革新的な遺伝子治療用製品なのだと強調した。「近年、糖尿病の合併症として、重度の末梢性血管疾患である重症虚血肢を発症するケースが増えているが、カテーテルやバイパス手術など外科的治療が困難な患者に対しては有効な治療手段が確立されていなかった。『コラテジェン』は、血管新生作用により重症虚血肢の症状を改善できる治療薬として、非常に意義のある製品であると考えている」と、重症虚血肢における新たな治療選択肢になると訴えた。「今後は、国内だけでなく、市場規模の大きい米国、欧州、アジア地域での承認取得を目指して、さらに取り組みを進めていく」と、グローバル展開にも意欲を見せていた。


アッヴィ合同会社、C型肝炎インターフェロンフリー治療薬の費用対効果についてHTA試行導入前に考える
2016.02.17 10:28 更新
J&Jビジョンケア、遠近両用コンタクト「ワンデー アキュビュー モイスト マルチフォーカル」を発売、老眼ではなくキャリアアイという考え方を提唱
2016.02.08 19:00 更新
ブリストル・マイヤーズとファイザー、静脈血栓塞栓症治療における抗凝固薬エリキュースの有効性や安全性を解説
2016.02.01 20:19 更新
ダスキン、花粉・ハウスダストなどのアレルゲンから子どもを守るための対処法や花粉・ハウスダストを舞い上げない清掃法を伝授
2016.01.25 19:57 更新
隠れ炎症を考える会、炎症や隠れ炎症が身体内部のケアするべき大切な要素のひとつであることを啓発
2016.01.18 19:44 更新
アステラス・アムジェン・バイオファーマ、高コレステロール血症治療の変遷とPCSK9の発見についてセミナーを開催
2015.12.23 23:56 更新
明治、チョコレートに含まれる「カカオプロテイン」による便通改善効果を確認、カカオ豆の加工から製品化まで一貫して行う"Bean to Bar"を展開
2015.12.18 20:55 更新
カルピス、ウイルスの侵入を食い止め唾液力を高める「L-92乳酸菌」を訴求、つるの剛士さんが4週間摂取し"見えないマスク"と呼ばれる「IgA抗体」濃度の増加を証明
2015.12.17 20:33 更新
ノボ ノルディスク ファーマ、持効型溶解インスリンと超速効型インスリンを配合した「ライゾデグ配合注」を発売、シンプルな治療の効果を実現
2015.12.16 18:55 更新
バクスアルタ、血友病保因者に関するメディアセミナーを開催、出産・分娩時の出血リスクに備えて保因者診断を推奨
2015.12.15 10:24 更新
塩野義製薬、ケニア母子支援活動「Mother to Mother SHIONOGI」を開始、総合ビタミン剤「ポポンS」シリーズの売上の一部を支援活動に
2015.12.11 20:31 更新
ファイザー・エーザイ、痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査を基に正しい付き合い方に関するセミナーを開催
2015.12.08 21:31 更新
MSD、週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ」についてメディアセミナー、2型糖尿病患者のさらなるQOL向上に期待
2015.12.02 10:40 更新
佐藤製薬、注射の痛みを緩和する外用局所麻酔薬「エムラクリーム」についてメディアセミナー、痛みの少ない医療の実現に期待
2015.11.16 20:24 更新
日本歯科医師会、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2015」の授賞式を開催、<著名人部門>で土屋太鳳さんと松岡修造さんが受賞
2015.11.10 18:55 更新
日本イーライリリー、骨粗しょう症による"いつのまにか骨折"に関するセミナー開催、女性の健康寿命や見た目への影響について解説
2015.10.26 11:22 更新
サノフィ、持効型溶解インスリンアナログ製剤「ランタスXR 注ソロスター」を発売、血糖管理において効果的なインスリン製剤になることを期待
2015.10.09 19:35 更新
老眼に対する意識がポジティブに変化、"キャリアアイ"に着目した新たな老眼関連商品が続々登場
2015.10.08 21:40 更新
佐藤製薬、アレルギー性接触皮膚炎に関するメディアセミナーを開催、患者のアレルゲンを特定するパッチテストの重要性を訴求
2015.09.25 20:10 更新
くすりの適正使用協議会、高齢者と介護者のための薬の適正使用をテーマにメディア勉強会を開催、薬剤師との連携強化が重要な課題に
2015.09.11 15:26 更新

このページの先頭へ