医療最前線

アデランス、医療用ウィッグブランド「ラフラ」からオーダーメイド・ウィッグ「ラフラ・アイフィット クレア」を発売

2019.06.19 17:19 更新

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業のアデランスは、病気や治療によるデリケートな髪の悩みを抱える方のための医療用ウィッグブランド「ラフラ」からオーダーメイド・ウィッグの新商品「ラフラ・アイフィット クレア」を、5年の開発期間を経て6月20日から、全国のアデランスサロン、レディスアデランスサロン、フォンテーヌ直営店、百貨店内フォンテーヌコーナー、アデランス直営の病院内ヘアサロンで発売する。

 「ラフラ・アイフィット クレア」は、従来のラフラのオーダーメイド・ウィッグに比べ、素材を見直すことで、機能性(軽さ、薄さ、通気性、柔軟性)をアップさせた商品とのこと。特に、軽さに関しては、従来品に比べキャップ重量を約6割に抑える(従来品のオーダーメイド・ウィッグ「ラフラ・アイフィット プラス」と比較)ことに成功した。


アデランス、医療用ウィッグブランド「ラフラ」から男性用レディメイド・ウィッグ(既製品)の新スタイルを発売

2019.06.18 19:03 更新

 毛髪・美容・健康のウェルネス産業のアデランスは、消費者からの問い合わせ増加に応えて、医療用ウィッグブランド「ラフラ」から男性用レディメイド・ウィッグ(既製品)の新スタイルを6月20日に発売する。販売店舗は全国のアデランスサロン、アデランス直営の病院内ヘアサロンとなる。

 今回発売する「ラフラ」の男性用レディメイド・ウィッグの新スタイル(RMH02)は、消費者からの問い合わせの増加に応えて、発売に至った。消費者に寄り添った商品を提供するため、着け心地や扱いやすさにこだわり、約1年かけ数回の試行錯誤を繰り返すことで誕生した。また、伸縮性に優れた「PBT繊維(ポリブチレンテレフタレート)」をアデランスとしてはじめてベース素材に採用したという。フィット感を高めるため、ネット自体に伸縮性のある素材を採用することで、より頭の形にフィットする商品となった。


日本赤十字社、献血つながりプロジェクト「みんなの献血」を発足、乃木坂46が年間を通じてイベントや絵本・学校での献血プロモーションを実施

2019.06.11 18:31 更新

 日本赤十字社は、献血つながりプロジェクト「みんなの献血」を6月11日から展開する。同日に行われたプロジェクト発足イベントでは、「みんなの献血」のイメージキャラクターを務める乃木坂46の齋藤飛鳥さん、星野みなみさん、堀未央奈さん、山下美月さん、与田祐希さんが登壇し、新プロジェクト名のロゴデザインを披露した他、同プロジェクトの詳細を通じて、献血の大切さや命の大切さについて語ってもらった。

 「献血は、ケガをしたり、事故を起こした人が手当てをする目的で多く利用されていると思っている人が多いようだが、がん治療などで輸血する人が献血利用者の大部分を占める」と、日本赤十字社 献血事業本部 経営企画部の小室裕希献血推進課長が挨拶。「献血参加者は上昇傾向にあるものの、20代や30代といった若年層の参加者が減少している」と、献血を支えている世代は、40代、50代が中心となっており、若年層の参加が急務であると訴える。「輸血は、長期保存ができないため、安定的に献血に参加してもらうことが必要となる。それだけに、多くの人が献血に興味、関心を示し、輸血を必要としている人々に希望を届けてあげたい」と、献血の重要性を説いていた。


武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新
女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新
フェリング・ファーマと協和発酵キリン、夜尿症診療ガイドラインの改訂を受けセミナーを開催、適切な治療で完治できることを啓発
2016.07.20 22:38 更新
40歳以上のむし歯本数はWHOの目標を上回る、口の中の環境を考えた健康食品や歯のケアアイテムの活用を
2016.07.19 17:42 更新
国民の健康寿命の延伸が課題となる中、様々なメディアや施設開設を通じて予防医療の啓発・ネットワーク構築が盛んに
2016.07.15 17:46 更新
子宮頸がんは早期発見のための検診が重要に、若者が多く集まる場所での啓蒙やマラソン大会を開催、検診時の恥ずかしさを軽減するアイテムも
2016.07.13 21:30 更新
就労に大きな影響を与える「大人のADHD」とは? 昭和大学医学部 精神医学教室 教授の岩波明先生に聞く
2016.07.05 10:00 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2016を開催、ハローキティやゆるキャラがセミナーやダンスを通じて熱中症予防をアピール
2016.06.20 21:11 更新
新刊「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのはやめなさい」の出版記念イベントを開催、著者の新井圭輔先生が糖質制限による治療効果を解説
2016.06.14 11:11 更新
J&Jビジョンケア、紫外線を多く浴びているほど老眼を自覚するタイミングが早まる傾向に
2016.06.10 20:55 更新

このページの先頭へ