医療最前線

[新型コロナウイルス(COVID‐19)関連]アンジェス、大阪大学と共同で新型コロナウイルスに対する予防用DNAワクチンの開発に着手、タカラバイオがワクチンの製造に協力

2020.03.05 19:15 更新

 アンジェスは3月5日、HGF(ヒト肝細胞増殖因子)治療用製品においてDNAプラスミド製品を上市した実績をもとに、大阪大学と共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発を行うことを決定したと発表した。今回の開発は、同社の創業者で、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 教授の森下竜一先生からの提案によるもの。製造に関しては、プラスミドDNA(環状DNA)の製造技術の実績と製造設備を有するタカラバイオが協力する。同日に行われた記者発表会では、大阪大学の森下先生が、新型コロナウイルスの予防用DNAワクチンの開発概要について説明した。

 「DNAワクチンは、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できるという特徴を持っている。当社では、大阪大学と協力し、DNAワクチンのコンセプトや製造プロセスを確立してきた」と、アンジェスの山田英社長が挨拶。「今回、新型コロナウイルスへの対策が喫緊の課題となっていることを受け、DNAプラスミド製品の開発実績を生かし、新型コロナウイルスの予防用DNAワクチンを共同開発することを決定した。また、ワクチンの製造については、タカラバイオの協力を得ることができた。今後、当社と大阪大学、タカラバイオのオールジャパン体制で早期実用化を目指していく」と、新型コロナウイルスに対するDNAワクチンの開発に着手する経緯を述べた。


マイランEPD、入園・入学をテーマにしたアナフィラキシー啓発メディアセミナーを開催、食物アレルギーを持つ子どもの母である長谷川理恵さんが入園・入学時のエピソードなど語る

2020.02.25 12:15 更新

 アナフィラキシー補助治療剤の製造販売元であるマイランEPDは、食物アレルギーを持つ子どもとその保護者が安心して入園・入学を迎えるために、入園・入学をテーマにしたアナフィラキシー啓発メディアセミナーを2月21日に開催した。セミナーでは、国立病院機構相模原病院 病態総合研究部病因病態研究室長の佐藤さくら先生が、子どもの入園・入学時の適切な対応について解説した他、調布市教育委員会教育部の廣瀬郷学務課長補佐が教育現場における取り組みを紹介した。また、食物アレルギーを持つ子どもの母であるモデルの長谷川理恵さんをゲストに迎えたトークセッションが行われ、入園・入学に際するエピソードや食物アレルギーの子どもが注意すべき点などについて語ってくれた。

 「近年、食物アレルギーを持つ子どもが増加している。食物アレルギーとは、食物によって免疫が過剰に働き、体に不都合な症状が出ることで、その原因としては、鶏卵、牛乳、小麦、木の実類、果物類、魚卵類、甲殻類、そばなどが挙げられる」と、食物アレルギーの基本概念について、国立病院機構相模原病院 病態総合研究部病因病態研究室長の佐藤さくら先生が説明。「アレルギーによって皮膚・粘膜・消化器・呼吸器などの複数の臓器に症状がみられ、症状が急速に進行してくる状態をアナフィラキシーといい、血圧低下や意識障害などショック症状をともなうアナフィラキシーショックを引き起こすリスクもある。アナフィラキシーの主な原因には食物、昆虫刺傷、医薬品があるが、小児では食物でアナフィラキシーになるケースが多い」と、食物アレルギーを持つ子どもはアナフィラキシーに注意する必要があると指摘した。


医師と団塊シニアの会、爪水虫に関するメディアセミナーを開催、約10年ぶりに改訂された皮膚真菌症診療ガイドラインにおける爪水虫の適正治療について解説

2020.02.06 18:36 更新

 特定非営利活動法人医師と団塊シニアの会は、爪水虫(爪白癬)に関するメディアセミナーを2月5日に開催した。今回のセミナーでは、埼玉医科大学総合医療センター 皮膚科診療部長/教授の福田知雄先生を招き、「肌寒い季節でも油断禁物、身近な感染症“爪水虫”」と題し、約10年ぶりに改訂された皮膚真菌症診療ガイドラインから爪水虫(爪白癬)の適正治療について解説した。

 爪水虫は白癬菌を原因とする身近な感染症で、完全治癒に至らずに治療をやめてしまうと再燃・再発を起こし、再び感染を広げる恐れがある疾患。国内の有病者数は推定約1100万人、60歳以上では4人に1人が罹患しており、治療中の患者は約100万人いるといわれている。「爪水虫の感染経路としては、足水虫の白癬菌が爪の先端や側縁から爪の下に侵入し、増殖して起こるケースが多い。足水虫は市販の水虫薬を使って治すことができるが、爪水虫になると市販の水虫薬では治すことはできない」と、福田先生は、足水虫と爪水虫の違いを説明した。


ファイザー、「フレイル」の予防に向けた介護予防の現状や課題をテーマにセミナーを開催
2016.11.11 20:14 更新
日本心臓財団とエドワーズライフサイエンス、和歌山県の食材を使った"心臓にやさしい"「ハートレシピ」を発表
2016.11.07 20:24 更新
GEヘルスケア、「第15回ヘルシーマジネーション・カレッジ」を開催、東京慈恵会医大の大木隆生先生が血管外科治療の最前線と外科医療再生の取り組みについて講演
2016.10.28 12:17 更新
ギャバ・ストレス研究センター、GABA配合の機能性表示食品に関するマスコミセミナーを開催、中国と米国の市場トレンドも紹介
2016.10.21 11:17 更新
年1回投与の骨粗しょう症治療薬「ゾレドロン酸水和物」がもたらすメリットとは? 沖本クリニック院長の沖本信和先生に聞く
2016.10.21 11:12 更新
旭化成ファーマ、年1回投与のビスホスホネート製剤「リクラスト点滴静注液 5mg」が製造販売承認を取得、骨粗しょう症治療に新たな選択肢
2016.10.19 17:47 更新
ヤンセン、 「アジアパシフィック・メンタルヘルス統合指標報告書」を発表、各国地域におけるメンタルヘルスの取り組みを比較・評価
2016.10.18 21:35 更新
総合メディカルグループ、健康サポート薬局の取り組みの一環で「認知症」対応を強化
2016.10.12 19:20 更新
武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新
女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新

このページの先頭へ