医療最前線

日本看護協会、第9回「忘れられない看護エピソード」朗読会を日本大学病院で開催、「看護の日」PR大使の須藤理彩さんが最優秀作品を心を込めて朗読

2019.05.16 19:40 更新

 公益社団法人日本看護協会は、第9回「忘れられない看護エピソード」朗読会を、5月15日に東京・日本大学病院で開催した。当日は、「看護の日」PR大使を務める女優の須藤理彩さんを招き、第9回「忘れられない看護エピソード」で最優秀賞を受賞した2作品の朗読を行った他、日本大学病院の現役看護師を交えたトークショーでは、自身の体験から忘れられない看護エピソードを語ってくれた。

 「厚生労働省と日本看護協会では、5月12日『看護の日』を含む日曜日から土曜日までを『看護週間』とし、全国各地で看護に関連した様々なイベントを展開している。また、ナイチンゲール生誕200年となる2020年末まで世界的に実施される、看護職への関心度を深め、地位向上を目指す『Nursing Nowキャンペーン』の取り組みにも力を注いでいる」と、日本看護協会の勝又浜子専務理事が挨拶。「今年で9回目を迎えた『忘れられない看護エピソード』では、看護職と一般の人から、合計2629点の看護体験エピソードが集まり、入賞作品20点を選定した。今回、日本大学病院の協力を得て、最優秀作品の朗読会を開催できたことをうれしく思う。作品の朗読を通じて、看護の心を感じてほしい」と、朗読会への想いを述べた。


医療法人桜丘会、「脳神経外科ブレインピアひたちなか」の開院に先がけオープニングセレモニーを開催、茨城県における脳卒中予防の拠点病院に

2019.05.01 13:50 更新

 5月7日から茨城県ひたちなか市にオープンする医療法人桜丘会「脳神経外科ブレインピアひたちなか」(以下、ブレインピアひたちなか)は、開院に先がけ、4月20日にオープニングセレモニーと事前内覧会を開催した。

 オープニングセレモニーは、桜丘会の河野拓司理事長による開会宣言でスタート。「35年前、私が茨城に来たころ、茨城県は脳卒中の発症数が全国でトップ1に近いほど多発していた。この現状を見て、私は一般的な脳外科医の10倍くらいの手術数を重ね、脳卒中の治療に励んだが、現実はなかなか厳しいものだった。このままではいけないと思い、23年ほど前に予防医学を目指し、茨城県で初となるMRIを導入した『脳ドック』を始めた。それ以来、予防医学に徹してきた」と、茨城県の脳卒中患者を減らすべく、予防医学に力を注いできたと話す。


ジェネシスヘルスケア、個人遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia」を開始、「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトについて日本抗加齢医学会と提携

2019.04.25 19:59 更新

 日本最大の遺伝情報データベース(約71万人)を保有する遺伝子検査のパイオニア、ジェネシスヘルスケアは設立15周年の記念事業として、個人遺伝情報を共有するための新サービス「GenesisGaia(ジェネシスガイア)」を開始する。また、日本抗加齢医学会は、学会に所属する医師、歯科医師、および国家資格を有する医療従事者らが自ら全ゲノム解析を受け、解析結果をアンチエイジング研究に役立てる「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトについてジェネシスヘルスケアと提携する。4月25日に行われた発表会では、それぞれの詳細について説明した。

 「医師、歯科医師、および国家資格を有する医療従事者などが学会に所属しており、加齢現象や老化の研究が進む中、加齢の病的プロセスを予防する抗加齢医学を積極的に介入する方法を基礎医学、臨床医学の両面から追求し実践している。これにより、生活者のQOL(Quality of Life)の向上を図るとともに、抗加齢医療の提供によっていつまでも“ハツラツ”とした健康長寿を国民が享受し、社会貢献できる人口の増大と医療費の抑制に寄与することを目標としている」と、日本抗加齢医学会の堀江重郎理事長が挨拶。「今回、ジェネシスヘルスケアと提携することによって、全ゲノム解析を行い、学会が加齢度の生理データおよび病歴・食事・運動習慣などの加齢調査票を組み合わせて解析することで、アンチエイジングと関連する遺伝子群を探索していく」と、今回の提携の趣旨について説明した。「全ゲノム解析に加えて、遺伝子修飾(エピゲノム)による日本人の遺伝子年齢時計も作成していく」と、様々なデータ解析を行っていくと意気込んだ。「今後、遺伝子解析がベースとなったパーソナライズ医療の進展が見込まれる中で、『アンチエイジング全ゲノム解析』は、世界初の画期的な試みとなる」と、同研究が日本だけでなく世界の人々の健康寿命の伸長に大きく資することを期待していると語っていた。


医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新
フェリング・ファーマと協和発酵キリン、夜尿症診療ガイドラインの改訂を受けセミナーを開催、適切な治療で完治できることを啓発
2016.07.20 22:38 更新
40歳以上のむし歯本数はWHOの目標を上回る、口の中の環境を考えた健康食品や歯のケアアイテムの活用を
2016.07.19 17:42 更新
国民の健康寿命の延伸が課題となる中、様々なメディアや施設開設を通じて予防医療の啓発・ネットワーク構築が盛んに
2016.07.15 17:46 更新
子宮頸がんは早期発見のための検診が重要に、若者が多く集まる場所での啓蒙やマラソン大会を開催、検診時の恥ずかしさを軽減するアイテムも
2016.07.13 21:30 更新
就労に大きな影響を与える「大人のADHD」とは? 昭和大学医学部 精神医学教室 教授の岩波明先生に聞く
2016.07.05 10:00 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2016を開催、ハローキティやゆるキャラがセミナーやダンスを通じて熱中症予防をアピール
2016.06.20 21:11 更新
新刊「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのはやめなさい」の出版記念イベントを開催、著者の新井圭輔先生が糖質制限による治療効果を解説
2016.06.14 11:11 更新
J&Jビジョンケア、紫外線を多く浴びているほど老眼を自覚するタイミングが早まる傾向に
2016.06.10 20:55 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「禁煙週間」を前に街頭キャンペーンを実施、石田純一さんと東尾理子さん夫妻が肺年齢を測定
2016.05.31 10:23 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「世界禁煙デー」に合わせてメディアセミナーを開催、受動喫煙防止対策の重要性について啓蒙
2016.05.30 21:35 更新
日本口内フローラ研究会、「口内フローラから考える子どもの虫歯予防フォーラム」を開催、虫歯を予防する新成分「BLIS-M18」について解説
2016.05.16 22:30 更新
2016年「熱中症ゼロヘ」プロジェクトが本格始動、熱中症ゼロ大使の蝶野正洋さんと福原遥さんが熱中症予防の重要性を訴求
2016.05.13 17:20 更新
ボストン・サイエンティフィック、完全皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム「EMBLEM」を発売、低侵襲の不整脈治療を実現
2016.04.28 20:24 更新

このページの先頭へ