医療最前線

日本ケンタッキー、「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」を発売

2017.10.31 10:29 更新

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、日本KFC)は、健康を気遣う人に向けたヘルシーメニュー「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」(ブランパン1個38gあたり、糖質4.5g/食物繊維6.7gを配合。数量限定のため、なくなり次第終了)を、ケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)83店舗(10月30日時点の数字(9月末 KFC総店舗数:1153店))限定で、11月1日から発売する。

 「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」は、9種の野菜(グリーンピース、オニオン、ブロッコリー、カリフラワー、大根葉、セロリ、枝豆、ジャガイモ、ホウレン草)をそのままペーストし、国産鶏がらスープをベースに、飲みやすく仕立てた温かいスムージー。凝縮された素材のおいしさと栄養を手軽に摂れ、冷えが気になる人の”温活”にもぴったりだとか。同時に、「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」に良質なたんぱく質が摂れる「オリジナルチキン」1ピースと「ブランパン」1個が付いた「バランスセット」も発売する。「ブランパン」は、小麦ブランや大豆粉を使用した、糖質を抑え、食物繊維を含んだ(ブランパン1個38gあたり、糖質4.5g/食物繊維6.7gを配合)ヘルシーパンとなっている。


日本乾癬患者連合会など、「世界乾癬デー」(10月29日)に向けたメディアイベントを開催、乾癬を告白した道端アンジェリカさんが患者への理解を訴える

2017.10.27 13:00 更新

 日本乾癬患者連合会、日本乾癬学会と製薬企業7社(協和発酵キリン、田辺三菱製薬、鳥居薬品、日本イーライリリー、ノバルティスファーマ、マルホ、ヤンセンファーマ)は、「世界乾癬デー」(10月29日)に向けたメディアイベントを10月25日に開催した。イベントでは、日本乾癬学会理事で東京慈恵会医科大学 皮膚科学講座 主任教授の中川秀己先生と、日本乾癬患者連合会の柴崎弘之会長、そして乾癬患者であることを公表したモデルの道端アンジェリカさんを招き、「乾癬患者の困り事と私たちがすべき事」をテーマにトークセッションを行い、乾癬患者へのさらなる理解を訴えた。

 「世界乾癬デー」は、乾癬や関節症性乾癬の患者のために毎年10月29日に開催される世界的なイベント。乾癬患者にひとりではないことを知ってもらい、この過酷な病気とその辛さに対する意識向上を図ること。医療制度、政府、医師、介護者、およびすべての乾癬治療担当者を通じて、患者が最適な治療へのアクセスを得られるようにすること。乾癬患者だけでなく、一般の人々にも情報を提供することにより、もっとオープン、そして乾癬の理解を高め、患者が自信をもって乾癬について話しやすい環境を整えること。そのために、世界中の患者が団結して、主要な政府政策立案者に意見を伝えるための機会を提供してくことを目的としている。


ファイザー、禁煙外来に関するプレスセミナーを開催、喫煙による健康被害のリスクや完全禁煙の重要性、動機づけ面接を用いた禁煙治療について紹介

2017.10.13 18:00 更新

 ファイザーは、「禁煙外来における最新の話題~スモークフリーについて今一度考える~」と題したプレスセミナーを10月11日に開催した。今回のセミナーでは、禁煙治療の経験が豊富な東京都医師会タバコ対策委員会委員長で中央内科クリニック 院長の村松弘康先生が、喫煙による健康被害のリスクや禁煙外来の果たす役割などを説明した他、野村総合研究所大手町健康管理室 産業医の村田千里先生が、動機づけ面接を用いた禁煙治療のアプローチについて紹介した。

 「タバコ問題には様々な誤解が存在している。喫煙や受動喫煙には、それほど害はないという誤解や、分煙にすれば大丈夫という誤解。また、タバコは嗜好品であり、本人の“好き・嫌い”で吸っているという誤解などだ」と、タバコに対して間違った認識を持っている人が多いのだと指摘する中央内科クリニック 院長の村松弘康先生。「とくに、喫煙や受動喫煙は、健康に大きな被害を及ぼすということが過小評価されている。タバコには、約4000種類の化学物質と約200種類の有害物質、70種類以上の発がん物質が含まれていることが報告されている。そして、タバコを吸うことは、悪性新生物・心疾患・肺炎・脳血管疾患の4大死因を増やすと共に、脳卒中や認知症、老衰、転倒・骨折など寝たきりになるリスクも増加させることがわかっている」と、喫煙は様々な疾病や病態と確実に関係していると説明した。


サノフィ、風邪と見分けがつかない危険な感染症「髄膜炎菌感染症」の予防と診療について紹介、進行が速く24時間以内で重症化し死に至る場合も
2016.04.26 18:41 更新
オムロン ヘルスケア、手首による一拍ごとの血圧測定技術を開発、AMEDの未来医療事業プロジェクトとして自治医科大学・九州大学と共同研究をスタート
2016.04.21 21:22 更新
GEヘルスケア・ジャパン、小児に優しい画像診断のあり方や小児のMRI検査の症例および騒音の少ないMRI技術の有用性について解説
2016.03.30 20:55 更新
アステラス製薬、糖尿病治療薬スーグラに関する高齢者患者を対象とした大規模調査の中間報告を発表、SGLT2阻害薬の安全性と有効性について解説
2016.03.07 22:33 更新
バイエル薬品、婦人科疾患・ヘルスケアに関する認知実態調査を受けてセミナーを開催、月経困難症と診断された人の婦人科受診率は5割程度
2016.03.07 21:14 更新
サノフィ、ポリオ感染症に対する未だに残る日本のワクチンギャップの解消と不活化ポリオワクチンの2回目の追加接種の意義について解説
2016.03.07 20:35 更新
アステラス・アムジェン・バイオファーマ、PCSK9阻害薬「レパーサ」が承認取得、脂質異常症治療の現状や家族性高コレステロール血症について解説
2016.02.17 20:41 更新
アッヴィ合同会社、C型肝炎インターフェロンフリー治療薬の費用対効果についてHTA試行導入前に考える
2016.02.17 10:28 更新
J&Jビジョンケア、遠近両用コンタクト「ワンデー アキュビュー モイスト マルチフォーカル」を発売、老眼ではなくキャリアアイという考え方を提唱
2016.02.08 19:00 更新
ブリストル・マイヤーズとファイザー、静脈血栓塞栓症治療における抗凝固薬エリキュースの有効性や安全性を解説
2016.02.01 20:19 更新
ダスキン、花粉・ハウスダストなどのアレルゲンから子どもを守るための対処法や花粉・ハウスダストを舞い上げない清掃法を伝授
2016.01.25 19:57 更新
隠れ炎症を考える会、炎症や隠れ炎症が身体内部のケアするべき大切な要素のひとつであることを啓発
2016.01.18 19:44 更新
アステラス・アムジェン・バイオファーマ、高コレステロール血症治療の変遷とPCSK9の発見についてセミナーを開催
2015.12.23 23:56 更新
明治、チョコレートに含まれる「カカオプロテイン」による便通改善効果を確認、カカオ豆の加工から製品化まで一貫して行う"Bean to Bar"を展開
2015.12.18 20:55 更新
カルピス、ウイルスの侵入を食い止め唾液力を高める「L-92乳酸菌」を訴求、つるの剛士さんが4週間摂取し"見えないマスク"と呼ばれる「IgA抗体」濃度の増加を証明
2015.12.17 20:33 更新
ノボ ノルディスク ファーマ、持効型溶解インスリンと超速効型インスリンを配合した「ライゾデグ配合注」を発売、シンプルな治療の効果を実現
2015.12.16 18:55 更新
バクスアルタ、血友病保因者に関するメディアセミナーを開催、出産・分娩時の出血リスクに備えて保因者診断を推奨
2015.12.15 10:24 更新
塩野義製薬、ケニア母子支援活動「Mother to Mother SHIONOGI」を開始、総合ビタミン剤「ポポンS」シリーズの売上の一部を支援活動に
2015.12.11 20:31 更新
ファイザー・エーザイ、痛み止め薬の使用実態と患者意識に関する全国調査を基に正しい付き合い方に関するセミナーを開催
2015.12.08 21:31 更新
MSD、週1回投与のDPP-4阻害薬「マリゼブ」についてメディアセミナー、2型糖尿病患者のさらなるQOL向上に期待
2015.12.02 10:40 更新

このページの先頭へ