医療最前線

最強クラスの寒波到来で冷え込む日本列島、「温度落差」による急激な体の冷えに要注意、フリースなどを活用して常に暖かい服装を

2018.01.11 16:54 更新

 日本列島に過去最強クラスの寒波が到来し、全国的に厳しい寒さが続いている。冬本番を迎え、寒さが本格化する中で、日常生活で気をつけたいのが「気温落差」による急激な体の冷えだ。暖房が効いたオフィスや家からの外出時、運動の後など、環境温や発汗への衣服対応が難しく、体を冷やしてしまう場面が冬の日常には多いという。そこで今回、ユニクロでは、「温度落差」に関する実証実験を行い、急激に体を冷やすとどのようなリスクがあるのか、そのリスクから体を守るためにはどのような服装が最適なのかを、各専門家に聞いた。

 冷えの専門家として活躍している国際医療福祉大学大学院 リハビリテーション学分野 教授で医学博士の前田眞治先生は、「日常的に寒暖差を多く経験する冬場は危険な季節。環境温の変化による『温度落差』で血管が収縮し血圧が急激に上昇することで、さまざまな疾患を引き起こすリスクがある」と指摘する。ユニクロでは、この指摘を踏まえ、前田先生監修の「落差指数」をもとに、冬の日常に潜む血圧が急激に上昇する危ないシチュエーションについて実証実験を行ったという。


冬の浴室でのヒートショック症状に要注意、お風呂の前後に飲むミネラル入り麦茶がヒートショックの予防策に

2017.12.14 17:06 更新

 12月も半ばになり、季節はいよいよ冬本番。ウェザーニュースによると、12月は寒波の襲来で、全国的に平年よりも気温が低く、北日本や日本海側では大雪となる恐れと予測している。寒くなると注意したいのが、温度差によって起こる肉体的ショック症状「ヒートショック」。ヒートショックにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳梗塞が起きて突然死してしまうケースは後を絶たないのが実状だ。とくに、ヒートショックを起こしやすいタイミングとしてあげられるのはお風呂に入るときの、脱衣所で冷えた身体で熱いお風呂に入る瞬間といわれている。そこで今回、お風呂の専門医である東京都市大学人間科学部教授の早坂信哉先生に、ヒートショックを起こさない健康的なお風呂の入り方をアドバイスしてもらった。

 消費者庁の調べによると、近年、家庭の浴槽での溺死者数は増加傾向で、平成27年に4804人となり、平成16年の2870人と比較すると11年間で約1.7倍となっている。また、入浴時の事故死は12月~2月が全体の5割を占めており、その原因の多くがヒートショックといわれている。では、健康に良い一方で、事故につながる危険な側面を持ち合わせるお風呂において、安全な入浴タイムを過ごすにはどのようにしたらよいのだろうか。


佐藤製薬、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを開催、外用局所麻酔薬の使用で小児患者の注射の痛みを予防

2017.12.08 15:07 更新

 佐藤製薬は、12月13日に発売を予定している外用局所麻酔薬リドカイン・プロピトカイン配合貼付剤(製品名:エムラパッチ)の紹介を兼ね、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを12月5日に開催した。セミナーでは、この領域を長年研究している日本大学麻酔科教授の加藤実先生が基調講演を行った他、国立成育医療研究センター 小児がんセンターの富澤大輔先生と聖路加国際病院小児総合医療センター小児看護専門看護師の平田美佳先生を招き、加藤先生を加えた3名によるトークセッションが行われた。

 「当社は、外用局所麻酔剤として『エムラクリーム』を先行販売しており、透析の患者を中心に順調に利用が広がっている。患者や医療従事者からは、『エムラクリーム』のおかげで透析が楽になったという声が寄せられている」と、佐藤製薬の佐藤誠一社長が挨拶。「今回発売する『エムラパッチ』は、『エムラクリーム』の効果はそのままに、貼るだけで処方できる簡便な局所麻酔剤となっている。とくに、小児医療において注射針穿刺時の痛みや恐怖感の緩和に貢献できると考えている。また、一型糖尿病や血友病の患者が『エムラパッチ』によって毎日の注射の痛みを軽減し、生活の質向上につながることを願っている」と、「エムラパッチ」を発売する意義を述べた。


2016年「熱中症ゼロヘ」プロジェクトが本格始動、熱中症ゼロ大使の蝶野正洋さんと福原遥さんが熱中症予防の重要性を訴求
2016.05.13 17:20 更新
ボストン・サイエンティフィック、完全皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム「EMBLEM」を発売、低侵襲の不整脈治療を実現
2016.04.28 20:24 更新
フランスベッド、転倒事故を未然に防ぐ前にも後ろにも転ばない新機能車いす「転ばなイス」を発売
2016.04.26 19:34 更新
塩野義製薬と日本イーライリリー、慢性腰痛症に伴う疼痛に関する痛みのメカニズムと治療薬の適正使用を紹介、新たな治療薬の選択肢「サインバルタ」とは
2016.04.26 19:10 更新
サノフィ、風邪と見分けがつかない危険な感染症「髄膜炎菌感染症」の予防と診療について紹介、進行が速く24時間以内で重症化し死に至る場合も
2016.04.26 18:41 更新
オムロン ヘルスケア、手首による一拍ごとの血圧測定技術を開発、AMEDの未来医療事業プロジェクトとして自治医科大学・九州大学と共同研究をスタート
2016.04.21 21:22 更新
GEヘルスケア・ジャパン、小児に優しい画像診断のあり方や小児のMRI検査の症例および騒音の少ないMRI技術の有用性について解説
2016.03.30 20:55 更新
アステラス製薬、糖尿病治療薬スーグラに関する高齢者患者を対象とした大規模調査の中間報告を発表、SGLT2阻害薬の安全性と有効性について解説
2016.03.07 22:33 更新
バイエル薬品、婦人科疾患・ヘルスケアに関する認知実態調査を受けてセミナーを開催、月経困難症と診断された人の婦人科受診率は5割程度
2016.03.07 21:14 更新
サノフィ、ポリオ感染症に対する未だに残る日本のワクチンギャップの解消と不活化ポリオワクチンの2回目の追加接種の意義について解説
2016.03.07 20:35 更新
アステラス・アムジェン・バイオファーマ、PCSK9阻害薬「レパーサ」が承認取得、脂質異常症治療の現状や家族性高コレステロール血症について解説
2016.02.17 20:41 更新
アッヴィ合同会社、C型肝炎インターフェロンフリー治療薬の費用対効果についてHTA試行導入前に考える
2016.02.17 10:28 更新
J&Jビジョンケア、遠近両用コンタクト「ワンデー アキュビュー モイスト マルチフォーカル」を発売、老眼ではなくキャリアアイという考え方を提唱
2016.02.08 19:00 更新
ブリストル・マイヤーズとファイザー、静脈血栓塞栓症治療における抗凝固薬エリキュースの有効性や安全性を解説
2016.02.01 20:19 更新
ダスキン、花粉・ハウスダストなどのアレルゲンから子どもを守るための対処法や花粉・ハウスダストを舞い上げない清掃法を伝授
2016.01.25 19:57 更新
隠れ炎症を考える会、炎症や隠れ炎症が身体内部のケアするべき大切な要素のひとつであることを啓発
2016.01.18 19:44 更新
アステラス・アムジェン・バイオファーマ、高コレステロール血症治療の変遷とPCSK9の発見についてセミナーを開催
2015.12.23 23:56 更新
明治、チョコレートに含まれる「カカオプロテイン」による便通改善効果を確認、カカオ豆の加工から製品化まで一貫して行う"Bean to Bar"を展開
2015.12.18 20:55 更新
カルピス、ウイルスの侵入を食い止め唾液力を高める「L-92乳酸菌」を訴求、つるの剛士さんが4週間摂取し"見えないマスク"と呼ばれる「IgA抗体」濃度の増加を証明
2015.12.17 20:33 更新
ノボ ノルディスク ファーマ、持効型溶解インスリンと超速効型インスリンを配合した「ライゾデグ配合注」を発売、シンプルな治療の効果を実現
2015.12.16 18:55 更新

このページの先頭へ