医療最前線

[新型コロナウイルス(COVID-19)関連]杏林製薬、新型コロナウイルス検出試薬「SARS-CoV-2 GeneSoC ER 杏林」を発売

2020.04.01 12:18 更新

 キョーリン製薬ホールディングスの子会社である杏林製薬は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所と共同で開発した、マイクロ流路型遺伝子定量装置「GeneSoC」(以下、「GeneSoC」)を用いた新型コロナウイルス検出試薬「SARS-CoV-2 GeneSoC ER 杏林」(以下、同試薬)を、4月中旬を目処に発売する。

 同試薬は、厚生労働省健康局結核感染課および国立感染症研究所による「臨床検体を用いた評価結果が取得された2019-nCoV遺伝子検査方法について」3月18日版において、「迅速な検査方法(逆転写及び遺伝子増幅が1時間未満のもの)」として新型コロナウイルスに対する陽性・陰性一致率の結果が公表され、公的医療保険適用の対象となった。


[新型コロナウイルス(COVID-19)関連]ジョンソン・エンド・ジョンソン、BARDAが共同で10億ドル超を新型コロナウイルスワクチンの研究開発に投入、遅くとも9月までにワクチン候補の第I相臨床試験を開始

2020.04.01 12:06 更新

 ジョンソン・エンド・ジョンソンは3月31日、1月以降取り組んでいる構成体からCOVID-19ワクチンの主要候補を選択したことを発表した。また、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセン ファーマシューティカル カンパニーズ(以下、ヤンセン)と米国生物医学先端研究開発局(Biomedical Advanced Research and Development Authority:BARDA)との既存の提携を大幅に拡大し、10億回分を超えるワクチンを世界規模で供給することを目指して既存の製造能力を急速に拡大している。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、9月までに自社のリードワクチン候補の第I相臨床試験の開始を予定しており、規制当局への承認申請後、ワクチンの最初のバッチは2021年初頭に緊急用に利用可能になることを見込んでいる。これは、通常のワクチン開発プロセスと比較して大幅に期間が短縮されている。

 画期的な新規提携を通じて、米国保健社会福祉省の事前準備・対応担当次官補局(ASPR)の一部であるBARDAとジョンソン・エンド・ジョンソンは、共同で10億ドルを超える投資を行い、ワクチンの研究、開発、臨床試験に共同出資した。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、検証済みのワクチンプラットフォームを使用し、これらに重点的に取り組むために、必要に応じて人員やインフラなどのリソースを世界中に割り当てている。また、これとは別に、BARDAとジョンソン・エンド・ジョンソンは、新型コロナウイルスに対する有望な抗ウイルス治療薬を同定するため、進行中の取り組みを拡大できるよう追加の資金を提供した。


[新型コロナウイルス(COVID‐19)関連]アンジェス、大阪大学と共同で新型コロナウイルスに対する予防用DNAワクチンの開発に着手、タカラバイオがワクチンの製造に協力

2020.03.05 19:15 更新

 アンジェスは3月5日、HGF(ヒト肝細胞増殖因子)治療用製品においてDNAプラスミド製品を上市した実績をもとに、大阪大学と共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発を行うことを決定したと発表した。今回の開発は、同社の創業者で、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 教授の森下竜一先生からの提案によるもの。製造に関しては、プラスミドDNA(環状DNA)の製造技術の実績と製造設備を有するタカラバイオが協力する。同日に行われた記者発表会では、大阪大学の森下先生が、新型コロナウイルスの予防用DNAワクチンの開発概要について説明した。

 「DNAワクチンは、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できるという特徴を持っている。当社では、大阪大学と協力し、DNAワクチンのコンセプトや製造プロセスを確立してきた」と、アンジェスの山田英社長が挨拶。「今回、新型コロナウイルスへの対策が喫緊の課題となっていることを受け、DNAプラスミド製品の開発実績を生かし、新型コロナウイルスの予防用DNAワクチンを共同開発することを決定した。また、ワクチンの製造については、タカラバイオの協力を得ることができた。今後、当社と大阪大学、タカラバイオのオールジャパン体制で早期実用化を目指していく」と、新型コロナウイルスに対するDNAワクチンの開発に着手する経緯を述べた。


ノーベルファーマ、亜鉛不足による味覚異常や食欲不振からおこる負の連鎖について解説
2017.10.10 10:26 更新
ダスキン、秋に増えるダニアレルゲンなどを含むハウスダストによるアレルギー症状を抑えるための有効な掃除方法について紹介
2017.07.28 20:43 更新
旭化成ファーマ、指が伸ばせなくなる手疾患「デュピュイトラン拘縮」に関するメディアフォーラムを開催、患者への負担が少ない注射療法の実際について説明
2017.07.28 20:20 更新
日本イーライリリー、関節リュウマチの実態とアンメットニーズについてセミナーを開催、患者視点の新しい治療アプローチ「オルミエント錠」の紹介も
2017.07.21 19:33 更新
文京学院大学、高齢者の水虫に関するプレスセミナーを開催、施設入所・在宅に関わらず高齢者の白癬菌保菌率は高い傾向、水虫予防はこまめな足ケアが重要に
2017.07.18 11:50 更新
バイオベラティブ・ジャパン、血友病治療の進歩と今後の課題と題したセミナーを開催、凝固因子製剤による定期補充療法など治療の進歩を紹介
2017.06.28 21:27 更新
レミントン、「ビサ入り足うらシート」の夜間頻尿緩和および睡眠の質向上に対する効果の可能性を発表
2017.06.23 10:31 更新
5月末から6月に心身不調になる"六月病"が増加中、アロエに秘められたポジティブパワーが六月病予防に役立つことが検証実験で明らかに
2017.06.20 15:48 更新
ヤンセンファーマ、クローン病治療薬「ステラーラ点滴静注130mg」を発売、クローン病患者に対する周囲の理解の重要性も説く
2017.05.30 20:29 更新
たばこによる健康被害のない社会の実現に向けて、「タバコフリーサミット」が東京で開催
2017.05.18 17:57 更新
Mediplat、「first call」でいつでもどこでも医師に相談できるオンライン健康相談サービスを開始
2017.05.02 17:05 更新
日本イーライリリー、大人のADHD(注意欠如・多動症)に理解を、「見方を変えると見えるもの」をテーマにしたアート展示で呼びかけ
2017.04.07 21:43 更新
日本新薬、アルコール依存症に関するプレスセミナーを開催、久里浜医療センター院長の樋口進先生が日本初の減酒外来の取り組みを紹介
2017.04.06 15:25 更新
森永製菓、ハイカカオチョコレートに関する最新の研究報告会を開催、ビフィズス菌とハイカカオチョコレートの組み合わせに有用性を確認
2017.03.30 21:10 更新
日本イーライリリー、発達障害啓発週間に向けてAD/HDへの理解を深めるメディアセミナーを開催、AD/HDとして自分らしく生きるためのヒントを紹介
2017.03.07 19:45 更新
ドコモ・ヘルスケア、"恋愛すると女性ホルモンが出る"など間違った情報を正すためのセミナーを開催
2017.02.27 19:00 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、骨密度と骨質に応じたテーラーメイドの薬物治療で骨折リスクを低減
2017.02.17 18:32 更新
塩野義製薬と日本イーライリリー、「サインバルタ」の適応追加承認取得を受け「変形性関節症に伴う痛みの治療」に関するセミナーを開催
2017.01.31 18:56 更新
ウイルスやアレルゲンを水に分解する新技術「ハイドロ銀チタン」の可能性とは? DR.C医薬 代表の岡崎成実先生に聞く
2016.12.26 19:58 更新
塩野義製薬、疼痛治療における乱用防止製剤の意義と重要性についてセミナーを開催、「オキシコドン塩酸塩水和物 乱用防止徐放剤」の製造販売承認申請も
2016.12.16 20:59 更新

このページの先頭へ