医療最前線

医師と団塊シニアの会、汗による皮膚トラブルをテーマにした勉強会を開催、皮膚科医の武藤美香先生が「あせも」と「汗かぶれ」の違いや対処法について解説

2018.05.24 16:30 更新

 特定非営利活動法人医師と団塊シニアの会は、「知っているようで知らない、汗による皮ふトラブル ~あせもだけじゃない!?汗かぶれって何?~」と題したメディア勉強会を、5月18日に開催した。今回の勉強会では、東京・多摩ガーデンクリニック院長で皮膚科医の武藤美香先生を招き、汗による皮膚トラブルをテーマに、「あせも」と「汗かぶれ」の症状の違いや、その対処法・予防法などについて紹介した。

 これから迎える梅雨や本格的な夏に向け、「あせも」や「汗かぶれ」など、汗による皮膚トラブルに悩む人が増えてくる。しかし、それらのトラブルがどのように発症するのか、実際にどんな症状が出るのか、正しく理解をしている人は少ないのが実状だ。まず、「あせも」について、武藤先生は、「『あせも』は、汗が皮膚の中にたまることで起こる症状で、皮膚科学用語では『汗疹(かんしん)』という。具体的には、急激な発汗や角層の配列の乱れ、汚れや皮脂などが誘因となり、汗腺の出口がふさがれる。すると、表皮内に汗がたまってしみ出し、炎症を起こす」と説明。「症状としては、汗腺の位置に点々と赤いプツプツやかゆみが起こるのが特徴となる」と、汗腺に点々と症状が出るのが「あせも」の特徴であると教えてくれた。


"有害化学物質の経皮吸収"がもたらす婦人病リスクとは? 産婦人科医の池川明先生がシャンプーなど日用品からの経皮吸収に警鐘

2018.05.14 16:28 更新

 昨今、経皮吸収によって有害化学物質が体に与える害を回避することを謳ったオーガニック製品が、デリケートゾーン用の洗浄剤やシャンプーなど少しずつ増えてきている。毎日使う日用品に含まれる有害化学物質は、とくに女性の体への悪影響が大きいといわれており、婦人病のリスクを高めることから、注意が必要とされている。そこで今回、「女性を悩ませる経皮毒」(日東書院)の著者であり、経皮吸収の婦人科系疾患・胎児への影響や胎内記憶の研究の第一人者としても知られる、産婦人科医・池川クリニック(横浜)院長の池川明先生に、経皮吸収がもたらす婦人病リスクについて話を聞いた。

 「近年、以前にはほとんど見られなかった子宮内膜症患者が急増し、また、月経不順や不妊症の増加、婦人科系ガンの発症率なども軒並み上昇している。その原因の一つとして、有害化学物質の経皮吸収による影響を、婦人科医として大変危惧していた。出産や手術の際に子宮からシャンプーの匂いがしたり、実際にシャンプーを変えることで不調が軽くなった患者をこれまでたくさんみてきた」と、以前から経皮吸収が及ぼす女性への影響を不安視していたという池川先生。「経皮吸収については、1900年代の終わり頃、石油系の化学合成物質が洗剤などの日用品にも多く使用されるようになり、それが皮膚のバリア機能を通過して健康被害を起こす可能性が高いことを懸念した薬学博士たちが『経皮毒』という言葉を使って、世に警鐘を鳴らしたことがあった。しかし当時は、皮膚は外界からの異物の浸透を防ぐバリア機能を担っているため、皮膚から物質が吸収されることはほとんどないといわれ、その説を疑問視する声が高かった」と、当初は経皮吸収に否定的な意見も多かったと説明する。


Healthy Children,Healthy lives、たんぱく質摂取の重要性とグリークヨーグルトの最新情報を解説、グリークヨーグルトの摂取でやせすぎ体型への歯止めや朝食の欠食防止などへの期待も

2018.04.16 20:28 更新

 NPO法人 Healthy Children,Healthy livesは、「たんぱく質摂取の重要性と、グリークヨーグルトの最新動向およびニューヨークレポート」と題したセミナーを、4月16日に開催した。セミナーでは、Healthy Children,Healthy livesの代表理事で、小児科医師・MPH(公衆衛生専門職)、赤坂ファミリークリニック院長、東京大学医学部付属病院小児科、東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学・健康医療政策学教室非常勤講師の伊藤明子先生が、たんぱく質不足による健康への影響やたんぱく質摂取の方法などについて紹介した。

 「日本人のたんぱく質の摂取は、1950年代と同水準の65g~70g程度と15年前に比べて大きく減少している」と、伊藤先生は、たんぱく質の摂取が戦後の食不足の状態の水準にまで下落していると警告する。「たんぱく質を摂取することで、寿命が延びることがわかっている。たんぱく質は、ヒトが健康でいるための三大栄養素の一つでもあるだけに、しっかり摂取してもらいたい」と、たんぱく質の摂取は、私たちが健康でいられるための重要な栄養素なのだと指摘する。「たんぱく質を構成するのは20種類のアミノ酸で、体内でつくることができない必須アミノ酸と、体内でつくることが可能な非必須アミノ酸をバランスよく体内に取り込むことが重要になる」と、たんぱく質を構成するアミノ酸をバランスよく摂取することが重要なのだと説く。「たんぱく質が不足することによって、筋骨格の脆弱化や筋力低下を招くだけでなく、皮膚・髪の劣化や認知思考力の低下、情緒・精神の不安定化、易感染・免疫力の低下などが懸念される」と、あらゆる不調疾患のリスクが高まるのだと警鐘を鳴らしていた。


国民の健康寿命の延伸が課題となる中、様々なメディアや施設開設を通じて予防医療の啓発・ネットワーク構築が盛んに
2016.07.15 17:46 更新
子宮頸がんは早期発見のための検診が重要に、若者が多く集まる場所での啓蒙やマラソン大会を開催、検診時の恥ずかしさを軽減するアイテムも
2016.07.13 21:30 更新
就労に大きな影響を与える「大人のADHD」とは? 昭和大学医学部 精神医学教室 教授の岩波明先生に聞く
2016.07.05 10:00 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2016を開催、ハローキティやゆるキャラがセミナーやダンスを通じて熱中症予防をアピール
2016.06.20 21:11 更新
新刊「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのはやめなさい」の出版記念イベントを開催、著者の新井圭輔先生が糖質制限による治療効果を解説
2016.06.14 11:11 更新
J&Jビジョンケア、紫外線を多く浴びているほど老眼を自覚するタイミングが早まる傾向に
2016.06.10 20:55 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「禁煙週間」を前に街頭キャンペーンを実施、石田純一さんと東尾理子さん夫妻が肺年齢を測定
2016.05.31 10:23 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「世界禁煙デー」に合わせてメディアセミナーを開催、受動喫煙防止対策の重要性について啓蒙
2016.05.30 21:35 更新
日本口内フローラ研究会、「口内フローラから考える子どもの虫歯予防フォーラム」を開催、虫歯を予防する新成分「BLIS-M18」について解説
2016.05.16 22:30 更新
2016年「熱中症ゼロヘ」プロジェクトが本格始動、熱中症ゼロ大使の蝶野正洋さんと福原遥さんが熱中症予防の重要性を訴求
2016.05.13 17:20 更新
ボストン・サイエンティフィック、完全皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム「EMBLEM」を発売、低侵襲の不整脈治療を実現
2016.04.28 20:24 更新
フランスベッド、転倒事故を未然に防ぐ前にも後ろにも転ばない新機能車いす「転ばなイス」を発売
2016.04.26 19:34 更新
塩野義製薬と日本イーライリリー、慢性腰痛症に伴う疼痛に関する痛みのメカニズムと治療薬の適正使用を紹介、新たな治療薬の選択肢「サインバルタ」とは
2016.04.26 19:10 更新
サノフィ、風邪と見分けがつかない危険な感染症「髄膜炎菌感染症」の予防と診療について紹介、進行が速く24時間以内で重症化し死に至る場合も
2016.04.26 18:41 更新
オムロン ヘルスケア、手首による一拍ごとの血圧測定技術を開発、AMEDの未来医療事業プロジェクトとして自治医科大学・九州大学と共同研究をスタート
2016.04.21 21:22 更新
GEヘルスケア・ジャパン、小児に優しい画像診断のあり方や小児のMRI検査の症例および騒音の少ないMRI技術の有用性について解説
2016.03.30 20:55 更新
アステラス製薬、糖尿病治療薬スーグラに関する高齢者患者を対象とした大規模調査の中間報告を発表、SGLT2阻害薬の安全性と有効性について解説
2016.03.07 22:33 更新
バイエル薬品、婦人科疾患・ヘルスケアに関する認知実態調査を受けてセミナーを開催、月経困難症と診断された人の婦人科受診率は5割程度
2016.03.07 21:14 更新
サノフィ、ポリオ感染症に対する未だに残る日本のワクチンギャップの解消と不活化ポリオワクチンの2回目の追加接種の意義について解説
2016.03.07 20:35 更新
アステラス・アムジェン・バイオファーマ、PCSK9阻害薬「レパーサ」が承認取得、脂質異常症治療の現状や家族性高コレステロール血症について解説
2016.02.17 20:41 更新

このページの先頭へ