医療最前線

文京学院大学、"肩こり"と"首こり"のメカニズムを筋肉の動きから解明、首こりは伸展系と回旋系に分けたセルフケアが有効

2019.03.20 18:16 更新

 文京学院大学は3月19日、「肩こりにもつながる“首こり”を筋肉の動きから解明」をテーマにしたセミナーを開催した。同セミナーでは、頭頸部・体幹・上肢に対する理学療法を専門分野とする文京学院大学 保健医療技術学部 理学療法学科 助教の上田泰久先生が登壇し、ゲームやスマホ、デスクワークなどによる姿勢の悪さを要因とする、現代人や子どもならではの“肩こり”や“首こり”が起こる原因となる筋肉の動きについて紹介した。

 「肩こりの有訴者は男女共に高く、とくに頸部(首)から肩甲骨内側(肩)にかけて自覚する人が多い」と、肩こりの発生部位について説明する上田先生。「首や肩の後ろ側がこる原因として、スマホやデスクワークによる姿勢が影響していると思われる」と、スマホやデスクワークといった現代人に欠かすことのできない生活習慣が、首や肩のこりの原因になっているのだと指摘する。「スマホを使用する際、首を前傾させていくのだが、この角度がきつくなるほど、頭頸部への負担が大きくなる」と、頭部の重心から荷重点や支点、力点がずれてしまうことで、頭頸部に大きな負荷がかかってしまうのだという。「また猫背の姿勢は、後頸部の筋を過剰に収縮させている」と、デスクワークの姿勢は猫背になりがちなため、肩や首の筋肉を収縮させてしまうのだと述べていた。


「知って、肝炎プロジェクト」特別参与の杉良太郎さんが日本医師会の横倉義武会長を表敬訪問、医師から来院者へ肝炎ウイルス検査の受検の働きかけを

2019.03.05 18:05 更新

 厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」は、同プロジェクトの特別参与を務める俳優の杉良太郎さんが、3月4日に日本医師会の横倉義武会長を表敬訪問し、現在の肝炎対策について懇談を行った。懇談では、肝炎ウイルス検査の受検率の向上に向けて、医師から来院者に肝炎ウイルス検査の受検を働きかけてもらうよう訴えた。

 「知って、肝炎プロジェクト」は、2012年から、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性をわかりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として活動している。とくに、同プロジェクトの特別参与を務める杉良太郎さんが、芸能界・スポーツ界から大使・スペシャルサポーターを任命し、肝炎対策の普及啓発を推進してきた。今回、この啓発活動の一環として、杉さんが日本医師会の横倉義武会長を表敬訪問した。


米国KCI社とAcelity社、腹部開放創用ドレッシングキット「ABTHERAドレッシングキット」を日本で販売開始、デメトリオス・デメトリアデス先生に製品の特長や治療メリットを聞く

2019.02.25 19:18 更新

 米国KCI社とAcelity社は、2月1日から、日本において腹部開放創用ドレッシングキット「ABTHERAドレッシングキット」の販売を開始したことを発表した。「ABTHERAドレッシングキット」は、一時的な閉腹システムで、一次閉鎖が不可能な場合や、腹腔内へ繰り返しの介入が必要とされる場合に、患部を一時的に閉鎖し、次の開腹術を安全な状態で行うことが可能になるという。今回、同製品の特長やメリット、日本での期待について、米国南カリフォルニア大学(USC)ケック医学校教授(外科手術)および同校の外傷・外科集中治療の責任者であるデメトリオス・デメトリアデス先生に聞いた。

 「『ABTHERAドレッシングキット』は、腹部を一時的に閉鎖する際に、優れた陰圧が適用できる治療システムとなっている。主に、外傷による腹部出血や腹部コンパートメント症候群、重篤な腹膜炎など、複雑な腹部病変の患部に用いられる」と、デメトリアデス先生が「ABTHERAドレッシングキット」の概要について説明。「従来まで、一時的な閉腹を行う際は、手術室にある器具を使ってホームメイドで行うのが一般的だった。これに対して『ABTHERAドレッシングキット』は、一時的閉腹のために開発された専用の治療システムであり、内部における張力を高めることで、筋膜の陥没や術部の破損を防ぐことができる。また、分泌物を除去して浮腫の発生を抑制する他、腹部の内臓を外部から保護することが可能だ。さらに、腹部の内臓を保護しながら、腹壁および内臓を分離。患部を縫合せずに、再挿入が素早く行えるようになる」と、安全かつ迅速に一時的な閉腹を実現する様々な機能を備えていると教えてくれた。


塩野義製薬、疼痛治療における乱用防止製剤の意義と重要性についてセミナーを開催、「オキシコドン塩酸塩水和物 乱用防止徐放剤」の製造販売承認申請も
2016.12.16 20:59 更新
教えて!「かくれ脱水」委員会、ママを対象としたインフルエンザ・ノロウイルス対処法セミナーを開催、感染症の原因となるウイルスがどのように拡散していくかを実演
2016.12.05 18:10 更新
ヤンセンファーマ、HIV感染症治療薬「プレジコビックス配合錠」の製造販売承認を取得
2016.11.24 18:14 更新
ファイザー、「フレイル」の予防に向けた介護予防の現状や課題をテーマにセミナーを開催
2016.11.11 20:14 更新
日本心臓財団とエドワーズライフサイエンス、和歌山県の食材を使った"心臓にやさしい"「ハートレシピ」を発表
2016.11.07 20:24 更新
GEヘルスケア、「第15回ヘルシーマジネーション・カレッジ」を開催、東京慈恵会医大の大木隆生先生が血管外科治療の最前線と外科医療再生の取り組みについて講演
2016.10.28 12:17 更新
ギャバ・ストレス研究センター、GABA配合の機能性表示食品に関するマスコミセミナーを開催、中国と米国の市場トレンドも紹介
2016.10.21 11:17 更新
年1回投与の骨粗しょう症治療薬「ゾレドロン酸水和物」がもたらすメリットとは? 沖本クリニック院長の沖本信和先生に聞く
2016.10.21 11:12 更新
旭化成ファーマ、年1回投与のビスホスホネート製剤「リクラスト点滴静注液 5mg」が製造販売承認を取得、骨粗しょう症治療に新たな選択肢
2016.10.19 17:47 更新
ヤンセン、 「アジアパシフィック・メンタルヘルス統合指標報告書」を発表、各国地域におけるメンタルヘルスの取り組みを比較・評価
2016.10.18 21:35 更新
総合メディカルグループ、健康サポート薬局の取り組みの一環で「認知症」対応を強化
2016.10.12 19:20 更新
武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新
女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新

このページの先頭へ