医療最前線

マインドファースト時代に注目されるアロエのポジティブパワー、アロエ入りヨーグルトを食べることで心の充足度が高まりストレス解消に役立つことが明らかに

2018.06.18 17:55 更新

 近年、有料指定席を通勤に使ったり、朝活を通じて趣味教養の世界を広げるなど、自分ならではの心地よさを追求する消費・生活行動、いわゆる「マインドファースト(心の充足を優先すること)」が注目されている。一方で、天候不順でジメジメした日が続く梅雨の季節は、いつも以上にストレスや心身の疲れを感じる人が増えるもの。そこで今回、マインドファーストな生活を送る中で、心身の疲れやストレス解消に役立つ食材としてアロエに注目。脳科学的機能に焦点をあて、アロエが持つ「心理的な満足を高めるチカラ」について紹介する。

 世界のあらゆる国で、古来から薬としても珍重されてきたアロエ。古代エジプトの医学書エーベルス・パピルスには、すでにアロエがミイラの防腐剤として用いられていたことが記されている他、アロエの活用方法とその効能について記録が残されているとのこと。さらに絶世の美女として知られるクレオパトラは、アロエを美肌のために活用したという逸話もあるのだとか。日本には、海流にのってマダガスカルから漂流した植物の種が漂着して太平洋側の岸壁等に原生したのが始まりではないかと考えられており、伊豆石廊崎神社の中に収められた木版には、“640年代に疫病が流行った際に、役行者がアロエを食べることを勧め死者が少なかった”と解釈できる記録が残されているという。


ヤンセンファーマ、日常生活に多大な支障をきたす乾癬の負のサイクルを紹介、生物学的製剤という治療選択や新たな薬剤の登場について解説

2018.05.28 20:48 更新

 ヤンセンファーマは、乾癬患者の実態や最新の治療に関するセミナーを5月24日に開催した。セミナーでは、名古屋市立大学大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科学 教授の森田明理先生が生物学的製剤を用いた乾癬治療などについて講演を行った他、乾癬患者で一般社団法人INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会の添川雅之氏が登壇し、乾癬患者が抱える負のサイクルについて理解を求めた。

 「当社は、日本でビジネスを始めてから今年40周年を迎える。その節目の年に、乾癬治療の新たな選択肢として期待される生物学的製剤『トレムフィア』を上市した。乾癬は、その発症原因や根治が難しい点など、十分な治療を得ることができていない患者が多い疾患でもある」と、ヤンセンファーマ 免疫・感染症事業本部の関口修平本部長が挨拶。「乾癬を発症した場合、身体的な見た目による多大なストレスに加え、乾癬(かんせん)という病名から感染症であると勘違いされるなど、負のサイクルに陥ってしまう患者も少なくない。それだけに、革新的な薬剤の提供のみならず、医薬品を超えた価値を患者に届けていくことが使命であると認識している」と、患者をあらゆる面でサポートしていくことが大切なのだと力説する。「当社では、乾癬についてもっと多くの人々に理解してもらうことを目的にセミナーを開催することで、患者の負のサイクルの軽減に少しでも貢献できればと考えている」と、今回開催したセミナーを通じて、乾癬という疾患の現状や患者の実態などをしっかりと伝えていきたいと意気込んだ。


医師と団塊シニアの会、汗による皮膚トラブルをテーマにした勉強会を開催、皮膚科医の武藤美香先生が「あせも」と「汗かぶれ」の違いや対処法について解説

2018.05.24 16:30 更新

 特定非営利活動法人医師と団塊シニアの会は、「知っているようで知らない、汗による皮ふトラブル ~あせもだけじゃない!?汗かぶれって何?~」と題したメディア勉強会を、5月18日に開催した。今回の勉強会では、東京・多摩ガーデンクリニック院長で皮膚科医の武藤美香先生を招き、汗による皮膚トラブルをテーマに、「あせも」と「汗かぶれ」の症状の違いや、その対処法・予防法などについて紹介した。

 これから迎える梅雨や本格的な夏に向け、「あせも」や「汗かぶれ」など、汗による皮膚トラブルに悩む人が増えてくる。しかし、それらのトラブルがどのように発症するのか、実際にどんな症状が出るのか、正しく理解をしている人は少ないのが実状だ。まず、「あせも」について、武藤先生は、「『あせも』は、汗が皮膚の中にたまることで起こる症状で、皮膚科学用語では『汗疹(かんしん)』という。具体的には、急激な発汗や角層の配列の乱れ、汚れや皮脂などが誘因となり、汗腺の出口がふさがれる。すると、表皮内に汗がたまってしみ出し、炎症を起こす」と説明。「症状としては、汗腺の位置に点々と赤いプツプツやかゆみが起こるのが特徴となる」と、汗腺に点々と症状が出るのが「あせも」の特徴であると教えてくれた。


ファイザー、「フレイル」の予防に向けた介護予防の現状や課題をテーマにセミナーを開催
2016.11.11 20:14 更新
日本心臓財団とエドワーズライフサイエンス、和歌山県の食材を使った"心臓にやさしい"「ハートレシピ」を発表
2016.11.07 20:24 更新
GEヘルスケア、「第15回ヘルシーマジネーション・カレッジ」を開催、東京慈恵会医大の大木隆生先生が血管外科治療の最前線と外科医療再生の取り組みについて講演
2016.10.28 12:17 更新
ギャバ・ストレス研究センター、GABA配合の機能性表示食品に関するマスコミセミナーを開催、中国と米国の市場トレンドも紹介
2016.10.21 11:17 更新
年1回投与の骨粗しょう症治療薬「ゾレドロン酸水和物」がもたらすメリットとは? 沖本クリニック院長の沖本信和先生に聞く
2016.10.21 11:12 更新
旭化成ファーマ、年1回投与のビスホスホネート製剤「リクラスト点滴静注液 5mg」が製造販売承認を取得、骨粗しょう症治療に新たな選択肢
2016.10.19 17:47 更新
ヤンセン、 「アジアパシフィック・メンタルヘルス統合指標報告書」を発表、各国地域におけるメンタルヘルスの取り組みを比較・評価
2016.10.18 21:35 更新
総合メディカルグループ、健康サポート薬局の取り組みの一環で「認知症」対応を強化
2016.10.12 19:20 更新
武田薬品工業とテバ社、合弁会社の武田テバファーマが本格始動、オフ・パテント・ドラッグ市場でトップベンダー目指す
2016.10.11 16:23 更新
日本歯科矯正専門医学会、早期矯正治療を行わないことを強く推奨する歯科矯正初のガイドラインがMindsで掲載
2016.09.23 20:14 更新
旭化成ファーマ、骨粗しょう症診療に関するメディアフォーラムを開催、治療継続による二次骨折の予防が重要に
2016.08.30 13:59 更新
女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新

このページの先頭へ