医療最前線

ダスキン、秋に増えるダニアレルゲンなどを含むハウスダストによるアレルギー症状を抑えるための有効な掃除方法について紹介

2017.07.28 20:43 更新

 ダスキンは7月25日、アレルギー疾患と掃除に関するセミナー「『アレルギーを持つ子どもの現状と家庭でできるアレルギー改善方法』~秋から増えるダニアレルゲンなどを含むハウスダストから子どもを守る~」を開催した。セミナーでは、気管支喘息などの呼吸器研究の第一人者である日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野 主任教授の橋本修先生が、アレルギー疾患のメカニズムやアレルギー疾患の多くの原因がダニアレルゲンなどを含むハウスダストであること、アレルギー症状を抑えるためには治療のほか住環境の改善が重要である点などを紹介した。

 「アレルギーとは、特定の抗原(アレルゲン:食物、ダニ、花粉など)に対して免疫機能が過剰に反応し、IgE抗体を産生し様々な症状が出ることをいう。アレルギー反応を起こす抗原をアレルゲンと呼び、アレルギー反応は遺伝的素因と環境因子の相互作用によって起こる。疾患としては、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、アレルギー性結膜炎、食物アレルギーとされる」と、アレルギーについて解説する橋本先生。「平成17年の調査では、わが国の全人口の約3人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患していた。しかし、平成23年の調査では約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患していると報告されている」と、アレルギー疾患患者は急速に増加していると指摘する。「アレルギー疾患によって医療機関を受診する患者数も増加傾向にある」と、医療機関で治療している患者も増えているという。


旭化成ファーマ、指が伸ばせなくなる手疾患「デュピュイトラン拘縮」に関するメディアフォーラムを開催、患者への負担が少ない注射療法の実際について説明

2017.07.28 20:20 更新

 旭化成ファーマは、指が伸ばせず日常生活に支障をきたす手疾患「デュピュイトラン拘縮」への理解を深めてもらうべく、7月27日にメディアフォーラムを開催した。今回のフォーラムでは、「デュピュイトラン拘縮」治療の第一人者で手外科専門医として数多くの手の病気を治療している名古屋大学大学院医学系研究科 手の外科学 教授の平田仁先生を招き、「デュピュイトラン拘縮」の病態や注射療法の実際について語ってもらった。

 「『デュピュイトラン拘縮』は、手のひらから指にかけてしこりができ、病気の進行にともなって、徐々に指が伸ばしにくくなる手の病気。原因ははっきりしておらず、手のひら内部にある腱膜と呼ばれる繊維組織が肥厚することで、手指の関節が曲がったまま伸ばせなくなる。痛みはないが、物をつかむなど手を使う作業が難しくなり、日常生活に支障が出てくる。北欧系の白人に多いことからバイキング病とも呼ばれている」と、平田先生は、「デュピュイトラン拘縮」とはどのような疾患なのかを解説。「日本の有病率は、男性では10人に1人、女性では100人に4人とされており、年齢が上がるほど増える傾向にある。とくに高齢者の場合は、手がうまく使えなくなると転倒のリスクが高まり、致命傷につながる危険性もある」と、中高年以降の男性を中心に発症する病気であり、高齢の患者には注意が必要であると訴えた。


日本イーライリリー、関節リュウマチの実態とアンメットニーズについてセミナーを開催、患者視点の新しい治療アプローチ「オルミエント錠」の紹介も

2017.07.21 19:33 更新

 日本イーライリリーは、7月3日に「既存治療で効果不十分な関節リュウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」を適応症として製造販売承認を取得した、選択的JAK1/JAK2阻害剤「オルミエント錠 4mg、同2mg」(一般名:バリシチニブ、以下「オルミエント」)について、「“関節リュウマチの実態とアンメットニーズ 日本における関節リュウマチ治療の第一人者が紐解く、患者視点の新しい治療アプローチ ~新たな治療薬の選択肢“オルミエント”~」と題したセミナーを7月14日に開催した。同セミナーでは、日本における関節リュウマチ治療の第一人者であり、オルミエントの第III相臨床試験を担当した産業医科大学医学部第1内科教授の田中良哉先生が登壇し、周囲に理解されにくい関節リュウマチの実態とアンメットニーズや、疾患活動性および関節破壊の抑制のみならず、痛みや倦怠感、朝のこわばりといった関節リュウマチ患者の主観的症状の改善も視野に入れた新しい治療アプローチについて講演を行った。

 「関節リュウマチとは、手や足の関節に炎症がおこり、軟骨や骨が壊れてしまい、放っておくと関節が変形(関節破壊)してしまう病気。主な症状として、関節の痛みや腫れ、こわばり、だるい、疲れやすいなどがある」と、田中先生が関節リュウマチという病気について解説。「関節破壊抑制には、早期からの治療開始が重要となる」と、短期間で関節破壊が重症化していくだけに、早めの治療が大切なのだと説く。「患者数は、70~100万人とされ、30~40歳代に好発する。男女比としては1:4.5と女性の割合が高い」と、働き盛りの女性に多く発症する病気なのだと教えてくれた。「関節炎がひどい場合は、普通の生活や仕事ができず、関節の破壊は発症の早期に進行し、元に戻らない。破壊・変形が進行すると日常生活が不便で、関節外の全身の症状も伴う。寿命にも直結しかねない」と、関節リュウマチの恐ろしさを説明。「だからこそ、適正な治療が必要となる」と、早期に適切な治療を行うことで、重症化しないように食い止める必要があるのだと語っていた。


予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新
フェリング・ファーマと協和発酵キリン、夜尿症診療ガイドラインの改訂を受けセミナーを開催、適切な治療で完治できることを啓発
2016.07.20 22:38 更新
40歳以上のむし歯本数はWHOの目標を上回る、口の中の環境を考えた健康食品や歯のケアアイテムの活用を
2016.07.19 17:42 更新
国民の健康寿命の延伸が課題となる中、様々なメディアや施設開設を通じて予防医療の啓発・ネットワーク構築が盛んに
2016.07.15 17:46 更新
子宮頸がんは早期発見のための検診が重要に、若者が多く集まる場所での啓蒙やマラソン大会を開催、検診時の恥ずかしさを軽減するアイテムも
2016.07.13 21:30 更新
就労に大きな影響を与える「大人のADHD」とは? 昭和大学医学部 精神医学教室 教授の岩波明先生に聞く
2016.07.05 10:00 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2016を開催、ハローキティやゆるキャラがセミナーやダンスを通じて熱中症予防をアピール
2016.06.20 21:11 更新
新刊「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのはやめなさい」の出版記念イベントを開催、著者の新井圭輔先生が糖質制限による治療効果を解説
2016.06.14 11:11 更新
J&Jビジョンケア、紫外線を多く浴びているほど老眼を自覚するタイミングが早まる傾向に
2016.06.10 20:55 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「禁煙週間」を前に街頭キャンペーンを実施、石田純一さんと東尾理子さん夫妻が肺年齢を測定
2016.05.31 10:23 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「世界禁煙デー」に合わせてメディアセミナーを開催、受動喫煙防止対策の重要性について啓蒙
2016.05.30 21:35 更新
日本口内フローラ研究会、「口内フローラから考える子どもの虫歯予防フォーラム」を開催、虫歯を予防する新成分「BLIS-M18」について解説
2016.05.16 22:30 更新
2016年「熱中症ゼロヘ」プロジェクトが本格始動、熱中症ゼロ大使の蝶野正洋さんと福原遥さんが熱中症予防の重要性を訴求
2016.05.13 17:20 更新
ボストン・サイエンティフィック、完全皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム「EMBLEM」を発売、低侵襲の不整脈治療を実現
2016.04.28 20:24 更新
フランスベッド、転倒事故を未然に防ぐ前にも後ろにも転ばない新機能車いす「転ばなイス」を発売
2016.04.26 19:34 更新
塩野義製薬と日本イーライリリー、慢性腰痛症に伴う疼痛に関する痛みのメカニズムと治療薬の適正使用を紹介、新たな治療薬の選択肢「サインバルタ」とは
2016.04.26 19:10 更新
サノフィ、風邪と見分けがつかない危険な感染症「髄膜炎菌感染症」の予防と診療について紹介、進行が速く24時間以内で重症化し死に至る場合も
2016.04.26 18:41 更新
オムロン ヘルスケア、手首による一拍ごとの血圧測定技術を開発、AMEDの未来医療事業プロジェクトとして自治医科大学・九州大学と共同研究をスタート
2016.04.21 21:22 更新
GEヘルスケア・ジャパン、小児に優しい画像診断のあり方や小児のMRI検査の症例および騒音の少ないMRI技術の有用性について解説
2016.03.30 20:55 更新
アステラス製薬、糖尿病治療薬スーグラに関する高齢者患者を対象とした大規模調査の中間報告を発表、SGLT2阻害薬の安全性と有効性について解説
2016.03.07 22:33 更新

このページの先頭へ