医療最前線

最強クラスの寒波到来で冷え込む日本列島、「温度落差」による急激な体の冷えに要注意、フリースなどを活用して常に暖かい服装を

2018.01.11 16:54 更新

 日本列島に過去最強クラスの寒波が到来し、全国的に厳しい寒さが続いている。冬本番を迎え、寒さが本格化する中で、日常生活で気をつけたいのが「気温落差」による急激な体の冷えだ。暖房が効いたオフィスや家からの外出時、運動の後など、環境温や発汗への衣服対応が難しく、体を冷やしてしまう場面が冬の日常には多いという。そこで今回、ユニクロでは、「温度落差」に関する実証実験を行い、急激に体を冷やすとどのようなリスクがあるのか、そのリスクから体を守るためにはどのような服装が最適なのかを、各専門家に聞いた。

 冷えの専門家として活躍している国際医療福祉大学大学院 リハビリテーション学分野 教授で医学博士の前田眞治先生は、「日常的に寒暖差を多く経験する冬場は危険な季節。環境温の変化による『温度落差』で血管が収縮し血圧が急激に上昇することで、さまざまな疾患を引き起こすリスクがある」と指摘する。ユニクロでは、この指摘を踏まえ、前田先生監修の「落差指数」をもとに、冬の日常に潜む血圧が急激に上昇する危ないシチュエーションについて実証実験を行ったという。


冬の浴室でのヒートショック症状に要注意、お風呂の前後に飲むミネラル入り麦茶がヒートショックの予防策に

2017.12.14 17:06 更新

 12月も半ばになり、季節はいよいよ冬本番。ウェザーニュースによると、12月は寒波の襲来で、全国的に平年よりも気温が低く、北日本や日本海側では大雪となる恐れと予測している。寒くなると注意したいのが、温度差によって起こる肉体的ショック症状「ヒートショック」。ヒートショックにより心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳梗塞が起きて突然死してしまうケースは後を絶たないのが実状だ。とくに、ヒートショックを起こしやすいタイミングとしてあげられるのはお風呂に入るときの、脱衣所で冷えた身体で熱いお風呂に入る瞬間といわれている。そこで今回、お風呂の専門医である東京都市大学人間科学部教授の早坂信哉先生に、ヒートショックを起こさない健康的なお風呂の入り方をアドバイスしてもらった。

 消費者庁の調べによると、近年、家庭の浴槽での溺死者数は増加傾向で、平成27年に4804人となり、平成16年の2870人と比較すると11年間で約1.7倍となっている。また、入浴時の事故死は12月~2月が全体の5割を占めており、その原因の多くがヒートショックといわれている。では、健康に良い一方で、事故につながる危険な側面を持ち合わせるお風呂において、安全な入浴タイムを過ごすにはどのようにしたらよいのだろうか。


佐藤製薬、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを開催、外用局所麻酔薬の使用で小児患者の注射の痛みを予防

2017.12.08 15:07 更新

 佐藤製薬は、12月13日に発売を予定している外用局所麻酔薬リドカイン・プロピトカイン配合貼付剤(製品名:エムラパッチ)の紹介を兼ね、小児医療における注射針穿刺の疼痛緩和に関するメディアセミナーを12月5日に開催した。セミナーでは、この領域を長年研究している日本大学麻酔科教授の加藤実先生が基調講演を行った他、国立成育医療研究センター 小児がんセンターの富澤大輔先生と聖路加国際病院小児総合医療センター小児看護専門看護師の平田美佳先生を招き、加藤先生を加えた3名によるトークセッションが行われた。

 「当社は、外用局所麻酔剤として『エムラクリーム』を先行販売しており、透析の患者を中心に順調に利用が広がっている。患者や医療従事者からは、『エムラクリーム』のおかげで透析が楽になったという声が寄せられている」と、佐藤製薬の佐藤誠一社長が挨拶。「今回発売する『エムラパッチ』は、『エムラクリーム』の効果はそのままに、貼るだけで処方できる簡便な局所麻酔剤となっている。とくに、小児医療において注射針穿刺時の痛みや恐怖感の緩和に貢献できると考えている。また、一型糖尿病や血友病の患者が『エムラパッチ』によって毎日の注射の痛みを軽減し、生活の質向上につながることを願っている」と、「エムラパッチ」を発売する意義を述べた。


女性のがん死亡率トップの大腸がん、早期発見・早期治療であれば95%以上治癒するといわれるが、大腸がん検診は37.9%にとどまる
2016.08.29 21:55 更新
女性の3人に1人が悩む目尻のしわ、手頃な価格で治療できるようになったことでボトックス注射へのハードルが低下
2016.08.10 22:53 更新
医薬品医療機器法の規制対象となったカラーコンタクトレンズ、使用者も増加し手軽な製品や度入りレンズも登場
2016.08.10 20:41 更新
第一興商、長野県松本市の「退職後男性の生きがいづくり」事業として「スポーツボイス大学院」を実施、高齢者男性の介護予防・健康増進を支援
2016.08.10 10:46 更新
日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新
フェリング・ファーマと協和発酵キリン、夜尿症診療ガイドラインの改訂を受けセミナーを開催、適切な治療で完治できることを啓発
2016.07.20 22:38 更新
40歳以上のむし歯本数はWHOの目標を上回る、口の中の環境を考えた健康食品や歯のケアアイテムの活用を
2016.07.19 17:42 更新
国民の健康寿命の延伸が課題となる中、様々なメディアや施設開設を通じて予防医療の啓発・ネットワーク構築が盛んに
2016.07.15 17:46 更新
子宮頸がんは早期発見のための検診が重要に、若者が多く集まる場所での啓蒙やマラソン大会を開催、検診時の恥ずかしさを軽減するアイテムも
2016.07.13 21:30 更新
就労に大きな影響を与える「大人のADHD」とは? 昭和大学医学部 精神医学教室 教授の岩波明先生に聞く
2016.07.05 10:00 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2016を開催、ハローキティやゆるキャラがセミナーやダンスを通じて熱中症予防をアピール
2016.06.20 21:11 更新
新刊「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのはやめなさい」の出版記念イベントを開催、著者の新井圭輔先生が糖質制限による治療効果を解説
2016.06.14 11:11 更新
J&Jビジョンケア、紫外線を多く浴びているほど老眼を自覚するタイミングが早まる傾向に
2016.06.10 20:55 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「禁煙週間」を前に街頭キャンペーンを実施、石田純一さんと東尾理子さん夫妻が肺年齢を測定
2016.05.31 10:23 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「世界禁煙デー」に合わせてメディアセミナーを開催、受動喫煙防止対策の重要性について啓蒙
2016.05.30 21:35 更新
日本口内フローラ研究会、「口内フローラから考える子どもの虫歯予防フォーラム」を開催、虫歯を予防する新成分「BLIS-M18」について解説
2016.05.16 22:30 更新

このページの先頭へ