医療最前線

日本ケンタッキー、「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」を発売

2017.10.31 10:29 更新

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、日本KFC)は、健康を気遣う人に向けたヘルシーメニュー「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」(ブランパン1個38gあたり、糖質4.5g/食物繊維6.7gを配合。数量限定のため、なくなり次第終了)を、ケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)83店舗(10月30日時点の数字(9月末 KFC総店舗数:1153店))限定で、11月1日から発売する。

 「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」は、9種の野菜(グリーンピース、オニオン、ブロッコリー、カリフラワー、大根葉、セロリ、枝豆、ジャガイモ、ホウレン草)をそのままペーストし、国産鶏がらスープをベースに、飲みやすく仕立てた温かいスムージー。凝縮された素材のおいしさと栄養を手軽に摂れ、冷えが気になる人の”温活”にもぴったりだとか。同時に、「あったか野菜スムージー 国産鶏がらスープと9種の野菜」に良質なたんぱく質が摂れる「オリジナルチキン」1ピースと「ブランパン」1個が付いた「バランスセット」も発売する。「ブランパン」は、小麦ブランや大豆粉を使用した、糖質を抑え、食物繊維を含んだ(ブランパン1個38gあたり、糖質4.5g/食物繊維6.7gを配合)ヘルシーパンとなっている。


日本乾癬患者連合会など、「世界乾癬デー」(10月29日)に向けたメディアイベントを開催、乾癬を告白した道端アンジェリカさんが患者への理解を訴える

2017.10.27 13:00 更新

 日本乾癬患者連合会、日本乾癬学会と製薬企業7社(協和発酵キリン、田辺三菱製薬、鳥居薬品、日本イーライリリー、ノバルティスファーマ、マルホ、ヤンセンファーマ)は、「世界乾癬デー」(10月29日)に向けたメディアイベントを10月25日に開催した。イベントでは、日本乾癬学会理事で東京慈恵会医科大学 皮膚科学講座 主任教授の中川秀己先生と、日本乾癬患者連合会の柴崎弘之会長、そして乾癬患者であることを公表したモデルの道端アンジェリカさんを招き、「乾癬患者の困り事と私たちがすべき事」をテーマにトークセッションを行い、乾癬患者へのさらなる理解を訴えた。

 「世界乾癬デー」は、乾癬や関節症性乾癬の患者のために毎年10月29日に開催される世界的なイベント。乾癬患者にひとりではないことを知ってもらい、この過酷な病気とその辛さに対する意識向上を図ること。医療制度、政府、医師、介護者、およびすべての乾癬治療担当者を通じて、患者が最適な治療へのアクセスを得られるようにすること。乾癬患者だけでなく、一般の人々にも情報を提供することにより、もっとオープン、そして乾癬の理解を高め、患者が自信をもって乾癬について話しやすい環境を整えること。そのために、世界中の患者が団結して、主要な政府政策立案者に意見を伝えるための機会を提供してくことを目的としている。


ファイザー、禁煙外来に関するプレスセミナーを開催、喫煙による健康被害のリスクや完全禁煙の重要性、動機づけ面接を用いた禁煙治療について紹介

2017.10.13 18:00 更新

 ファイザーは、「禁煙外来における最新の話題~スモークフリーについて今一度考える~」と題したプレスセミナーを10月11日に開催した。今回のセミナーでは、禁煙治療の経験が豊富な東京都医師会タバコ対策委員会委員長で中央内科クリニック 院長の村松弘康先生が、喫煙による健康被害のリスクや禁煙外来の果たす役割などを説明した他、野村総合研究所大手町健康管理室 産業医の村田千里先生が、動機づけ面接を用いた禁煙治療のアプローチについて紹介した。

 「タバコ問題には様々な誤解が存在している。喫煙や受動喫煙には、それほど害はないという誤解や、分煙にすれば大丈夫という誤解。また、タバコは嗜好品であり、本人の“好き・嫌い”で吸っているという誤解などだ」と、タバコに対して間違った認識を持っている人が多いのだと指摘する中央内科クリニック 院長の村松弘康先生。「とくに、喫煙や受動喫煙は、健康に大きな被害を及ぼすということが過小評価されている。タバコには、約4000種類の化学物質と約200種類の有害物質、70種類以上の発がん物質が含まれていることが報告されている。そして、タバコを吸うことは、悪性新生物・心疾患・肺炎・脳血管疾患の4大死因を増やすと共に、脳卒中や認知症、老衰、転倒・骨折など寝たきりになるリスクも増加させることがわかっている」と、喫煙は様々な疾病や病態と確実に関係していると説明した。


日本イーライリリー、当事者団体との共催で成人期ADHDの啓発活動「Know Yourself, Know ADHD」をスタート、特性の自己理解とサポートの重要性を訴求
2016.08.09 08:45 更新
日本イーライリリーと鳥居薬品、ヒト化抗体ヒト IL-17Aモノクローナル抗体「トルツ」の製造販売承認を取得、乾癬の最新動向について解説
2016.08.03 22:44 更新
サノフィ、糖尿病患者と医療従事者との間でインスリン治療に対する認識にギャップがあることを発表
2016.08.03 21:16 更新
「知って、肝炎プロジェクトミーティング2016」を開催、各界から大使・スペシャルサポーターが集結、小室哲哉さん制作のテーマソングも初披露
2016.07.29 22:12 更新
予備軍を含めると5人に1人が糖尿病に、日本糖尿病学会が「糖尿病診療ガイドライン2016」で新見解を発表
2016.07.21 20:48 更新
フェリング・ファーマと協和発酵キリン、夜尿症診療ガイドラインの改訂を受けセミナーを開催、適切な治療で完治できることを啓発
2016.07.20 22:38 更新
40歳以上のむし歯本数はWHOの目標を上回る、口の中の環境を考えた健康食品や歯のケアアイテムの活用を
2016.07.19 17:42 更新
国民の健康寿命の延伸が課題となる中、様々なメディアや施設開設を通じて予防医療の啓発・ネットワーク構築が盛んに
2016.07.15 17:46 更新
子宮頸がんは早期発見のための検診が重要に、若者が多く集まる場所での啓蒙やマラソン大会を開催、検診時の恥ずかしさを軽減するアイテムも
2016.07.13 21:30 更新
就労に大きな影響を与える「大人のADHD」とは? 昭和大学医学部 精神医学教室 教授の岩波明先生に聞く
2016.07.05 10:00 更新
日本気象協会、「熱中症ゼロへ」サマーフェスティバル2016を開催、ハローキティやゆるキャラがセミナーやダンスを通じて熱中症予防をアピール
2016.06.20 21:11 更新
新刊「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのはやめなさい」の出版記念イベントを開催、著者の新井圭輔先生が糖質制限による治療効果を解説
2016.06.14 11:11 更新
J&Jビジョンケア、紫外線を多く浴びているほど老眼を自覚するタイミングが早まる傾向に
2016.06.10 20:55 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「禁煙週間」を前に街頭キャンペーンを実施、石田純一さんと東尾理子さん夫妻が肺年齢を測定
2016.05.31 10:23 更新
たばこと健康問題NGO協議会とファイザー、「世界禁煙デー」に合わせてメディアセミナーを開催、受動喫煙防止対策の重要性について啓蒙
2016.05.30 21:35 更新
日本口内フローラ研究会、「口内フローラから考える子どもの虫歯予防フォーラム」を開催、虫歯を予防する新成分「BLIS-M18」について解説
2016.05.16 22:30 更新
2016年「熱中症ゼロヘ」プロジェクトが本格始動、熱中症ゼロ大使の蝶野正洋さんと福原遥さんが熱中症予防の重要性を訴求
2016.05.13 17:20 更新
ボストン・サイエンティフィック、完全皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム「EMBLEM」を発売、低侵襲の不整脈治療を実現
2016.04.28 20:24 更新
フランスベッド、転倒事故を未然に防ぐ前にも後ろにも転ばない新機能車いす「転ばなイス」を発売
2016.04.26 19:34 更新
塩野義製薬と日本イーライリリー、慢性腰痛症に伴う疼痛に関する痛みのメカニズムと治療薬の適正使用を紹介、新たな治療薬の選択肢「サインバルタ」とは
2016.04.26 19:10 更新

このページの先頭へ